Buisiness+Relationship

ビジリレ

インフルエンザで仕事の休みを取る際の安静期間と気をつけたいこと

   

インフルエンザで仕事の休みを取る際の安静期間と気をつけたいこと

寒くなってくると大流行するインフルエンザ。

インフルエンザの主な症状としては高熱が挙げられるでしょう。そして、熱が下がれば大丈夫だと思ってしまうものではないでしょうか。

しかし、ウイルス感染のおそれがあるため、熱が下がってもしばらくは外出せず休む必要があります。

では、実際にどのくらい休めばいいのでしょうか。

ここでは、インフルエンザで仕事の休みを取る際の安静期間や気をつけたいことを紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

ただより怖いものはない!LINE運営会社の儲けの謎!

皆さんも利用されておられると思いますが、無料の通信アプリ「L...

コンビニの面接で気をつけたい服装や応対のポイント!

現在の生活に不可欠になったコンビニ。その身近なコンビニでバイ...

病院のクラークの「仕事内容」と「給料水準」と「やりがい」

最近、病院で看護師さんではない、制服を着ているが事務員さんで...

大学受験につきものの不安を解消する方法と考え方


大学受験において受験生のほとんどが不安を感じるも...

アラフォー世代が人付き合いに感じる苦手意識を解消する方法


アラフォー世代になると管理職に就く人も多くなるで...

中学の部活で土日も休みがない問題の原因とその対策


今や大卒で入社後1年以内に辞める率がワースト1位...

休日の過ごし方次第でお金は節約できる!


せっかくの休日、有意義に過ごしたいものです。買い...

受験時の面接を乗り切る会話術!上手な「短所」の伝え方



1発勝負の受験の面接。
<...

遠距離恋愛から結婚が決まった時に考える退職のこと

遠距離恋愛とは、遠く離れた地域にいながらもお互いがお互いのこ...

友達の可愛い彼女が羨ましい…理由・好きになった時の対処法


友達に可愛い彼女を紹介されて羨ましいと感じたこと...

遠距離の彼女との結婚事情!プロポーズのタイミングと注意点



彼女との遠距離恋愛が長くなると、訪れ...

派遣社員として登録する際に行われる試験と試験以外の注意点


派遣社員として登録する際には試験が行われます。<...

会社に対して給料の未払い分を請求する方法とその際の注意点


この不景気により、給料が支払えないという会社もな...

20代のカップルが結婚費用として貯金するのに必要な額とコツ


結婚式にはかなりの費用がかかるものです。

子供二人を育てるのに必要な費用とその捻出方法


日本は少子高齢化が進んでいます。

ネットを利用した友達の作り方と注意したいこと


一昔前と違ってスマートフォンが普及した現在では、...

年始における職場での挨拶のマナーについて、知っておきたいこと


職場の内外にとらわれず。人との関わり合いについて...

毎月貯金したい夫婦にオススメしたいお金を貯めるコツ


結婚生活において、様々なイベントが発生するもので...

うつ病での休職に必要な診断書の書き方において症状の伝え方が重要


最近、うつ病になる人が増加しています。仕事量の増...

看護学生の実習内容とは?実情と本音や抱える悩み


看護学生の実習内容ってどんなものかと聞かれたら、...

スポンサーリンク


インフルエンザでの仕事の休みは最低何日か?

インフルエンザに感染したらどのくらい休んだらいいものなのでしょうか。
特に仕事をしている人にとっては、早く仕事復帰したいものなので気になるところですね。

インフルエンザに感染するとウイルスが完全に排出されるまでに5日間はかかると言われています。

熱が下がったからといってインフルエンザウイルスが完全に排出されているわけではないのです。

熱が下がったのは、体の中に免疫ができて症状がでなくなっているだけで、ウイルス自体はまだ体の中に潜伏しています。この状態で他の人に接触すると感染する可能性が高いでしょう。

会社を休むと仕事が滞り周りにも迷惑をかけてしまうので早く復帰したいと思うものですが、他の社員にも感染させてしまうとさらに迷惑です。

自分にも周囲の人のためにも、最低でも感染後5日間は人と接触しないようにし休むようにしましょう。

インフルエンザになったら仕事の休みが必要である理由

インフルエンザに感染した場合、会社を休む必要があります。それはインフルエンザが他の人に感染する可能性があるからです。

インフルエンザウイルスの潜伏期間は一般的に発症後3〜7日間と言われており、この間はウイルスを排出しています。

したがって、この間に他の人に接触すると、うつしてしまう可能性があるのです。そうならないためにも、発症後7日間は仕事を休む必要があるでしょう。

熱が下がって仕事もできる状態になったので、発症後7日たってないがマスクなどをしておけば大丈夫だろうと勝手な判断で仕事に行ってはいけません。

いくらマスクなどで覆っていたとしても感染する可能性は高いです。それはインフルエンザウイルスの感染力にあります。

インフルエンザウイルスの感染ルートは飛沫感染と接触感染の2通りあります。飛沫感染は感染者が咳やくしゃみをすることにより、飛来したウイルスが感染源となります。

接触感染のほうは、感染者が口や鼻を触った手がさらに他の場所を触ることによりウイルスが拡散していきます。

ウイルスは目に見えない小さなものです。自分では防いでいるつもりでも防ぎきれていないものです。

だから、インフルエンザに感染した場合は、発症後7日間は大人しく外に出ないようにしましょう。

インフルエンザでたとえ熱が下がってもすぐに登校・外出しない!

熱が下がったからといって発症後1〜2日くらいで学校や仕事に行かないようにしましょう。いくら大事な仕事があったとしてもです。

それは、まだインフルエンザウイルスが体内に潜伏している可能性があるからです。

その状態で学校へ登校したり出社したりすれば他の人への感染の可能性があります。

「熱が下がったからいい」「マスクをしているから大丈夫」ではなく、他の人にうつさないために休むという心がけも大切です。

また、幼児がいる保育園などは特に注意が必要でしょう。幼児はまだインフルエンザウイルスに感染したことがなくウイルスに対する免疫がついていません。

体力も低いため、たとえ自分の子供の熱が下がったからといって登園させると、集団感染につながってしまう恐れもあります。

こういった恐れもあることから、インフルエンザは風邪とはまったく違うものだという認識を持っておきたいものです。

インフルエンザによる仕事の休みは会社によって扱い方が違う

インフルエンザに感染し、仕事を休まざるを得ないことは、ある意味仕方ないことです。

ただ、その扱いは会社のルールに従うことになります。

ウイルスなどに感染して、会社を休む際の出勤停止期間や会社への報告方法については、基本的に会社で決められているものです。

有給が余っている場合には有給を使うことになります。

しかし、問題は有給が余っていない場合です。この場合は「欠勤」扱いとなる可能性があります。

「欠勤」扱いになると、その休んだ期間分の日額賃金が給与から差し引かれるだけではなく、ボーナスや昇給の査定に響くことがあります。

「病気休暇」の制度がある会社であれば、その扱いになる可能性もあります。

もしくは、会社によっては業務命令として休ませられ「特別休暇」として扱われることもあります。

いずれにせよ、どの制度も会社の規定で決められているため、インフルエンザで仕事を休むことになる前に一度、会社の就業規則を確認しておきましょう。

インフルエンザなのに出社する人に対する周囲の意見

インフルエンザに感染したら、しばらく学校や仕事に行くは控えたいものですが、それでも行ってしまう人がいるようです。

「インフルエンザに感染した時に会社に行ったことがあるか」という質問をしたアンケートによると、約9%の人が行ったことがあるという結果だったそうです。

100人に対し9人ですが、他の人に感染することを考えると侮れない数値でもあります。

一方、インフルエンザに感染して会社に来る人に対する周囲の思いについて聞かれたアンケートによると、「迷惑だ」という人が約70%、「心配だから休んで欲しい」という人が約60%となり、インフルエンザに感染した人が出社することを迷惑に感じている人が多い結果となったようです。

インフルエンザに感染したら仕事のことも気になるものですが、周囲の人にうつしてしまうばかりでなく、迷惑な気持ちにさせてしまうということもしっかり意識して、うつす可能性がなくなるまではしっかり休んだほうがいいですね。

関連記事はこちら

 - 仕事・ビジネス

ページ
上部へ