Buisiness+Relationship

ビジリレ

夫婦の生活費を折半にするメリット・デメリット

   

夫婦の生活費を折半にするメリット・デメリット

夫婦間でよく問題になるものとして、「生活費は折半した方が良いかどうか」「どちらか一方が不満を抱えないか」というものがあります。

ここでは、賛成派と反対派の意見、生活費を分担する際の見方などについてご説明していきます。ぜひ参考にしてみてください。

これを機会に夫婦で話し合う時間を持ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

遠距離の彼女との結婚事情!プロポーズのタイミングと注意点



彼女との遠距離恋愛が長くなると、訪れ...

派遣社員として登録する際に行われる試験と試験以外の注意点


派遣社員として登録する際には試験が行われます。<...

会社に対して給料の未払い分を請求する方法とその際の注意点


この不景気により、給料が支払えないという会社もな...

20代のカップルが結婚費用として貯金するのに必要な額とコツ


結婚式にはかなりの費用がかかるものです。

子供二人を育てるのに必要な費用とその捻出方法


日本は少子高齢化が進んでいます。

ネットを利用した友達の作り方と注意したいこと


一昔前と違ってスマートフォンが普及した現在では、...

年始における職場での挨拶のマナーについて、知っておきたいこと


職場の内外にとらわれず。人との関わり合いについて...

毎月貯金したい夫婦にオススメしたいお金を貯めるコツ


結婚生活において、様々なイベントが発生するもので...

うつ病での休職に必要な診断書の書き方において症状の伝え方が重要


最近、うつ病になる人が増加しています。仕事量の増...

看護学生の実習内容とは?実情と本音や抱える悩み


看護学生の実習内容ってどんなものかと聞かれたら、...

看護学生の実習は挨拶が超重要!挨拶の仕方や実習のマナー

看護学生の実習が始まると、挨拶の回数が格段に増えると思います...

子供がいると仕事はできない?正社員までの険しい道のり

女性が働きやすい環境を…と、様々な改革が行われていますが、実...

育児と仕事の両立は可能?辞めるか迷ったに考えたいアレコレ



育児のために仕事を辞める女性は非常に...

女性の憧れの職業!華やかな世界のイメージと裏側


女性なら誰でも一度は憧れる職業と言えばどんなもの...

保育士になりたいけれどピアノができない…苦手を克服する方法


子供が好きで保育士になりたいと思う人は多いでしょ...

女性の仕事探しのポイント!オススメの資格と職業


女性は、結婚や出産などで仕事を辞めざるを得ない場...

女性が仕事を一生続けることは可能?問題点と対処法


近年、女性の社会進出がめざましくなり、結婚し出産...

派遣の仕事を辞める時のマナー……契約期間内に退社したい!


派遣社員は契約期間が決まっています。そして、原則...

どうしても気になるアパレル店員の接客態度


楽しくショッピングをしようとお店に入ったものの、...

育休中の育児休業給付金の申請期限とは


育休期間中は給料が支払われないことがほとんどです...

スポンサーリンク


生活費を夫婦で折半することに賛成している人の声

ここでは、生活費を夫婦で折半することに賛成している人の声をいくつかご紹介していきます。

「共働きなら折半でよいと思う。問題も起こりにくいと思う。」(29歳/営業)

「収入や支出が同程度なら折半がよいと思います。うちは昔から折半にしています。」(33歳/デザイナー)

「うちは折半にしています。どちらも、「養っている」「養われている」という感覚が嫌なので。このままこれを続けていけると思います。(25歳/フリーター)

「お金の問題は非常にデリケートなので、トラブルを最小限にするために折半がよいと思います。うちはずっと昔から折半にしていますが、特に大きなトラブルは起きていません。」(30歳/接客)

「収入に差がなく、かつ家事の分担ができるのであれば、生活費は折半でよいと思います。」(26歳/エンジニア)

生活費を夫婦で折半することに反対している人の声

ここでは、生活を夫婦で折半することに反対している人の声をいくつかご紹介していきます。

「収入や家事の負担が全然違うので折半にはできない。折半にしたらトラブルが増えるような気がする。」(27歳/ドライバー)

「女性には出産と育児があるので、基本的に、男性と同額を稼ぐことは難しい。折半する方が不平等になると思う。」(36歳/営業)

「収入が違うので、それぞれに見合った額を負担する方がよいと思います。うちは結婚当初からそのようにしていますが、特に目立ったトラブルは起きていません。」(37歳/ライター)

「夫は家事をしない人なので折半にはできない。うまく分担できるのであれば考えるかもしれない。」(33歳/事務)

「私の知り合いに、生活費を折半している人は何人もいるが、うまくいっているという話をあまり聞かない。」(39/経営者)

夫婦で生活費を折半した場合、女性の方がが不満を抱えやすくなる?

生活費を折半にした場合に起こりうる問題の一つとして、一方が不満を抱えてしまうというものがあります。

どちらかというと女性の方が不満を抱えやすいようです。なぜでしょうか? 具体的に見ていきましょう。

夫が家事や育児に協力的でない場合

夫が家事や育児に協力的ではない場合、女性の方は不満が溜まってしまうようです。

「生活費を折半するなら育児や家事を手伝ってほしい」「それができないなら生活費の負担の割合を減らしてほしい」という声がよくあるようです。

収入の変化があった場合

女性の場合、結婚時にはある程度の収入があったとしても、出産や育児のために休暇をとったり、あるいパート勤務に変えたりすることがあり、それだけ収入が減りやすい傾向にあります。

一方で、男性の方は、出世と共に収入が増えていく傾向があります。「収入に差が出てきたので、こちらの負担を減らして欲しい」という声がよくあるようです。

自由に使えるお金に差がある場合

一般に、男性の方が収入が多い傾向があり、折半にすると、男性の方が自由に使えるお金が多くなります。

それを趣味や遊びに使っている場合、女性の方が不満を抱えてしまうことがあるようです。

夫婦間のトラブルを最小限にするためには「共有財布」がよい

夫婦間におけるお金のトラブルを最小限にするためには、「共有財布」でお金を管理していくとよいようです。

一つの財布に、それぞれ決められた金額を毎月入れていき、そこから夫婦の生活にかかる費用を出していくのです。

収入に差がない場合には同等の金額を入れ、差がある場合にはその割合に応じた金額を入れていく……このようにしている夫婦が多いようです。

共有財布でお金を管理することができれば、その他の収入に関しては自由な使い方ができるようになります。

また、共有するものができる分、夫婦で節約意識が芽生えます。家計が一元化されている分家計管理も楽になります。

ただ、買う買わないで意見が割れてしまうと、その都度話し合いが必要となってきます。

お互い尊重し合っている夫婦、ある程度価値観が似ている夫婦に適した方法だと言えるでしょう。

夫婦で生活費の分担について考える際に気を付けたいこと

割合は結婚前に決める

生活費の分担の割合については結婚前に決めた方がよいでしょう。

「お金にうるさい人と思われたらどうしよう」と考えることもあるかもしれませんが、結婚前だからこそしっかりと話し合う必要があります。

どちらか一方が不満を抱えたまま過ごしてしまうことは避けたいですね。

定期的に見直す

生活費の分担の割合については定期的に見直すようにしましょう。

大きな病気になった、親を介護することになった、退職することになったなど、人生では思わぬ出来事が発生することがあります。その都度見直すようにしましょう。

一緒に管理する

「お金については片方が管理する方が楽」「お金の計算が得意な方が管理した方がいい」という方もいるかもしれませんが、夫婦で一緒に管理した方が、意識が高まるし、将来設計も立てやすくなります。

関連記事はこちら

 - 経済

ページ
上部へ