Buisiness+Relationship

ビジリレ

独身女性が将来への不安を少しでも減らすために考えておきたいこと

   

独身女性が将来への不安を少しでも減らすために考えておきたいこと

独身女性には将来に対して不安を抱えている人が多いようです。

もちろん独身でいることのメリットはあるものの、不安を感じてしまう要素が多いのも事実。
今後、独身でい続けた場合に備えて、その不安を少しでも解消しておきたいものでしょう。

そこでここでは、独身女性が将来に対して抱える不安について紹介するとともに、少しでも不安を少なくするための心構えなどを紹介していきます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

ポジティブでもネガティブでもない中間のニュートラル思考のススメ


世の中には思考がポジティブな人、ネガティブな人が...

告白はメールでしたい人必見!成功する文面のポイント

好きな人へ気持ちを伝えるとき、あなたはどんな手段を使いますか...

電車でのマナー違反……注意してもよい?マナー違反のラインとは


電車はたくさんの人が利用する交通機関であるため、...

ゴールド免許を取得するための更新時の条件と取得した時の利点


自動車運転免許証のなかに「ゴールド免許」と呼ばれ...

正社員なのに給料が低い!嘆く前に確認すべきことと改善できること


正社員として働いていても、今の働き方に見合わない...

30代でニート生活を卒業!就職するために必要なこと


就労や職業訓練などを行っていない「ニート」。ニー...

血液型で友達との相性は診断できる?それぞれの相性と診断の信憑性


日本では血液型による占いや相性診断の本がよく売ら...

カメラを趣味にしたら何を撮る?迷ったときのアドバイス


近年、カメラを趣味とする人が増えてきています。特...

派遣社員の仕事の掛け持ちは問題ない?〜掛け持ちする上での注意点〜


派遣社員は勤務時間やワークライフバランスを調整し...

20代女性で生活が苦しい人が増加中!増えてきた背景と生活の実情


最近、生活が苦しい20代女性が増えてきているそう...

会話が苦手な人は広汎性発達障害の可能性も!その障害の特徴


他者との会話に苦手意識を持っている人はいるもので...

大学を中退した場合に、就職活動で考えられるダメージ


大学に無事合格したにもかかわらず、中退してしまう...

お年玉をもらう子供のためにおすすめしたい専用貯金


お正月といって思い出すのはお年玉ではないでしょう...

仕事での電話応対が怖いのはなぜ?原因と克服法を紹介!


仕事での電話応対を怖いと感じている人は意外と多い...

女性からも見ても魅力的!三十代の男が自分を磨く上でおすすめの趣味


男性も三十代となれば油が乗ってきて、仕事にプライ...

お酒の席でできるだけ酔わないためにやっておきたい方法


新年度での新入社員の歓迎会、年末年始の忘年会や新...

大学生生活を充実させるために!サークルの選び方や入る時期を紹介!


大学に入ったら学生生活を充実させたいもの。そのた...

文系の学部生の金融業界への就職の向き不向き


金融業界の企業は安定していますし、給料も高いので...

夫婦で家計を折半するメリットとデメリット


今では女性の社会進出に伴い共働き夫婦が増えて、家...

可愛い友達に嫉妬心…つらい気持ちと上手に付き合っていく方法

可愛い友達に嫉妬してしまう…なんて経験はありませんか? <...

スポンサーリンク


独身女性が将来に対して抱えている不安とは?

独身の女性はどのくらいの人が将来に不安を抱えているものなのでしょうか。
まずは、あるアンケートによる結果を紹介しましょう。

30代の未婚女性500人を対象にインターネットで調査した結果によると、およそ65%が将来に不安を抱えているそうです。

その不安に思っていることを具体的に聞いたところ、「お金」が最も多く、続いて「仕事」、「結婚」、「健康」となったそうです。

また、将来について「ノープラン」だと思っている女性は大変多く、それを強く感じる場面としては「周囲の人が将来について語っているとき」や「株や外貨預金の話題について話しているとき」などがあるそうです。

このように将来に不安を抱えている独身女性は多いものです。

ただし、一方ではそれらの不安への対策をとっている人も少なからずいます。

独身でいることは将来への不安ばかりではなくメリットもあり!

独身女性には不安なことが多い反面、メリットもあるものです。その最大のメリットは”自由”であることでしょう。

結婚したら自由がないかと言われればそうではありませんが、生活を家族と一緒に過ごすため独身女性よりも自由が限られてきます。既婚女性には家族と一緒にいる幸せもありますが、自由ということでは独身女性よりも幸せではないと言えるのです。

では、独身女性の自由とはなにでしょうか。それは「お金」でしょう。基本的に自分で稼いだお金はすべて自分のために自由に使うことができます。金銭的な不安を抱える独身女性もいますが、逆を言えばそれはいかようにもできるということです。

現代では女性の社会的地位も上がってきているため、昔よりも収入を多くもらっている女性も増えてきています。金銭面において独身女性の将来設計は以前よりも立てやすくなってきていると言えるでしょう。

将来が不安にならざるを得ない独身のデメリット

メリットがある一方、独身女性でいることのデメリットもあります。ここではそのデメリットを3つ紹介します。

親や周囲からのプレッシャーがある

女性は歳を取るにつれて親や周囲からの結婚に対するプレッシャーが強くなってくるものです。親や周囲の人も心配して結婚をすすめているのかもしれませんが、当の本人にしたらそのプレッシャーは辛いものでしょう。

また、いつまでも結婚していないと周囲からは「結婚できない女性」と見られてしまうこともあります。そうなると、独身でいることにますますストレスを抱えてしまうかもしれません。

現代は女性の結婚年齢が高くなってきているため、40代近くの年齢になるまでこのプレッシャーが続くことになり、それはかなり辛いことになるでしょう。

一人で働き続けることによるリスクがある

独身でい続けることは、一人で働き続けてお金を稼がなければいけないということです。そうしなければ生活できません。結婚していれば、何かあったときには夫に支えてもらえますが、独身であればそれはできません。

女性の社会進出が目立つ現代においても、女性が高齢になるまで働き続けるという環境は日本においてはまだ十分ではありません。特に非正規雇用で働いている人は将来抱えるリスクについて十分注意しておく必要があります。

母親になれない

当然ながら、ずっと独身でいれば子供を産むことができません。したがって母親になることもできないわけです。

母親になることは女性にとって一つの大事な経験でしょう。一生独身を考えていた女性の中にも、あるきっかけで結婚することになり子供を授かったことで、それまでの価値観ががらっと変わってしまった人がいます。

母親になれないということは女性にとっての一つの大事な経験を逃してしまうかもしれないのです。

独身が将来に対して一番不安に思うお金のことについて

独身女性が一番不安になることは、やはり将来に向けての「お金」のことでしょう。老後資金はいくら貯めればいいのか、そのお金をどのようにして準備すればいいのかなどいろいろな疑問がわいてくるものです。

その不安を少しでも解消するためには、将来に向けてのシミュレーションを行っておくことが大切です。

老後資金は次のようにしてシミュレーションできます。

1.現在、年間いくら使っているのかを計算する

事前に家計簿アプリなどを使って、ざっくりでいいので年間支出を把握しておきましょう。

2.平均余命(女性の場合80歳)までの年数と1の金額を掛け合わせる

年数は80−今の年齢で計算できます。この数値と1で計算した年間支出を掛け合わせましょう。

3.自分が将来得られる収入(退職金や年金など)を計算する。

はっきりとは分からないかもしれませんが、計算式などは提示されていることが多いので、ある程度計算することはできるでしょう。

4.2と3の差額を算出する

この金額がこれから貯蓄しなければいけない金額になります。

計算した金額を見て驚いてしまう人もいることでしょう。しかし、この金額を今の時点で把握できたことは大きな前進です。これからこの差額を埋めるために、支出を減らす方法、収入を増やす方法、資産を増やす方法を考えていけばいいのですから。

独身が不安を抱える要因の一つ仕事について

独身女性が不安に感じる大きなもう一つの要因が「仕事」についてでしょう。一人で生活していくためには仕事をし続ける必要があります。

しかし、仕事と言っても大きな心配ごとは収入に関することが多いです。現代は女性の社会進出が進んだとはいうものの、まだ男性との格差は見られます。管理職の女性も増えてきましたが、男性に比べればまだまだでしょう。

そういうことで、女性も男性に比べればまだ収入も少ないでしょう。このような状態でこのまま一人で生活していけるのかと不安になるのも当然かもしれません。

ただ、現在は会社という枠組みだけではない自由に働ける環境が整ってきています。会社ではなかなか活躍できない女性ももっと自分を活かして働ける仕事も増えてきています。

会社という枠組みだけで考えるのではなく、もっと自由に働けて賃金ももらえる仕事を探してみるのも一つの手かもしれません。

関連記事はこちら

 - 経済

ページ
上部へ