Buisiness+Relationship

ビジリレ

就活で聞かれる趣味は自分のアピールポイント!音楽でも大丈夫な理由

   

就活で聞かれる趣味は自分のアピールポイント!音楽でも大丈夫な理由

履歴書の項目にある趣味・特技欄。

何を書いていいのか悩む就活生も多いのではないでしょうか。

しかし、この欄、書かないのは非常にもったいないことです。

なぜなら、この欄の内容があなたのアピールポイントになるからです。

そこでここでは、趣味・特技欄にきちんと書いた方がよい理由、そして上手にアピールする書き方などを、音楽が趣味の場合を例にして紹介していきます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

結婚祝いのご祝儀の金額の相場とご祝儀袋の書き方


社会人になると結婚式に招待される機会も増えてくる...

居酒屋の店員にメアドを渡すのはアリ?関係を発展させるポイント


たまたま入った居酒屋で店員さんに一目ぼれしてしま...

バイトで年上が人気の理由とは?好きになった時の対処法と注意点


バイトは働く場というだけでなく、出会いの場でもあ...

大学の飲み会が苦手な人に!誘いの上手な断り方や乗り切り方


大学生はお酒を飲める年齢にもなるため、ゼミやサー...

アラフォー男性の婚活が失敗しやすい理由とうまく相手を見つける方法


結婚年齢が上がっている昨今、アラフォーでも独身と...

大学生の就職におすすめの資格とは?文系の学生編


大学生がある資格を持っていると、就職活動において...

高校入試の合格発表が不安……不安を和らげる方法


高校の入試が終わると、ひとまず安心する人と合格発...

休日に一人ランチを満喫するには?そのための店選びと雰囲気の高め方


日頃のしがらみから解放される休日。こんな休日には...

仕事のミスで自己嫌悪……原因と気持ちの切り替え方


仕事のミスで自己嫌悪に陥ってしまうことはあるもの...

コンビニの深夜バイトは楽?仕事内容とメリット・デメリット


コンビニの深夜バイトというと、接客が少ないので楽...

面接で好印象を持ってもらうには笑顔!その作り方とトレーニング法


学校の受験や就活で必ずと言っていいほど行われるの...

大学の授業の成績で必要とすべきテストの点数と単位の関係


晴れて大学生となると、卒業するには所定の数の単位...

友達との会話が苦手……苦手な原因と克服するための方法


友達と会話をするのは楽しいものです。

モラハラ被害者の特徴と症状…その対策とは



最近、いろいろなハラスメントが話題に...

国民年金の未納は大問題!どうしても払えない場合は免除制度を利用しよう

国民年金の保険料、全ての国民が支払って成り立っている制度です...

スーパーでのバイトで恋が始まるきっかけ・アプローチの方法


最近、若い人に人気のバイトと言えばアパレル関係や...

適応障害での休職から復帰まで〜そのポイントと再発防止に必要なこと〜


ストレスが多い現代社会において、精神疾患で休職を...

就活中に企業から電話がかかってきた際の印象の良い受け方


就活中に、企業から次回面接の連絡などで電話がかか...

女性の給料が低い原因とは?女性の貧困問題と改善するための対策


今、女性のなかには働いているにもかかわらず給料が...

彼氏との結婚で年収が不安……お金と結婚生活の関係


これまで付き合ってきた彼氏とそろそろ結婚したいと...

スポンサーリンク


就活時に趣味のことを聞かれる理由

就活で趣味や特技のことを聞かれる理由は、面接官や採用担当者が「あなた」という人物の具体的なイメージをつかみたいためです。

運動が趣味であれば活発なイメージを持てるでしょうし、旅行が趣味であれば行動派というイメージを持てるでしょう。

「あなた」という人物のイメージをつかむために少しでも関連する情報を入手することが必要なのです。

この趣味によって採用、不採用が決まることは一部の例外を除いてありませんので、できるだけ趣味欄は記入するようにしましょう。

この欄を空白にすると「あなた」という人物のイメージがつかみにくくなってしまいます。

また、無趣味と思われ、あまり良いイメージを持たれないかもしれません。

趣味だけで人物像を見るわけではありませんが、できるだけ自分のイメージをつかんでもらうためにも、趣味欄にもきちんと記入した方がいいでしょう。

趣味は音楽でも大丈夫!就活で自分をアピールする方法

就活で趣味のことを話すときは、できるだけ自分をアピールするようにしましょう。

あなたがどんなことを考え、なぜその趣味をやっているのかが面接官や採用担当者に伝われば、内容にこだわる必要はないでしょう。

それは、「読書」や「音楽鑑賞」のようなよくある趣味でもかまいません。
ここに自分ならではのアピールポイントを加えましょう。

「読書」であれば、どんなジャンルのどの作家の作品を好んで読むのか、どうしてその作家を好んでいるのかなど、自分の考えや気持ちを伝えるようにするのです。

そうすると、面接官や採用担当者にもあなたのイメージが伝わりやすくなるでしょう。

また、「音楽鑑賞」であれば、どのジャンルが好きなのか、どんなアーティストを好んで聴いているのか、それが好きな理由などを伝えればいいでしょう。

「趣味」や「特技」はあなたのことを面接官や採用担当者に印象づけるものです。
思わず聞いてみたくなるような印象的な内容でアピールしてみましょう。

趣味は音楽でもいい!就活の履歴書に何も書かないのはダメな理由

趣味はないという人でも、昔から続けてやっていることはあるものです。

サッカーなどスポーツをずっと観戦しているのであれば「スポーツ観戦」がそれにあたるでしょうし、音楽を聴くことが好きなのであれば「音楽鑑賞」がそれにあたるでしょう。

自分では趣味と思っていなくても、続けていることがあれば趣味・特技欄に記載しましょう。

何も書いていない、もしくは「無趣味」と記載することだけは避けるようにしましょう。

このようにすると印象が悪くなる可能性があります。

仕事をしていく上でも、ストレス発散のために趣味を持つことは重要です。

趣味を持っていない人は仕事以外でストレスを発散することができず、仕事に支障をきたすかもしれないと思われても仕方ありません。

また、人間的にもつまらない人物だという印象を与えるかもしれません。こうならないためにも、趣味や特技欄にはできるだけ記載しましょう。

趣味が音楽でも就活の履歴書には具体的に書いた方がよい!

履歴書の趣味・特技欄に記入する際は、できるだけ具体的に書くようにしましょう。

例えば「音楽鑑賞」が趣味なのであれば、ただ音楽鑑賞と書くのではなく、具体的に聴いている音楽のジャンルやアーティストなどを書くようにしましょう。

音楽鑑賞であれば、次のような内容が考えられるでしょう。

ジャンル:クラシック、J-Pop、洋楽ロック、ヒップホップなど
アーティスト:好きなグループ、歌手、演奏家、作曲家など

同じく趣味が読書や映画鑑賞の場合でも、同じようなことが書けるでしょう。

こうすることで、ただ音楽を聴くことが好きだということだけではなく、より具体的にあなたのイメージをつかみやすくなるでしょう。

履歴書の趣味・特技欄も自分をアピールする一種のプレゼンポイントです。

自分をできるだけアピールするためにも、趣味・特技欄は具体的に書くようにしましょう。

就活時に履歴書の趣味欄に書かない方がよい趣味とは?

趣味・特技欄は記入した方がいいですが、なんでも大丈夫というわけではありません。

趣味によっては、面接官や人事担当者に悪印象を与えてしまう場合もあります。

ここでは、履歴書にはあまり書かない方がいい趣味について紹介します。

ギャンブル系

競馬や競輪、パチンコ・パチプロなどのギャンブル系の趣味はあまり良い印象を持たれないと考えていいでしょう。

志望企業の仕事内容がギャンブル系であればいいですが、そうでなければ避けるようにしましょう。

面接官や採用担当者によっては、「金の扱いが悪そう」や「負債があるかもしれない」というイメージを持たれてしまうかもしれません。

犯罪を想起させるもの

実際に自分が実行しているわけではないものの、ハッキングや猟銃収集など犯罪をイメージさせるようなものは書かないようにしましょう。

サバイバルゲームも会社によっては印象が悪くなる可能性もありますので避けた方がいいでしょう。

思想・宗教系

思想や宗教は人それぞれなので自由ですが、趣味・特技欄には書かない方がいいでしょう。

内容によっては危険人物として扱われるかもしれませんし、考え方が隔たっていると思われるかもしれません。

ゲームやアニメ、漫画

志望会社の職種がエンタメ系であればいいですが、それ以外であれば書かない方がいいでしょう。

面接官や採用担当者によっては、子供じみていると思われあまり良い印象を持たれない可能性があります。

関連記事はこちら

 - 就活・面接

ページ
上部へ