Buisiness+Relationship

ビジリレ

会社の面接時間…悪い印象を持たれないためのベストな到着時間

   

会社の面接時間…悪い印象を持たれないためのベストな到着時間

就職活動で必ずあるのが面接。面接時にはその会社に出向く必要があります。

このとき悩んでしまうのが、開始時間の何分前に到着しておけばいいかということではないでしょうか。

もちろん遅刻は明らかにダメなことですが、あまりに早すぎるのも会社に迷惑と思われてしまう可能性があります。

そこでここでは、会社の面接において何分前に到着するのがベストなのか、また遅れそうなときの対応方法などを紹介していきます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

正社員なのに給料が低い!嘆く前に確認すべきことと改善できること


正社員として働いていても、今の働き方に見合わない...

30代でニート生活を卒業!就職するために必要なこと


就労や職業訓練などを行っていない「ニート」。ニー...

血液型で友達との相性は診断できる?それぞれの相性と診断の信憑性


日本では血液型による占いや相性診断の本がよく売ら...

カメラを趣味にしたい人へ!何を撮るか迷ったときのアドバイス


近年、カメラを趣味とする人が増えてきています。特...

派遣社員の仕事の掛け持ちは問題ない?〜掛け持ちする上での注意点〜


派遣社員は勤務時間やワークライフバランスを調整し...

20代女性で生活が苦しい人が増加中!増えてきた背景と生活の実情


最近、生活が苦しい20代女性が増えてきているそう...

会話が苦手な人は広汎性発達障害の可能性も!その障害の特徴


他者との会話に苦手意識を持っている人はいるもので...

大学を中退した場合に、就職活動で考えられるダメージ


大学に無事合格したにもかかわらず、中退してしまう...

お年玉をもらう子供のためにおすすめしたい専用貯金


お正月といって思い出すのはお年玉ではないでしょう...

仕事での電話応対が怖いのはなぜ?原因と克服法を紹介!


仕事での電話応対を怖いと感じている人は意外と多い...

女性からも見ても魅力的!三十代の男が自分を磨く上でおすすめの趣味


男性も三十代となれば油が乗ってきて、仕事にプライ...

お酒の席でできるだけ酔わないためにやっておきたい方法


新年度での新入社員の歓迎会、年末年始の忘年会や新...

大学生生活を充実させるために!サークルの選び方や入る時期を紹介!


大学に入ったら学生生活を充実させたいもの。そのた...

文系の学部生の金融業界への就職の向き不向き


金融業界の企業は安定していますし、給料も高いので...

夫婦で家計を折半するメリットとデメリット


今では女性の社会進出に伴い共働き夫婦が増えて、家...

可愛い友達に嫉妬心…つらい気持ちと上手に付き合っていく方法

可愛い友達に嫉妬してしまう…なんて経験はありませんか? <...

就職面接当日にキャンセル!体調不良が理由の場合の連絡方法


就職の面接当日、体調不良になり、どうしても面接が...

国民健康保険への退職後の切り替え時に必要な手続きと注意点


会社を退職した場合、それまでの社会保険から脱退す...

同棲する上で大事な生活費!いくらかかるか事前に把握しておこう!


カップルにとって同棲は期待感あふれることでしょう...

車を購入する際に意識してほしい!年収に対する価格とローンの目安


車の購入を考えたときに、どうしても年収を意識して...

スポンサーリンク


会社の面接に向かう時間には余裕を持つことが大事

就職活動をする上では時間に対してシビアに考えるようにしましょう。特にいつも遅刻ばかりしてしまう人はいつも以上に時間を意識する必要があるでしょう。

就職活動中は何事においても早めに行動することです。面接などどこかの会場に行かなければいけない場合は、着いてからの時間に余裕をもつように行動しましょう。

時間に間に合ったとしてもギリギリに到着しては、心の準備ができないまま面接などを受けることになるので避けたほうがいいでしょう。

とはいえ、逆にあまりに早すぎるのもその会社に迷惑をかけてしまう可能性もあるため、自分が余裕を持てる時間を認識して行動するといいでしょう。

実際のビジネスの現場では時間厳守は基本的ルールです。就職活動の段階から時間に対してシビアに考えるようにし、実際のビジネス現場でも恥をかかないように備えておきましょう。

面接で会社に到着するベストな時間は?

実際に会社に面接に向かう場合、何分前に会社に到着するのがベストなのでしょうか。

それは面接開始時間の5〜10分前に到着するのがいいでしょう。

30分くらい前に到着したほうが好印象だと思われるかもしれませんが、あまり早すぎても採用担当者は準備できていない可能性もあり、時間を持て余してしまったり、面接時間まで待つ場所がなかったりすることもあります。

30分くらい前に会社近くに到着して、実際に会社に入るのは5〜10分前というのがよいでしょう。

逆に、ギリギリに到着するのもやめましょう。交通トラブルがあれば仕方ない場合もありますが、そのことも考慮して余裕を持って行動するようにしましょう。

また、面接開始時間を間違えて覚えていて、到着する時間を間違えしまうということもあるかもしれません。その場合は自分の記憶が間違っていたことをきちんとお詫びしましょう。

特に予定時間よりも遅れてしまった場合は、会社の採用担当者を待たせることにもなります。しっかりとお詫びするようにしましょう。

会社の面接時間にトラブルで遅れそうな場合の対応方法

面接などに向かうときにいくら時間に余裕を持って出たとしても、交通トラブルなどで遅れそうになることはあるものです。

その場合には、遅れそうなことを忘れずに会社に電話で伝えましょう。連絡をすれば会社の採用担当者も理解して対処してくれるはずです。

遅れそうになると気持ちに余裕がなくなりがちですが、心を落ち着けてきちんと連絡することです。

電話で連絡する際は、自分の名前、遅れる理由、何分くらい遅れそうなのかをしっかり伝えましょう。

交通トラブルの場合、どれくらい遅れそうなのかすぐには分からないこともありますが、その場合もまず第一報を伝え、遅れる時間が分かった時点であらためて連絡するといいでしょう。

また、遅れて会場に到着した際には、あらためてお詫びしましょう。

こういったことは実際のビジネスの現場ではさらに大事になってくることです。就職活動中に、きちんと連絡を入れるということを習慣化しておきましょう。

会社の面接でしてはいけないNG回答例

きちんと面接時間前に余裕を持って到着し、実際に面接を受けたとしても、そのときの回答次第では印象を悪くしてしまいます。

特にNGとなる回答をしていると、不採用になる可能性が高まるでしょう。
ここでは、面接時にしてはいけないNG回答例について紹介していきます。

応募理由があいまい

「御社に興味があり応募しました」と話すものの、「実際にどこに興味を持ったのか?」という質問をされると具体的な回答ができないパターンです。

「興味がある」ということが口先だけと思われても仕方ないでしょう。

面接官と会話する際の態度がしっかりしていない

うつむき加減でぼそぼそと回答するパターンです。人と会話する際は、しっかり前を見て話すべきです。

うつむき加減で話していては、人とのコミュニケーションが下手だと思われてしまうでしょう。

根拠のない自信を持っている

特に具体的な説明もできないのに自分に過剰に自信を持って回答するパターンです。「自分は特別」ということをアピールするのです。

面接において自分をアピールすることは大事ですが、具体的に説明もできないアピールは逆に不快感を与えてしまうでしょう。

会社の面接時間が短い場合、合格の可能性が高い理由

面接時間が短い場合、その人の人格におおいに問題がある場合を除き、合格というパターンになることが多いようです。

それには次のような理由があります。

人柄がよいとすぐに判断されたから

面接において人柄重視で採用を判断している場合、すぐに人柄がよいと判断されると面接時間も短くなる可能性が高いです。

何度も面接を繰り返して行っている面接官にとっては、人柄はだらだらと話さなくても判断できるものです。

だから、面接時間が短い場合、極端に人柄に問題がある人以外は人柄がよいと判断されたと考えていいでしょう。

回答が上手で分かりやすかったから

面接官の質問に対して、こちらの回答が的確で分かりやすかった場合も面接時間が短くなる傾向にあります。

回答を1回聞くだけでだいたいのことがわかるので、時間をかけて質問し続ける必要がないのです。

このように、面接時間が短い場合は魅力的な人物と判断されている可能性が高く、合格する確率も高くなるのです。

関連記事はこちら

 - 就活・面接

ページ
上部へ