Buisiness+Relationship

ビジリレ

結婚のための貯金に関して男性が女性に求めていること

   

結婚のための貯金に関して男性が女性に求めていること

結婚というと資金などを男性の貯金に頼りがちになりますが、最近はそうもいかないようです。女性も結婚前に貯金しておくことは重要になっています。

実際に、女性には結婚前までにある程度の貯金をしておいてほしいと考えている男性も多いようです。

そこでここでは、結婚前までの女性の貯金について、男性の考えている金額や考え方などを紹介していきます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

遠距離の彼女との結婚事情!プロポーズのタイミングと注意点



彼女との遠距離恋愛が長くなると、訪れ...

派遣社員として登録する際に行われる試験と試験以外の注意点


派遣社員として登録する際には試験が行われます。<...

会社に対して給料の未払い分を請求する方法とその際の注意点


この不景気により、給料が支払えないという会社もな...

20代のカップルが結婚費用として貯金するのに必要な額とコツ


結婚式にはかなりの費用がかかるものです。

子供二人を育てるのに必要な費用とその捻出方法


日本は少子高齢化が進んでいます。

ネットを利用した友達の作り方と注意したいこと


一昔前と違ってスマートフォンが普及した現在では、...

年始における職場での挨拶のマナーについて、知っておきたいこと


職場の内外にとらわれず。人との関わり合いについて...

毎月貯金したい夫婦にオススメしたいお金を貯めるコツ


結婚生活において、様々なイベントが発生するもので...

うつ病での休職に必要な診断書の書き方において症状の伝え方が重要


最近、うつ病になる人が増加しています。仕事量の増...

看護学生の実習内容とは?実情と本音や抱える悩み


看護学生の実習内容ってどんなものかと聞かれたら、...

看護学生の実習は挨拶が超重要!挨拶の仕方や実習のマナー

看護学生の実習が始まると、挨拶の回数が格段に増えると思います...

子供がいると仕事はできない?正社員までの険しい道のり

女性が働きやすい環境を…と、様々な改革が行われていますが、実...

育児と仕事の両立は可能?辞めるか迷ったに考えたいアレコレ



育児のために仕事を辞める女性は非常に...

女性の憧れの職業!華やかな世界のイメージと裏側


女性なら誰でも一度は憧れる職業と言えばどんなもの...

保育士になりたいけれどピアノができない…苦手を克服する方法


子供が好きで保育士になりたいと思う人は多いでしょ...

女性の仕事探しのポイント!オススメの資格と職業


女性は、結婚や出産などで仕事を辞めざるを得ない場...

女性が仕事を一生続けることは可能?問題点と対処法


近年、女性の社会進出がめざましくなり、結婚し出産...

派遣の仕事を辞める時のマナー……契約期間内に退社したい!


派遣社員は契約期間が決まっています。そして、原則...

どうしても気になるアパレル店員の接客態度


楽しくショッピングをしようとお店に入ったものの、...

育休中の育児休業給付金の申請期限とは


育休期間中は給料が支払われないことがほとんどです...

スポンサーリンク


結婚前に男性が女性に求める貯金額は?

男性側は女性に対して、結婚前にどれだけの貯金をしておいてほしいと思っているものなのでしょうか。

あるアンケートによると、貯金の目安として、200万円〜300万円未満と回答した男性が多かったという結果があります。

女性が働いていれば、このくらいは貯金しているだろうという一つのボーダーラインなのでしょう。逆にこれよりも少ないと浪費癖があるのかと結婚に不安を持ってしまう男性もいるようです。

また、100万円〜200万円未満と回答した男性も多かったようで、女性にはそれほど高い貯金額を求めないが入社して数年くらいであればこのくらいは貯金できるだろうという額を求めている男性が、特に若い人に多いようです。

結婚に関してはその資金を男性に求めがちですが、女性もこのくらいの金額を目安にして貯金すべきなのかもしれまぜん。

女性が結婚前までに貯めておきたいと考えている貯金額は?

逆に、女性は自分が結婚する前にどのくらいの貯金をしておくべきだと考えているのでしょうか。

あるアンケートによると次のような順位になりました。

第1位:500万円以上
第2位:200万円〜300万円未満
第3位:100万円〜200万円未満

第1位の500万円以上という回答をした女性の理由としては次のようなものがありました。

  • 結婚式の資金と新生活の準備資金を使っても余りそうな額だから
  • 将来、家を建てようと思っているので、独身のうちにできるだけ貯金しておきたいから
  • 将来、子供の出産、養育費として貯金しておきたいから

結婚に必要な結婚式の資金と、新生活のための準備資金に加え、その後のマイホームや将来生まれてくる子供のことを理由にあげている人が大半だったようです。

女性も男性の貯金額にかかわらず、結婚に必要な費用のことをしっかりと考えているのだということがうかがえます。

貯金できない女性とは結婚できないという男性も多い

男性は女性にそれほど高い貯金額を求めていないものの、まったく貯金がないのも問題だと考えている男性も多いようです。

それは、貯金がないということは、入ったお金をあればあるだけ使ってしまっているからと見られるからです。

恋人同士なら、財布や銀行口座が別なのであまり問題はないでしょうが、夫婦になるとお金の管理を奥さんに一任するという男性も多いのではないでしょうか。

そうなると、あればあるだけ使ってしまう女性だとまったく貯金がない状態になってしまうかもしれません。お金の管理をしてもらうからには、貯金や節約の意識を持ってもらいたいと思うものでしょう。

また、自分が稼いだお金を浪費してしまう人が、夫とはいえ他人の稼いだお金を大切にするはずがないと考える男性もいるようです。

このように、高い貯金額は求めてはいないものの、ある程度、貯金はできるようにしておいてほしいと考えている男性が多いものです。

これまであまり貯金できていなかった女性は、毎月2〜3万円でもいいのでコツコツと貯金を始めてみてはいかがでしょうか。

女性の貯金体質によっては、男性は結婚を考え直すこともある?

女性が結婚までにまったく貯金していなかった場合、実際に結婚したくないと思う男性はどのくらいいるものなのでしょうか。

500人の男性を対象にした「結婚相手に求める貯金額」を聞いたあるアンケートがあります。

そのアンケートでは、「結婚を意識している女性が貯金していなかった場合、結婚を考え直すか?」という質問をしています。

その結果によると、39%もの男性が「考え直すかもしれない」と回答したそうです。結婚を意識している女性がいくら素敵な人だとしても、約4割の男性は結婚を躊躇するという結果になったのです。

もちろん、そんなことは気にしないという男性も61%いるわけですが、そのなかでも「結婚後に貯金できない女性は困る」と回答している男性も少なくありませんでした。

このように、結婚を意識している女性に対して男性は少なくとも貯金をしてほしいと考えているようです。

今日から貯金を始める女性におすすめしたい効率的な貯め方

実際にはどのようにしたら効率的に貯金することができるのでしょうか。

これまでに貯金しようとしたけどなかなか貯まらなかった人は、お金が入っても買いたいものを買ってしまったあと残ったお金を貯金していたからではないでしょうか。

そうすると、残ったお金が少ないときはなかなか貯金できません。そうしないためには、お金が入ったら使う前に貯金してしまうのです。

具体的には次のような方法があります。

財形貯蓄

給与や賞与から天引きされるため、手間をかけずに貯金できます。

口座引き落としの定期預金

あらかじめ決められた額を毎月、預金口座から振替えます。預金なので金利がつきます。

これらは自動で引き落とされるため、自分が使う前に貯金できます。

貯金をする前には具体的な貯蓄計画を立てておくことも大事です。無理のない範囲で貯蓄目標を決めましょう。

関連記事はこちら

 - 経済

ページ
上部へ