Buisiness+Relationship

ビジリレ

親の過干渉に苦しんでいる場合の対処法について

   

親の過干渉に苦しんでいる場合の対処法について

近年、自立することできない大人が増えてきています。その原因を探っていくと、一つの原因として、親の過干渉があげられるようです。

過干渉する親は自分が過干渉であることに気付きません。子供の方が悩んでいても何の改善もないまま月日を重ねてしまう… こういったことが少なくありません。

ここでは、親の過干渉の原因や対策などについてご説明していきます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

正社員なのに給料が低い!嘆く前に確認すべきことと改善できること


正社員として働いていても、今の働き方に見合わない...

30代でニート生活を卒業!就職するために必要なこと


就労や職業訓練などを行っていない「ニート」。ニー...

血液型で友達との相性は診断できる?それぞれの相性と診断の信憑性


日本では血液型による占いや相性診断の本がよく売ら...

カメラを趣味にしたい人へ!何を撮るか迷ったときのアドバイス


近年、カメラを趣味とする人が増えてきています。特...

派遣社員の仕事の掛け持ちは問題ない?〜掛け持ちする上での注意点〜


派遣社員は勤務時間やワークライフバランスを調整し...

20代女性で生活が苦しい人が増加中!増えてきた背景と生活の実情


最近、生活が苦しい20代女性が増えてきているそう...

会話が苦手な人は広汎性発達障害の可能性も!その障害の特徴


他者との会話に苦手意識を持っている人はいるもので...

大学を中退した場合に、就職活動で考えられるダメージ


大学に無事合格したにもかかわらず、中退してしまう...

お年玉をもらう子供のためにおすすめしたい専用貯金


お正月といって思い出すのはお年玉ではないでしょう...

仕事での電話応対が怖いのはなぜ?原因と克服法を紹介!


仕事での電話応対を怖いと感じている人は意外と多い...

女性からも見ても魅力的!三十代の男が自分を磨く上でおすすめの趣味


男性も三十代となれば油が乗ってきて、仕事にプライ...

お酒の席でできるだけ酔わないためにやっておきたい方法


新年度での新入社員の歓迎会、年末年始の忘年会や新...

大学生生活を充実させるために!サークルの選び方や入る時期を紹介!


大学に入ったら学生生活を充実させたいもの。そのた...

文系の学部生の金融業界への就職の向き不向き


金融業界の企業は安定していますし、給料も高いので...

夫婦で家計を折半するメリットとデメリット


今では女性の社会進出に伴い共働き夫婦が増えて、家...

可愛い友達に嫉妬心…つらい気持ちと上手に付き合っていく方法

可愛い友達に嫉妬してしまう…なんて経験はありませんか? <...

就職面接当日にキャンセル!体調不良が理由の場合の連絡方法


就職の面接当日、体調不良になり、どうしても面接が...

国民健康保険への退職後の切り替え時に必要な手続きと注意点


会社を退職した場合、それまでの社会保険から脱退す...

同棲する上で大事な生活費!いくらかかるか事前に把握しておこう!


カップルにとって同棲は期待感あふれることでしょう...

車を購入する際に意識してほしい!年収に対する価格とローンの目安


車の購入を考えたときに、どうしても年収を意識して...

スポンサーリンク


対処法はあるのか?親の過干渉に苦しむ人の声

まず、過干渉に苦しむ人の声をいくつかご紹介していきます。

「母は私にいちいち干渉してくる人です。8月からアパートで1人暮らしをすることが決まっているのですが、家具や家電など、何から何まで母が選んでいる状態です。お金は私が出しているのに… 自分の好きなものを選びたいのですが、聞く耳を持ちません。おかしいですよね。もう私30ですよ。母はそれが普通だと思っているようです。」(30歳/接客)

「子供の頃から、やたら干渉してくる親が鬱陶しいと思っていました。いい加減やめて欲しいという気持ちと、親を邪険にすることはできないという気持ちがぶつかり合って苦しんでいました。もういい年なので、ハッキリと伝えようと思っています。」(27歳/技術)

「私は親に過干渉されるような環境で育ってきました。自分から友達を作れなかったり、何か困った時にすぐに人に頼ってしまったり… こんな自分は親の過干渉が原因なのかな… と思ってしまっています。」(28歳/営業)

そもそも親の過干渉とは?

過干渉とは、その名の通り、必要以上に干渉し過ぎることです。

では、過干渉な親とはどういったことでしょうか? 

子供の意志を尊重せずに何もかもを決めてしまったり、子供の都合や気持ちを考えずにあれこれ口出しをしてしまったりなど、子供を主体的な人間とは認めずに、自分の意のままにコントロールしてしまうこと。

これが過干渉な親の特徴です。(過干渉と過保護との違いについてはのちひどご説明します。)

こういった親の元で育つと、本当の自分を表現することができない、自分の頭で考えることができない、何かトラブルが起きた時に対処しようとしない、自立が遅れてしまう、といった問題が起きてくるようです。

近年では、過保護よりもこの過干渉の方が盛んになってきている、またそれにより生きにくさを抱える人が増えてきている、と言われています。

対処法も違う?親か過干渉と過保護とは別物

過干渉と過保護はどう違うのでしょうか?

例をあげると、本来、子供は自分で着替えることができるのに、着替えを手伝ってしまう… 「アイス買って」「おもちゃが欲しい」という要求にすぐに答えてしまう… こういったことを過保護と言います。

過保護は望んでいることを望み通りにし過ぎてしまうこと、過干渉は望んでないことつまり嫌がっていることをし過ぎてしまうこと、こういった違いがあると思います。

過保護の場合は、悪いことばかりではなく、「自分は親に愛されている」という気持ちになり、自己肯定感が高まりやすい傾向があるようです。一方、過干渉の場合は、「自分は愛されているのか? 操り人形ではないか?」という気持ちになり、自己肯定感が下がりやすい傾向があるようです。

ただ、どちらも、子供の将来にとっては考え物です。子供も一人の人間であることには変わりがありません。自主性を尊重したいですよね。

親が過干渉をしてしまう原因

過干渉になってしまう原因にはどのようなものがあるのでしょうか? 具体的に見ていきましょう。

将来見捨てられるのではないかという不安

親もいつかは歳を取ります。子供に頼らなければ生活できないような時がくるかもしれません。

今のうちにコントロールしておけば将来は助けてもらえるのではないか、このように考えて過干渉してしまう場合があるようです。

我儘な性格になるのを恐れているから

これは上記と似ています。何でも子供の好きにさせてしまうと我儘になっていくのではないか、このように考えて過干渉してしまう場合があるようです。

人とのつながりがないから

友達がいない、地域の人と交流していないんど、人とのつながりがない親ほど、心の隙間を埋めようとして、子供を干渉してしまう傾向があるようです。

また、夫婦の時間が少なくなることでも、そのようになってしまうことがあるようです。

自立するために!過干渉な親への対処法

自分の気持ちをハッキリと伝える

ほとんどの場合、親は過干渉をしていることに気づいていません。自分のやっていることは正しいと思い込み続けている傾向があります。

それまで、自分の本当の気持ちを伝えた事がない場合、ハッキリと伝えてみましょう。

もしうまくいかなくても、それまでとは違った関係性になるかもしれません。

親と離れて生活をする

実家で親と一緒に住んでいる場合、いくら自分で「自立している」と思っても、親の方は「まだ面倒を見ている」というように思っているかもしれません。

過干渉で苦しんでいる場合、思いきって実家から離れて生活をするのも一つの手です。

親の方も、子供が近くにいなければ、次第に子離れしていきます。

この時、住むところについては親に伝えない方がうまくいきやすいでしょう。合鍵も渡さない方がよいでしょう。

関連記事はこちら

 - 性格・心理

ページ
上部へ