Buisiness+Relationship

ビジリレ

結婚するにあたって必要な費用と親からのお金の援助

   

結婚するにあたって必要な費用と親からのお金の援助

結婚式は2人にとって、人生の中で大切な儀式ともいえますが、それに伴う費用も高額となります。

若い世代であるだけに、どうしてもお金を親から援助されなくてはならないことにもなりますが、それがきっかけでトラブルも発生する事例も多いようです。

結婚式はできるだけ2人の希望に沿ったものを挙げたいものですが、どのようにすればいいのでしょうか。

今どきの結婚式と親との関係について、ご紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

遠距離の彼女との結婚事情!プロポーズのタイミングと注意点



彼女との遠距離恋愛が長くなると、訪れ...

派遣社員として登録する際に行われる試験と試験以外の注意点


派遣社員として登録する際には試験が行われます。<...

会社に対して給料の未払い分を請求する方法とその際の注意点


この不景気により、給料が支払えないという会社もな...

20代のカップルが結婚費用として貯金するのに必要な額とコツ


結婚式にはかなりの費用がかかるものです。

子供二人を育てるのに必要な費用とその捻出方法


日本は少子高齢化が進んでいます。

ネットを利用した友達の作り方と注意したいこと


一昔前と違ってスマートフォンが普及した現在では、...

年始における職場での挨拶のマナーについて、知っておきたいこと


職場の内外にとらわれず。人との関わり合いについて...

毎月貯金したい夫婦にオススメしたいお金を貯めるコツ


結婚生活において、様々なイベントが発生するもので...

うつ病での休職に必要な診断書の書き方において症状の伝え方が重要


最近、うつ病になる人が増加しています。仕事量の増...

看護学生の実習内容とは?実情と本音や抱える悩み


看護学生の実習内容ってどんなものかと聞かれたら、...

看護学生の実習は挨拶が超重要!挨拶の仕方や実習のマナー

看護学生の実習が始まると、挨拶の回数が格段に増えると思います...

子供がいると仕事はできない?正社員までの険しい道のり

女性が働きやすい環境を…と、様々な改革が行われていますが、実...

育児と仕事の両立は可能?辞めるか迷ったに考えたいアレコレ



育児のために仕事を辞める女性は非常に...

女性の憧れの職業!華やかな世界のイメージと裏側


女性なら誰でも一度は憧れる職業と言えばどんなもの...

保育士になりたいけれどピアノができない…苦手を克服する方法


子供が好きで保育士になりたいと思う人は多いでしょ...

女性の仕事探しのポイント!オススメの資格と職業


女性は、結婚や出産などで仕事を辞めざるを得ない場...

女性が仕事を一生続けることは可能?問題点と対処法


近年、女性の社会進出がめざましくなり、結婚し出産...

派遣の仕事を辞める時のマナー……契約期間内に退社したい!


派遣社員は契約期間が決まっています。そして、原則...

どうしても気になるアパレル店員の接客態度


楽しくショッピングをしようとお店に入ったものの、...

育休中の育児休業給付金の申請期限とは


育休期間中は給料が支払われないことがほとんどです...

スポンサーリンク


結婚式を挙げるために必要な費用とその内訳

費用の相場は平均300〜350万円

結婚式を挙げるために必要な費用の相場としては、70〜80人の招待客があるとして、平均で300万円から350万円といわれています。

この金額を聞くと、高額なためにちょっと驚くカップルも多いでしょうね。

しかし、ご祝儀として頂くお金がありますから、これを差し引くと新郎新婦が負担しなければならないのは、およそ100万円程度とされています。

結婚式にかかる費用の内訳とは

そもそも、結婚式にかかる費用の内訳は、どのようになっているのでしょうか。

費用の半分を占めるのが、会場費と料理代です。会場費は、会場にもよりますが10万〜50万円ほどかかるようです。

料理代ですが、料理とドリンクで一人当たり1.8万円ほどとなりますので、招待客70人の場合だと125万円程度となります。

その他、会場費と料理代以外にも衣装代や引き出物などの費用も加わって、合計費用が決まることになります。

結婚式に必要なお金を親に援助してもらうかどうか

結婚式には、このように多額の費用が必要となりますよね。

しかし、決してすべての新郎新婦が自分たちで全額をまかなっているというわけではありません。

結婚式に関するアンケート調査を実施したところ、実際に挙式したカップルのおよそ6割が、親からお金の援助を受けていたようです。

親からの援助ですが、親の方から援助を申し出てくるタイプと、新郎新婦の方から援助を要請するタイプの2つがあります。

親の方から援助を申し出る場合の理由としては、もともと親が結婚式の費用を負担するのが当然と考えられている、あるいは地域によって親が結婚式の費用を負担して主催するものとされている、などがあります。

一方、自分たちから親にお金の援助を願い出る理由としては、やはり貯金が足りずに結婚式の費用をまかなうことができない、という事が挙げられます。

結婚式で親とお金に関してもめた3つの事例

1.やりたい結婚式のイメージの違い

二人だけの貯金でささやかな結婚式を挙げるつもりでいたのに、新郎側の親が資金を援助する代わりにもっと盛大な式を挙げてほしいと言われて嫌な思いをしたという新婦がいます。

また、新郎の母から挙式にかかるお金の使い方について、できるだけ多くの招待客を招くことに費やして、ドレスなどの費用を節約してほしいと言われた新婦もいます。

2.援助するお金に関するもめごと

費用は両家で折半するという話でしたが、後になって新郎側から「面子が立たない」と言ってきた、という新婦がいます。

また、交通費や招待客の人数でもうまく折半するのが難しかったというカップルもいるようです。

3.招待客の人数割りとしていたことでもめごとが発生

費用は招待客の人数割りとしていたのですが、挙式当日になってキャンセルした人が出た、あるいは両家で招待客の人数がかなり違っていたことでもめごとが生じたことがあったようです。

結婚するにあたって親にお金を頼らないための貯蓄額

結婚するために必要な費用としては、結婚式や披露宴、新婚旅行などの結婚イベント、そして結婚生活を始めるための準備資金などが挙げられます。

あるアンケート調査によると、結納、結婚指輪、結婚式、披露宴、そして新婚旅行にかかったお金は、平均するとおよそ461万円とされています。

そして、招待客からのご祝儀が平均227万円と言われていますから、差し引き234万円が必要となってきます。

また、2人で結婚費用として貯金していた額の平均は314万円となっていますから、やはり結婚するに当たっては300万円を目標に貯金しておきたいものです。

ちなみに、この調査では親の援助があった人の割合は71.3%で、その人の援助された額は平均162万円となっています。

また、新婚生活にもいろいろと準備に費用がかかるものです。インテリアや家具、家電などの購入で平均77万円程度必要といわれています。

以上をまとめると、結婚式などの結婚イベントのために150万円、新婚生活の準備のために50万円は、少なくとも貯金しておきたいですね。

結婚で親にお金を援助してもらわないための3つの工夫

1.ご祝儀でまかなう

結婚式や披露宴では、招待客からご祝儀がもらえます。

ご祝儀の額が1人平均3万円として、80人を招待した場合、240万円が頂けることになります。

この金額を目安として結婚式や披露宴を行うという方法です。

ただし、ほとんどの式場で費用が前払いとなっていますから、少なくとも頭金は払えるようにしておかなくてはなりません。

2.結婚式は質素に行い、二次会は盛大に行う

結婚式は両家の親族だけで質素に行い、二次会は友達などをたくさん呼んで豪華に行うことで、費用を安く行うことができます。

二次会は会費制にすることで費用の心配もありませんので、思い切って高級ホテルやレストランで披露宴にも劣らないほど盛大に楽しむことができます。

3.海外で結婚式を挙げる

海外での挙式というと、なんだかとても費用が高くなるイメージがありますよね。

しかし、新婚旅行も兼ねると考えると、案外安上がりとなりますからオススメです。

関連記事はこちら

 - 恋愛・結婚

ページ
上部へ