Buisiness+Relationship

ビジリレ

就職活動の面接で合格するための話し方や態度のポイント

   

就職活動の面接で合格するための話し方や態度のポイント

就職活動の面接で緊張しない人は少ないでしょう。誰でも少なからず緊張はするものです。

しかし、たとえ緊張していたとしても、自分をしっかりアピールして、面接官に好印象をもってもらい採用につなげたいものです。

そこでここでは、就職活動の面接について、そして面接で合格するための話し方や態度のポイントについて紹介していきます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

正社員なのに給料が低い!嘆く前に確認すべきことと改善できること


正社員として働いていても、今の働き方に見合わない...

30代でニート生活を卒業!就職するために必要なこと


就労や職業訓練などを行っていない「ニート」。ニー...

血液型で友達との相性は診断できる?それぞれの相性と診断の信憑性


日本では血液型による占いや相性診断の本がよく売ら...

カメラを趣味にしたい人へ!何を撮るか迷ったときのアドバイス


近年、カメラを趣味とする人が増えてきています。特...

派遣社員の仕事の掛け持ちは問題ない?〜掛け持ちする上での注意点〜


派遣社員は勤務時間やワークライフバランスを調整し...

20代女性で生活が苦しい人が増加中!増えてきた背景と生活の実情


最近、生活が苦しい20代女性が増えてきているそう...

会話が苦手な人は広汎性発達障害の可能性も!その障害の特徴


他者との会話に苦手意識を持っている人はいるもので...

大学を中退した場合に、就職活動で考えられるダメージ


大学に無事合格したにもかかわらず、中退してしまう...

お年玉をもらう子供のためにおすすめしたい専用貯金


お正月といって思い出すのはお年玉ではないでしょう...

仕事での電話応対が怖いのはなぜ?原因と克服法を紹介!


仕事での電話応対を怖いと感じている人は意外と多い...

女性からも見ても魅力的!三十代の男が自分を磨く上でおすすめの趣味


男性も三十代となれば油が乗ってきて、仕事にプライ...

お酒の席でできるだけ酔わないためにやっておきたい方法


新年度での新入社員の歓迎会、年末年始の忘年会や新...

大学生生活を充実させるために!サークルの選び方や入る時期を紹介!


大学に入ったら学生生活を充実させたいもの。そのた...

文系の学部生の金融業界への就職の向き不向き


金融業界の企業は安定していますし、給料も高いので...

夫婦で家計を折半するメリットとデメリット


今では女性の社会進出に伴い共働き夫婦が増えて、家...

可愛い友達に嫉妬心…つらい気持ちと上手に付き合っていく方法

可愛い友達に嫉妬してしまう…なんて経験はありませんか? <...

就職面接当日にキャンセル!体調不良が理由の場合の連絡方法


就職の面接当日、体調不良になり、どうしても面接が...

国民健康保険への退職後の切り替え時に必要な手続きと注意点


会社を退職した場合、それまでの社会保険から脱退す...

同棲する上で大事な生活費!いくらかかるか事前に把握しておこう!


カップルにとって同棲は期待感あふれることでしょう...

車を購入する際に意識してほしい!年収に対する価格とローンの目安


車の購入を考えたときに、どうしても年収を意識して...

スポンサーリンク


就職活動の面接で合格する確率や最終面接のタイプについて

就職活動の面接での合格するためのポイントを紹介する前に、面接の合格率などについて紹介します。

まず就職活動の面接で合格する確率はどのくらいなのでしょうか。

あるサイトによると、一次面接の合格率は20%ほど、そして二次面接の合格率は35%ほどだそうです。一次面接のほうが人数は多いので数値が低くなるのは当然かもしれませんが、一次面接でかなりしぼられる印象ですね。

また、最終面接の合格率は50%ほどだそうです。合格するかしないかは半々だということになります。

ただ、いくら合格率が一次面接などに比べて高いからといって、内定気分で最終面接にのぞまないようにしましょう。

次に、最終面接はどのような形で行われることが多いのでしょうか。最終面接には大きく2つのタイプがあります。

1つは「最終選考としての面接」タイプ、もう1つが「社長あるいは役員による面接」タイプです。

いずれにしても、人事の最高責任者や社長、重役クラスの社員との面接になりますので、しっかりと準備をしてのぞむべきでしょう。

就職活動の最終面接で合格率を高める目線の向け方について

最終面接までいくと、面接官の人数も増えることが多いでしょう。その場には人事担当者だけではなく、社長や重役クラスの社員もいることがあります。

そんな複数の人がいる面接において誰に向けて話すのかはかなり重要なポイントです。

では、誰に向けて話すのがいいのでしょうか。

それは面接官の中で一番偉いと思われる人になるべく目を向けて話すことです。それはその人が決定権を持っていることが多いからです。その人に自分を印象つけることができれば合格率も上がってくるでしょう。

ただし、質問者の人に目を向けず偉いと思われる人にばかり目を向けるのはやめましょう。それはかえって印象を悪くしてしまうでしょう。質問者の人に目を向けつつも、偉いと思われる人にも目を向けていくのです。割合としては偉いと思われる人に対して7割ほど、それ以外の人に対して3割ほどがいいでしょう。

偉いと思われる人の判断は面接の雰囲気の中で少しずつわかってくるでしょう。もし面接が始まるときに面接官の紹介があるようであれば、しっかり聞いて判断しましょう。

就職活動の面接で合格するための話し方のポイント

面接での合格率を高めるためには、そのときの話し方も重要になってきます。それには、自分が話したいことの要点を伝えつつ、スマートに話すことが大事です。

そこでここでは、面接での合格率を高める話し方のポイントを紹介します。

要点を端的に話すこと

実際に仕事をする上でも必要なことですが、話をするときに要点をまとめて短い言葉で話すことが大切です。これは意外と難しく、コミュニケーション能力の高さを問われます。

自分が伝えたいことがたくさんあるからと、言いたいことをすべて伝えるつもりでダラダラと話していては、印象を悪くしてしまうでしょう。さらに要点がないと、伝えたいことも伝わらないでしょう。

基本的には100字を超えないくらいの長さがいいでしょう。事前に話したいことをある程度まとめておき、練習しておくようにしましょう。

傲慢さを出さない

面接において自分をアピールすることは大事なことですが、傲慢になって”自分なら必ずできる”感はあまり出さないようにしましょう。自分はまだその会社に就職しているわけではなく、仕事のこともまったく知らないわけです。

そんな状態で傲慢さを出すと”新米のくせに”と思われて、印象を悪くしてしまうでしょう。

面接においてはあくまでも謙虚な態度でのぞむことです。自分ができることをしっかり伝えつつも、傲慢な態度にはならないようにしましょう。

就職活動の面接で合格するためによい印象を与えるコツ

面接においては話し方に加え、見た目の印象も重要になってきます。そのためには、どのような態度でのぞめばいいのでしょうか。

ここでは、見た目の印象をよくする方法を紹介します。

緊張した姿を見せる

面接で緊張しすぎるのも問題ですが、ある程度緊張した姿を見せることは大事なことです。

あまりにリラックスした態度だと、逆に「わがまま」「生意気」と思われる可能性があります。

また、あまりにリラックスした態度だと、実際の仕事でも緊張感がないのではないかと思われるかもしれません。これではあまりよい印象をもたれないので、「少し緊張した姿」を見せるようにしましょう。

ポジティブに見せる

面接で暗い感じを出すのもさけましょう。会社としても「ネガティブで落ち込みやすい人」よりも「ポジティブで精神的にタフな人」をできる限り採用したいものです。

そのためには、話す時に大きな声でハキハキと話すことが大切でしょう。

また、大切なのが「面接時の姿勢」です。猫背で肩を落としているような姿勢だと、実際にはそうでないとしてもネガティブな印象を与えてしまうものです。このような姿勢だと声も出しづらくなるため、ハキハキとはしゃべりづらいでしょう。

日頃から猫背になりやすい人は、面接前に猫背にならないように姿勢に意識を向けるようにしておきましょう。

就職活動の最終面接で落ちてばかりいる人の特徴

最終面接で落ちてしまう人にはある特徴があるようです。ここではその特徴について紹介します。

最終面接で落ちてばかりいる人は、ここで紹介する特徴に注意してみましょう。

やる気が感じられない

たとえ第一志望の会社でないとしても、面接を受ける際は第一志望であるという態度でのぞむようにしましょう。

最終面接で面接官になることが多い人事担当者や社長などは、何度も面接官を経験しているため、うちの会社が第一志望なのか、他の会社と迷っているのか見極められるでしょう。

そこでうちの会社に対して、あまり熱意が感じらないと判断されれば採用されなくなるかもしれません。

そうならないためにも、「第一志望でぜひこの会社で働きたい」という態度でのぞむようにしましょう。

緊張しすぎて態度がおかしい

面接で緊張することは誰にでもあることでしょうが、あまりに緊張しすぎると印象を悪くしてしまうこともあります。

緊張しすぎるということは自分に自信がないというあらわれでもあります。自信がない理由の一つはその会社のことをあまり理解していないこと。当然ながら、会社としては自社のことをあまり知らない人を採用しようとは思わないはずです。このような人は採用されない可能性が高いでしょう。

また、性格的に緊張しやすい人も要注意です。仕事をする上でも緊張しすぎて電話対応などもまともにできないのではと思われてしまうかもしれません。

性格なので仕方ない部分もありますが、面接対策などで人前で話すという経験を増やして、なるべく緊張しないようにしておきましょう。

関連記事はこちら

 - 就活・面接

ページ
上部へ