Buisiness+Relationship

ビジリレ

バイトでのミスを連発させないために必要な乗り越え方やその後の行動

   

バイトでのミスを連発させないために必要な乗り越え方やその後の行動

バイトでミスをすると慌ててしまい、ミスを連発しまいがちです。

しかし、ミスには原因があり、その後の対応によりミスの連発を防ぐことができます。対応次第では、ミスを自分のスキルアップにつなげることもできるのです。

そこでここでは、バイトでのミスを連発させないために、ミスの乗り越え方やその後に必要な行動などについて紹介していきます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

身内に不幸があった人にかける言葉とメールとは

身内に不幸があった場合、周りから...

‌ビジネスメールで「自分」のことを表す最適な言葉と誤った認識

ビジネスにおいて、社内外の連絡はメールでのや...

不採用の連絡が来ない場合に電話してもよい?電話での対応方法

不採用通知は電話で来ることもあるのでしょうか? 通常、採用...

銀行に就職する際に事前にこの資格を取得しておくと有利!オススメ資格


銀行の業務にはお金の借入・運用などがあります。<...

他の人と仲良くする友達に嫉妬…独占欲をコントロールする方法


親しい相手に対する嫉妬や独占欲は、恋人だけでなく...

社会人が副業としてアルバイトをする場合の税金の納め方と注意点


社会人になっても本職の仕事からの給料では生活が苦...

バイトの面接で緊張してしまう原因と緊張に対する対処法


バイトの面接は誰しも緊張してしまうものですよね。...

面接後の合格の電話で会社からの印象をよくする受け答え方のポイント


就活時に行われる面接で合格となれば、ほとんどの場...

彼女がラインで男友達とやり取り…彼氏の本音と対処法


彼女が自分以外の男性とラインをしているのを嫌がる...

正社員で退職するのはもったいない!?退職前の注意点とその理由


正社員として働いている人のなかには、今の会社を退...

大学でぼっちの人は就職に不利?その理由と不利にしない対処法


大学でぼっちの人は、就職活動で不利になりやすいと...

バイトで初めて接客する人へ!不安を解消する上で知っておきたいこと


初めてバイトをする際に、コンビニやレストランなど...

ご近所トラブルに発展させないための騒音に対する苦情の伝え方


一戸建て、集合住宅に関わらず、ご近所のトラブルは...

彼女に友達がいない……友達がいない女性の注意点


女性のなかには友達がいないという人もいます。この...

仕事できない人とバイト先で思われる人の特徴と思われないための方法


バイトをしていると、仕事できない人と思われる人が...

彼女とのデートで何するのか悩んでしまわないためのデートプラン


彼女とのデートプランを立てるのはドキドキわくわく...

将来が不安……お金に対する考え方と将来を見据えた生活


経済は上向きになっていると言われる一方、自分の給...

大人数でバーベキューをする時のお肉の値段・量と選び方


野外で家族や友人たちとバーベキューをするのは楽し...

新学期につきもののクラス替えに対する不安を解消する方法


新学期が近づくと、新しい出会いや新しいことにワク...

友達の結婚式に呼ばれないのはなぜ?考えられる理由とは


仲がいい友達が結婚することになり、結婚式に必ず呼...

スポンサーリンク


原因を知ることでバイトでのミスの連発を防ごう!

バイトのミスは、事前に心構えや準備をしておくことである程度防げるものです。

その心構えや準備をするためには、ミスの原因を事前に知っておくといいでしょう。

ミスの原因としては次のようなことがあげられます。

  • メモを持たず、言われたことを記録しない
  • 学んだ仕事や言われたことを復習しない
  • 店長や他の社員がいないため気が緩んでいる
  • 体調管理ができていないために、だるかったり体調が悪かったりする
  • 寝不足で頭がぼーっとしている

このようにバイトのミスは気の緩みや集中力の低下により発生することが多いものです。体調や寝不足なども集中力に関わってきます。日々の健康管理も大事になってくるわけです。

バイトとはいえ立派な仕事です。「バイト」だからという気楽な気持ちだとミスにつながる可能性があります。気の緩みや集中力低下のないようにしましょう。

バイトでミスを連発して気持ちが落ち込んだときの乗り越え方

バイトでミスをすると気持ちも落ち込んでしまうものです。そのままの気持ちでいると、さらにミスを連発してしまうことも。

そうならないためには気持ちの切り替えが大切です。ここでは、気持ちが落ち込んだときの乗り越え方を紹介します。

開き直ること

ミスを連発して気持ちが落ち込むと自信も持てなくなってくるもの。

でも、こんなときこそ「こういう日もある!」と思って開き直りましょう。

ミスをしたことは仕方ありません。でも、それを翌日に引きずってしまっては、またミスをしてしまうかもしれないでしょう。

そうならないためにも、「今日は今日、明日は明日!」という気持ちで開き直ることが大事です。

集中する矛先を変えること

ミスを連発していると、どうしてもそのミスに集中しがちになるもの。これでは仕事に集中することができず、ますますミスを連発してしまうかもしれません。

そうならないためにも、ミスに意識を向けるのではなく、目の前の仕事に集中するようにしましょう。

笑顔でいること

ミスを連発して気持ちが落ち込むと笑顔もなくなってくるもの。そんなときこそ、笑顔でいることを心がけましょう。

笑顔になるだけでも、気持ちもだんだんと和んでくるものです。

頑張りすぎないこと

ミスをして上司やリーダーの人からお叱りを受けると「頑張らなければ」と張り切ってしまいがちです。

そのような気持ちを持つことは大切ですが、といってあまり頑張りすぎないようにしましょう。頑張りすぎると逆に体が硬くなってミスをしてしまいがちです。

頑張りすぎず、肩の力を抜いていくことも大事です。

バイトでミスを連発した後に必要なこと

バイトでミスをしてしまったら気持ちの切り替えも必要ですが、その後の行動も大事になってきます。同じミスをしないようにすることが大事です。

そのためには、ミスの原因を認識し、対策を立てることが重要です。ここでは、その対策について紹介します。

よくあるミスの原因となるのが、言われたことをメモしていないことです。

その対策としては、

  • メモを常に携帯し、メモを取る習慣をつける
  • メモをしたら、間違っていないか確認する

とよいでしょう。

また、何かの手順を覚えていないことでミスをしてしまうこともあるでしょう。
その対策としては、

  • その手順を復習して、しっかり覚えこむ
  • よくミスするところは、何度も復習したり、そのことをメモしておき目の前に貼ったりしておく

とよいでしょう。

ミスしたことから逃げたり、消極的になってはいけません。ミスを次に活かすことが大事です。

バイトでミスをしたときに気をつけておきたい行動

バイトでミスをしてしまったときにやってはいけないことがあります。ミスを連発しないためにも、次のような行動は避けるようにしましょう。

言い訳をする

ミスが多い人の多くは、ミスしたことを反省せず、言い訳ばかりする人ではないでしょうか。なんとかそのミスを正当化するために言い訳を考えるのです。

しかし、言い訳を考えたところでミスが減ることはないでしょう。それはミスを次に活かしていないからです。ミスを正当化して反省しないのであれば、同じようなミスを続けてやってしまうでしょう。

そうしないためには、言い訳などせず、ミスしたことを反省し、次に活かしていくことが大切です。

後先考えずに行動する

バイトをしていく上では、後先のことをしっかりと考えて行動した方がいいでしょう。

ある程度段取りを立てて行動することで、失敗やミスを少なくすることができます。

しかし、ミスが多い人には、このようなことをせず行動する人が多いのではないでしょうか。

その場その場で考えて行動するため、仕事のモレが発生しミスもしやすくなるのです。

そうしないためにも、行動する前にしっかりと段取りを立てて行動するようにしましょう。

バイトでのミスを連発させないためにやっておきたい工夫

バイトでのミスを連発させないためにもある工夫が必要です。その工夫とはメモすることです。

ミスをしないためにメモを習慣化することは大事ですが、ミスを連発させないためにもメモすることは大事になってきます。

ミスをすると雇い主やリーダークラスの人から注意や教えを受けるでしょう。

しかし、それをメモせず聞いたままだと、忘れてしまう可能性もあります。せっかく教えてもらったことを活かせないことになってしまうのです。

そうしないためにも、教わったことはきちんとメモするようにしましょう。教えてもらったことは、聞いたままメモするのではなく、自分の言葉に置き換えてメモするといいでしょう。

また、ミスしてしまった原因となったことをチェックリストにしておきましょう。

原因となったことは再びやってしまう可能性があることです。それをチェックリストにして携帯しておき、常に意識しておくことでミスを防ぐことができます。

その日やるべきことをチェックリストとして書き出しておくのもおすすめです。

こうしておくことでやり残しもなくすことができ、ミスも少なくなってくるでしょう。

関連記事はこちら

 - 仕事・ビジネス

ページ
上部へ