Buisiness+Relationship

ビジリレ

仕事で大失敗しても大丈夫!最大のピンチを自分の成長に繋げる方法

   

仕事で大失敗しても大丈夫!最大のピンチを自分の成長に繋げる方法

仕事をしていると大小関係なく様々な失敗をするものです。

でも、最大の失敗をしてしまうと自信をなくしてしまうもの。クビになってしまうのではないかと心配する人もいるのではないでしょうか。

しかし、失敗は決して悪いものではなく、それをどう活かしていくかが大事です。

そこでここでは、失敗が必要な理由、そして失敗を自分の成長に繋げていく方法を紹介していきます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

ただより怖いものはない!LINE運営会社の儲けの謎!

皆さんも利用されておられると思いますが、無料の通信アプリ「L...

コンビニの面接で気をつけたい服装や応対のポイント!

現在の生活に不可欠になったコンビニ。その身近なコンビニでバイ...

病院のクラークの「仕事内容」と「給料水準」と「やりがい」

最近、病院で看護師さんではない、制服を着ているが事務員さんで...

大学受験につきものの不安を解消する方法と考え方


大学受験において受験生のほとんどが不安を感じるも...

アラフォー世代が人付き合いに感じる苦手意識を解消する方法


アラフォー世代になると管理職に就く人も多くなるで...

中学の部活で土日も休みがない問題の原因とその対策


今や大卒で入社後1年以内に辞める率がワースト1位...

休日の過ごし方次第でお金は節約できる!


せっかくの休日、有意義に過ごしたいものです。買い...

受験時の面接を乗り切る会話術!上手な「短所」の伝え方



1発勝負の受験の面接。
<...

遠距離恋愛から結婚が決まった時に考える退職のこと

遠距離恋愛とは、遠く離れた地域にいながらもお互いがお互いのこ...

友達の可愛い彼女が羨ましい…理由・好きになった時の対処法


友達に可愛い彼女を紹介されて羨ましいと感じたこと...

遠距離の彼女との結婚事情!プロポーズのタイミングと注意点



彼女との遠距離恋愛が長くなると、訪れ...

派遣社員として登録する際に行われる試験と試験以外の注意点


派遣社員として登録する際には試験が行われます。<...

会社に対して給料の未払い分を請求する方法とその際の注意点


この不景気により、給料が支払えないという会社もな...

20代のカップルが結婚費用として貯金するのに必要な額とコツ


結婚式にはかなりの費用がかかるものです。

子供二人を育てるのに必要な費用とその捻出方法


日本は少子高齢化が進んでいます。

ネットを利用した友達の作り方と注意したいこと


一昔前と違ってスマートフォンが普及した現在では、...

年始における職場での挨拶のマナーについて、知っておきたいこと


職場の内外にとらわれず。人との関わり合いについて...

毎月貯金したい夫婦にオススメしたいお金を貯めるコツ


結婚生活において、様々なイベントが発生するもので...

うつ病での休職に必要な診断書の書き方において症状の伝え方が重要


最近、うつ病になる人が増加しています。仕事量の増...

看護学生の実習内容とは?実情と本音や抱える悩み


看護学生の実習内容ってどんなものかと聞かれたら、...

スポンサーリンク


みんなの仕事での最大の失敗をご紹介!

長い間仕事をしていると、最大の失敗をしてしまうということはあるものです。
皆さん、実際にどのような失敗をしているのでしょうか。

ここではまず皆さんが起こした最大の失敗の実例を紹介しましょう。

  • 見積金額を1桁間違えて発注してしまった。
  • 翌日に発着予定の荷物の集荷を忘れてしまった。
  • チラシ中の個人名の一部を間違えて入稿してしまった。
  • 連絡先の電話番号を間違えて印刷したパンフレットを配布してしまった。
  • システムの運用中に間違ったコマンドを入力しシステムを止めてしまった。
  • バグを残したまま製品を出荷してしまった。
  • しっかり検査していれば発見できていた製品の不具合を見過ごしてしまい、その後半日再検査で対応すくことになってしまった。

皆さん、ちょっとした入力ミスや確認ミスから大きな失敗につながっていることが多いようですね。

仕事での最大の失敗がクビの原因となることはあるのか?

仕事で失敗した時にクビになってしまうことはあるのでしょうか。

ほとんどの場合、クビにまでなることは少ないと言えますが、会社に多大なる損害を与えるようなことをした場合にはそうとも言い切れません。

例えば、会社の大きなイベントのプロジェクトに自分が関わっている時に、イベント会場の予約時間を間違えておりイベントが中止になってしまった。

また、納品物を間違えて大量に発送してしまい、取引先が使用日に実際に使おうとしていたものがその日に使えず、取引先に大損害を与えてしまった。

このような場合も故意の失敗でなければクビになることは少ないかもしれません。これまでの仕事ぶりに問題なければ、仕事内容を変えられる、部署を異動させられるといった処分ですむでしょう。

何より会社や上司が重要視することは、失敗そのものではなく、失敗した時のあなたの対応や報告の仕方、その失敗を次に活かそうとするその姿勢です。

自己保身をするのではなく、失敗の原因や自分の対応を真摯に振り返り、上司にきちんと報告した上で、失敗に対してどう対応していくかの姿勢が重要なのです。

仕事での最大の失敗を糧にして成功している人の特徴

仕事で失敗することは必ずしも悪いことではありません。多くの失敗をしている人の中には仕事ができる人も多いものです。

では、失敗をたくさんしていながら仕事ができる人にはどのような特徴があるのでしょうか。

ここでは、その特徴を紹介していきます。

スピード感がある

仕事の失敗が多い人は、それだけ行動していることが多いということでしょう。

計画性がないとも言えるかもしれませんが、考えてばかりよりもスピード感があります。

たくさん行動することで失敗することも多いですが、それだけ経験を積んでいるとも言えます。そうするとだんだんと仕事の質も上がってくるものです。結果的に計画することに時間を駆け過ぎる社員よりもできる社員になっていくことでしょう。

打開策が見出せないときに突破しやすい

失敗をたくさんしている人は失敗にめげない人と言えます。

大きなプロジェクトを進めている時、大きな失敗が続いて打開策が見出せないことがあります。

そんな時に、このような人の知識や経験から突破口を見い出せることがあるものです。

大きな成長をしている

大きな失敗をしている人ほど、大きく成長しているものです。その失敗を乗り越えたことが力となっているのです。

このような人はさらに大きな仕事を任されるようになるでしょう。

このように失敗をたくさんしている人は経験も多くしているため、より大きな仕事を任され、さらに仕事ができる人になっていくのです。

仕事での最大の失敗を自分の成長に繋げる方法

先ほど紹介したように、失敗は決して悪いことではなく、次に活かしていくことで自分を成長させることができます。

しかし、失敗するとどうしても自信をなくしてしまうものです。そこで、ここでは失敗を自分の成長に繋げる方法を紹介していきます。

仕事の失敗を自分の成長に繋げる方法その1:失敗の原因を分析すること

仕事で失敗した後に大事なことは、失敗の原因をきちんと調査・分析し、対策を立てることです。失敗の原因をしっかり分析できていなければ次に活かすことはできません。

仕事の失敗は自分だけが原因であるとは限りません。一緒に仕事をしているメンバーや取引先の人なども原因である場合もあります。また、会社の運用方法や業務で使っている機器などにも原因があるかもしれません。

それら全体を総合的に捉え、失敗の根本的な原因を調査・分析することが大事になってきます。

仕事の失敗を自分の成長に繋げる方法その2:失敗を最大限に利用する

失敗の原因を調査・分析する際もそうですが、対策を立てる時には失敗を最大限利用するようにしましょう。

例えば、仕事で何か記録をとっている場合には、そこに記録されているデータをもとに対策を考えていくのです。失敗するに至るまでの自分の報告内容に問題がなかったのか、システムで発送依頼をする際に問題はなかったかなどをそこから分析し対策を立てていくのです。

このように、失敗をした時の情報は最大限に利用し対策を立てていきましょう。

失敗を今後の自分の成長に活かすためには、原因をきちんと分析し、次には同じような失敗をしないように対策を立てていくことが大事です。

仕事の失敗を活かして大成功した偉人たち

世界中の偉人の中には失敗を活かして大成功に繋げた人がたくさんいます。
そんな偉人を4人紹介します。

カーネル・サンダース(ケンタッキーフライドチキン創立者)

言わずと知れたケンタッキーフライドチキンの創立者。実はケンタッキーフライドチキンを創立するまでに数多くの失敗をしている人でもあるのです。

創立するまでに40以上の職を変えながら、30代後半で設立した会社は不況のあおりを受けて倒産してしまいます。

そして、フライドチキンのフランチャイズを思いつき営業にまわるも1009回も断られています。

そんなカーネルが創立したケンタッキーフライドチキンのフランチャイズ加盟店は、今では世界で19,000店舗以上となっています。

ウォルト・ディズニー(ディズニー社設立)

誰もが知っているミッキーマウスの生みの親です。ウォルトも勤めていた新聞編集会社を解雇され、その後も何度も破産と失敗を経験しています。

それでもアニメを書き続け、世界中で愛されるキャラクターを生み出し、今では有名なテーマパークまで創りあげました。

盛田昭夫(ソニー創業者)

井深大とともにソニーを世界的大企業に育て上げた実業家です。

今でと世界的に有名なソニーですが、その前身である東京通信工業では、初めて開発した炊飯器が全く売れない状態が続きました。

そのあともめげることなく、たくさんの商品を開発し販売していくことで、世界的大企業になっていきました。

ビル・ゲイツ(マイクロソフト創業者)

この方も言わずと知れた偉人の一人。世界一の大富豪でもあります。

今では世界的に有名なマイクロソフトですが、起業当初のプロジェクトは失敗。
しかし、その後も開発を続けていきMS-DOSをきっかけに世界的大企業となっていきました。

このように世界中の偉人は大成功するまでにたくさんの失敗をし、それを活かしてきています。

失敗は自分の夢を実現するために大事なものとも言えます。失敗することを恐れず、それを活かして成功に繋げていきましょう。

関連記事はこちら

 - 仕事・ビジネス

ページ
上部へ