Buisiness+Relationship

ビジリレ

派遣社員を辞める理由…すぐに辞めたい人のための方法や注意点

   

派遣社員を辞める理由…すぐに辞めたい人のための方法や注意点

派遣先で契約期間まで働くことが派遣社員の条件だと思います。

しかし、働いてすぐに辞めたいという思いになってしまいそのまま退職してしまう人も多いようです。

一体どういった理由があるのでしょうか。

また、すぐに辞めてしまうことで、あらゆるトラブルが起きやすいことは知っていますか。

辞めるということが悪いことではありませんが、仕事をする場合注意しましょう。

今回は派遣社員の退職理由やすぐ辞める場合の方法をご説明します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

ただより怖いものはない!LINE運営会社の儲けの謎!

皆さんも利用されておられると思いますが、無料の通信アプリ「L...

コンビニの面接で気をつけたい服装や応対のポイント!

現在の生活に不可欠になったコンビニ。その身近なコンビニでバイ...

病院のクラークの「仕事内容」と「給料水準」と「やりがい」

最近、病院で看護師さんではない、制服を着ているが事務員さんで...

大学受験につきものの不安を解消する方法と考え方


大学受験において受験生のほとんどが不安を感じるも...

アラフォー世代が人付き合いに感じる苦手意識を解消する方法


アラフォー世代になると管理職に就く人も多くなるで...

中学の部活で土日も休みがない問題の原因とその対策


今や大卒で入社後1年以内に辞める率がワースト1位...

休日の過ごし方次第でお金は節約できる!


せっかくの休日、有意義に過ごしたいものです。買い...

受験時の面接を乗り切る会話術!上手な「短所」の伝え方



1発勝負の受験の面接。
<...

遠距離恋愛から結婚が決まった時に考える退職のこと

遠距離恋愛とは、遠く離れた地域にいながらもお互いがお互いのこ...

友達の可愛い彼女が羨ましい…理由・好きになった時の対処法


友達に可愛い彼女を紹介されて羨ましいと感じたこと...

遠距離の彼女との結婚事情!プロポーズのタイミングと注意点



彼女との遠距離恋愛が長くなると、訪れ...

派遣社員として登録する際に行われる試験と試験以外の注意点


派遣社員として登録する際には試験が行われます。<...

会社に対して給料の未払い分を請求する方法とその際の注意点


この不景気により、給料が支払えないという会社もな...

20代のカップルが結婚費用として貯金するのに必要な額とコツ


結婚式にはかなりの費用がかかるものです。

子供二人を育てるのに必要な費用とその捻出方法


日本は少子高齢化が進んでいます。

ネットを利用した友達の作り方と注意したいこと


一昔前と違ってスマートフォンが普及した現在では、...

年始における職場での挨拶のマナーについて、知っておきたいこと


職場の内外にとらわれず。人との関わり合いについて...

毎月貯金したい夫婦にオススメしたいお金を貯めるコツ


結婚生活において、様々なイベントが発生するもので...

うつ病での休職に必要な診断書の書き方において症状の伝え方が重要


最近、うつ病になる人が増加しています。仕事量の増...

看護学生の実習内容とは?実情と本音や抱える悩み


看護学生の実習内容ってどんなものかと聞かれたら、...

スポンサーリンク


派遣社員が働き始めてすぐに辞める理由と問題点

【派遣社員の退職理由は?】

派遣社員の方が辞めるときの理由は、比較的あいまいだったりします。

たとえ他の企業の社員であっても数日で退職していきますから、派遣社員も例外ではありません。

最短で1日、長く見ても1週間もてば良い方です。

派遣社員が辞めた時の問題は、「なぜ退職したのか?」が分からない事にあります。

理由としては、おそらくですが会社に問題がある可能性も十分にあり得ます。

派遣社員が辞めていくところは、たいてい決まっているものです。

大体は特定の部署の特定の工程に偏っているので、会社内でもわかるものなんですよね。

ですが辞めた理由が分からないままなので、「派遣社員だから続かない」と言い分が残念ながら通ってしまうのも事実です。

派遣社員が辞めれば紹介した派遣会社へも、当然クレームが行きます。

「長く働いてくれる人を紹介してほしい」という主張をしてくるでしょう。

そう言われると派遣会社も対応せざるをえませんので、仕事ですから別の人を紹介してくれます。

そして面接をするのですが、採用してもやはり長くは続かない。

1人〜2人がたまたま短期間で辞めていく場合は、「アルバイト感覚が抜けなかった」という見方も可能性もあります。

しかし、何人もあっという間に辞めていくという場合であれば、それは「辞めた人」では無く「職場」自体に問題がある可能性があります。

派遣社員がスムーズに仕事を辞めるための方法とコツ

【辞めたい日を伝えるコツ】

「辞めたい」と伝えることはなかなか心苦しいものがあります。

その上、タイミングもなかなか難しいので伺ってばかりいると、こちらも疲れてしまいますよね。

1番多いタイミングとしては、やはり「1か月前」です。

直前すぎると(1週間前など)、今後の業務の引き継ぎもうまくいきませんので働いた会社へ迷惑を掛けることにもなります。

またもし人数上で代わりの人が必要な場合は、派遣会社のスタッフ紹介が間に合わない可能性も出てきます。

そのため、会社側からも「もう少し前に言ってもらわないと困ります、もう少し伸ばせませんか?」と、引き留められてしまうので思うように退職できないということにも繋がります。

それはこちらとしても、予定していたものが伸ばされると、もし次の会社が決まっていた場合はそちらに迷惑を掛けることになりますので、会社にとっても自分にとっても早めに伝えるのがベストです。

実は直前であればあるほど、会社とトラブルになる確率もあがります。

出来る限り、スムーズに辞めるためにはなるべく早めに伝えておきましょう。

会社によっては「辞める直前まで誰にも言わないで」と指示される事もありますので、その点は会社に従いましょう。

また逆に翌日には話が会社へ広まって、すぐに引き継ぎ作業に取り組む場合もあります。

早めに伝えることでマイナスなことはありませんので、余裕を持って気持ちよく退職できるようにしましょう。

派遣先をすぐ辞めてしまうことで起きやすいトラブル

派遣期間にも満了というものがありますよね?

もし退職したい時期とその更新の時期が重なれば、更新しない旨を伝えてタイミングよく辞められるので、トラブルになることもほぼありません。

しかし、派遣期間中であれば違ってきます。

そもそも派遣社員と派遣先企業には直接の契約関係はなく、その仲介として派遣会社がいます。

【派遣先企業⇄派遣会社⇄派遣社員】という契約形態になっているわけです。

派遣社員は、単純に両社間の派遣契約に基づいて仕事をしているだけです。

そのため、派遣期間中に辞めたいと希望したい場合は、申し出るのは派遣会社へ。

そこからは派遣会社の営業担当者と派遣先企業の担当がに話合うわけです。

派遣社員側の意志が固い、もしくは辞めざるをえないという場合は派遣期間中であってもやめることは可能でしょう。

しかし派遣先企業側も仕事に支障や影響が出ますし、会社の信用にも関わってきますので、最悪の場合他の派遣会社に乗り換えられてしまうこともあります。

そうなると、派遣会社からその派遣社員に対する印象は良くありません。

新たな派遣先を紹介しても、また契約期間中に辞められては会社の信用が更に損なうことにも繋がりかねないと危惧され、派遣会社からその派遣社員への信用がなくなります。

病気など特別な理由があれば別ですが、派遣会社からまた就職を紹介して貰えるのは難しくなるでしょう。

派遣先をすぐに辞める事でブラックリストに載る可能性あり

これじゃまずい!ブラックリスト入り?!

そもそも派遣社員は「3ヵ月」などと決められた期間の契約更新を繰り返しながら働いていますよね?それなのに、契約期間中にも関わらず突然辞められた企業側は対応に困ります。

中にはメールや電話1本で突然辞めてしまう派遣スタッフも存在しますが、まず1度でもやってしまうと企業や派遣会社からの信用は一瞬でなくなります。

まず、派遣会社は突然終了してしまった派遣スタッフの代わりの対応に追われます。

また派遣先によっては、金銭的な補償を求めてくる企業もありますのでお金が絡む大きな問題へとなる場合も少なくありません。

紹介した派遣会社の信頼も損なわれ、今後仕事を依頼されなくなる可能性も十分にあります。

派遣会社に勤める方も人間です、突然辞めてまずそんな問題に発展してしまう可能性のある人物は「危ない」「必要ない」と判断されてしまうわけです。

そうなりますと派遣会社としては、ブラックリスト入りは確定です。

たとえ派遣会社に相談したとしても、あくまでも「働く場所を提供してもらっている」側ですので、 “契約期間内終了” は大問題です。

「上司と合わない」「自分には向いていないので、明日以降は行きません」などなど。

信じがたい話ですが、1〜2ヵ月に1回は起こるので派遣の営業マンは頭を抱えながらも対応に追われます。

派遣会社側がもし納得する理由であれば、次の仕事紹介の可能性ももちろんあります。

しかし、2度目はありません。

まず所属している派遣会社からの仕事紹介は無くなることは、間違いありません。

派遣会社も、企業からの信頼をとても大切にしています。

信頼がなければ自社の売り上げも伸びず、派遣スタッフを評価し、一定水準を下回るスタッフは仕事の紹介をしたくありません。

問題を起こす可能性が高い人に、自社の看板を背負って貰いたいですか?その派遣会社の看板と名前があるからこそ、派遣先へ「どうですか?」と紹介してもらえているわけです。

今後、紹介したくない・問題の可能性が高いなどの派遣社員はブラックリスト入りの可能性が十分にあります。

派遣先をすぐに辞める場合に行う方法と手順

派遣会社への連絡が先決

派遣社員が契約途中でもし仕事を辞めたい場合は、まずは紹介してもらった「派遣会社」へ連絡することが先決です。

実際は派遣先企業で働いているので、どちらから伝えればよいか分からない方も多いのではないでしょうか?実際に契約をしているのは、「派遣先企業」と「派遣会社」、「派遣会社」と「派遣社員」です。

そのため、まず契約をしている派遣会社へ伝え、そこから派遣先の企業へ伝えてもらう形がベストです。

また派遣会社へ先に前もって連絡しておいたほうが、途中で辞める方法などを事前に教えてくれることもありますので、まず派遣会社へ連絡するようにしましょう。

派遣元の指示に従う

派遣社員が派遣会社へ連絡したら、引き止められるのでしょうか?

いいえ、そんなことはありません。

ほとんどの場合は、派遣先の企業へ「申し出て大丈夫であれば別に構わない」、という答えが返ってきます。

ただし、上記でも話したように派遣会社のほうから派遣先企業へに連絡するということもあります。

途中で辞める場合には、派遣会社のほうから、あなたが辞める時期と、代わりが必要な場合など問わずに次に紹介できる人がいつから行くことが可能であるかも同時に伝えているはずです。

そうなると、仕事を辞める際もとてもスムーズで後の心配をせずに済むのですが、すべての派遣会社がそういった対応をしてくれるわけではありません。

ですが、社会人として任された仕事を途中で辞めることは少なからず、迷惑を掛けることになります。

しっかりと筋を通す意味でも前もって派遣会社へ連絡し、指示を仰ぎましょう。

関連記事はこちら

 - 派遣社員

ページ
上部へ