Buisiness+Relationship

ビジリレ

人付き合いが苦手な人が飲み会の苦痛を克服する方法

   

人付き合いが苦手な人が飲み会の苦痛を克服する方法

人付き合いが苦手な人は、飲み会の席でも苦痛を感じてしまうものです。

しかし、仕事の付き合いで仕方なく飲み会に出席しなければいけない時もあるもの。だから、できるだけ飲み会に苦痛を感じないようにしたいものです。

そこでここでは、人付き合いの苦手意識を克服し、飲み会に苦痛を感じず乗り切る方法を紹介していきます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

彼女がラインで男友達とやり取り…彼氏の本音と対処法


彼女が自分以外の男性とラインをしているのを嫌がる...

正社員で退職するのはもったいない!?退職前の注意点とその理由


正社員として働いている人のなかには、今の会社を退...

大学でぼっちの人は就職に不利?その理由と不利にしない対処法


大学でぼっちの人は、就職活動で不利になりやすいと...

バイトで初めて接客する人へ!不安を解消する上で知っておきたいこと


初めてバイトをする際に、コンビニやレストランなど...

ご近所トラブルに発展させないための騒音に対する苦情の伝え方


一戸建て、集合住宅に関わらず、ご近所のトラブルは...

彼女に友達がいない……友達がいない女性の注意点


女性のなかには友達がいないという人もいます。この...

仕事できない人とバイト先で思われる人の特徴と思われないための方法


バイトをしていると、仕事できない人と思われる人が...

彼女とのデートで何するのか悩んでしまわないためのデートプラン


彼女とのデートプランを立てるのはドキドキわくわく...

将来が不安……お金に対する考え方と将来を見据えた生活


経済は上向きになっていると言われる一方、自分の給...

大人数でバーベキューをする時のお肉の値段・量と選び方


野外で家族や友人たちとバーベキューをするのは楽し...

新学期につきもののクラス替えに対する不安を解消する方法


新学期が近づくと、新しい出会いや新しいことにワク...

友達の結婚式に呼ばれないのはなぜ?考えられる理由とは


仲がいい友達が結婚することになり、結婚式に必ず呼...

女性が思う男性の身長の理想とは?理想の身長とその理由


身長が高い男性は見た目がかっこいいものです。女性...

趣味がゲームの女性はどう思われる?ゲームで男性から印象アップするコツ


最近はテレビだけではなく、スマホなどでもゲームが...

大学生が感じる将来への不安をプラスにするための考え方


将来への不安を感じている大学生は増えているそうで...

後輩の彼女とデート!スマートな誘い方と好感度アップのコツ


同じ職場にいる後輩の女の子が気になることはありま...

大学の試験勉強へのやる気が出ないときに試してほしい方法


大学では定期的に試験が行われます。しかし、試験前...

大学生で友達が少ないのは影響ある?人生を考えた友達のつくり方


最近の大学生は、昔に比べ友達が少ない傾向にあるそ...

彼女が元彼と友達だったら…それぞれの本音・対処法


彼女が元彼と友達として関係が続いていたとしたらど...

学校生活を充実させるために必要な友達の作り方


新しい学年になるとワクワク感と緊張が入り混じった...

スポンサーリンク


人付き合いが苦手な人が飲み会を苦痛に感じる理由

人付き合いが苦手な人が飲み会を苦痛だと感じる理由の一つに、自己評価が低いことがあげられるでしょう。

自己評価が低いと周りの目が気になってしまい気疲れしてしまうのです。今日の服装はおかしくないか、周りの人の話についていけるか……などいろんなことを考えてしまい疲れてしまうのです。だから人がたくさん集まる飲み会を苦手とし、避けようとしてしまいます。

自己評価が低いままだと飲み会の席だけではなく、友達と一緒に過ごす時間も楽しめないでしょう。新しいことにもチャレンジしていけません。

実際に他人は特に自分のことをなんとも思っていないものです。人付き合いが苦手な人は、まず自己評価を上げることからやってみるといいでしょう。

そうすることで人付き合いへの苦手意識がなくなっていき、飲み会を苦痛だと感じなくなるかもしれません。

人付き合いが苦手な人が飲み会に苦痛を感じず乗り切る方法

いくら人付き合いが苦手な人が飲み会を苦痛だと思っていても、飲み会に参加しなければいけない時はあるでしょう。こんな時にはできるだけ苦痛を避け、楽しみたいものです。

そこでここでは、人付き合いが苦手な人ができるだけ飲み会に苦痛を感じず、乗り切る方法を紹介していきます。

聞き役に徹するようにする

飲み会が苦痛だと思う人は聞き役にまわるようにしましょう。自分から無理に話をしようとすると余計疲れてしまうものです。飲み会の席では必ずおしゃべりな人がいます。その人の話を聞くようにしましょう。

聞き役にまわるポイントとしては、話の合間に相槌をしながら話を聞き返すということです。そうすると相手も話しやすくなり場も盛り上がっていくでしょう。

隅っこに座らないようにする

飲み会が苦痛だと思う人はつい端っこに座りがちです。

しかし、その行為は逆効果です。自分の存在を消してしまうことになり、ひとりぼっちの時間が多くなってしまいます。それだとますます苦痛に感じてくるでしょう。

そうしないためにも、あえて両隣に人がいる席に座りましょう。そして、聞き役に徹するのです。そうするといつの間にか周囲にも馴染んでいくでしょう。

隅っこから脱出することはちょっと勇気がいることかもしれませんが、そうすることでいつもと違う飲み会になることでしょう。

同じ思いを持っている人を探す

飲み会に参加している人の中には自分と同じ思いを持っている人もいるはずです。周りを見渡して確認してみましょう。

楽しめていない人はすぐにわかるものです。そのような人を見つけて話しかけてみるのです。

同じ思いを持っている人だと意気投合しやすく、お互いに楽しい気持ちになるかもしれません。

飲み会の苦痛を和らげるために人付き合いの苦手を克服するコツ

先ほど人付合いが苦手な人が飲み会に苦痛を感じる理由として、「自己評価が低い」ことをあげましたが、苦痛を減らすためにも自己評価をできるだけ上げたいものです。

そこでここでは、人付き合いが苦手な人で自己評価が低い人が、自己評価を上げ飲み会の苦痛をできるだけ和らげるための2つのコツについて紹介していきます。

コツその1 〜 話すことに慣れる

自己評価が低い人は話すことにも苦手意識を持っている人が多いものです。そこで、まずは人と話すことに慣れるようにしましょう。

そのポイントとして2つあります。

簡潔に話すこと

あまりくどくどと話していると、自分も何を話しているのかわからなくなり、また聞いている相手にも話が伝わりにくくなります。また要点が掴めないため、相手が聞き飽きてしまうでしょう。

そうならないためにも、話の要点を絞って簡潔に話すようにしましょう。そうすることで話自体がわかりやすくなり、相手との話のキャッチボールができるようになるでしょう。

相槌を上手に打つこと

相手が話している時に相槌を打つことは大事な方法ですが、何にでも相槌を打っているようだと、相手は”本当に聞いてくれているのかな?”と不安に思ってしまうものです。

そうさせないためにも、タイミングをよく考えて相槌を打つようにしましょう。

コツその2 〜 上手に褒める方法を習得する

相手を上手に褒めるのも人付き合いを円滑に進めるための一つの方法です。ただ、あまりやりすぎると相手から疑われてしまうことも。

そうならないために、上手に褒める3つのポイントを紹介します。

具体的に褒めること

単に「すごいですね」と言うよりも「〇〇ができてすごいですね」と言うほうが、その人独自のことを褒めることになり、相手の印象も変わってくるでしょう。

無駄なことは言わないこと

褒める時についついいらないことまで褒めてしまうことがありますが、あまり言いすぎると疑われてしまうこともあるので注意が必要です。

無駄な言葉は入れないで、簡潔に褒めることがポイントです。

容姿のことは褒めないこと

人によっては容姿のことを気にしている人もいるものです。そのような人に対しては、容姿を褒めるとお世辞などと思われてしまうかもしれません。

特に体重のことが気になっている女性に対しては注意したほうがいいでしょう。

これらのコツを習得して、飲み会を乗り切ってみてはどうでしょうか。

人付き合いが苦手な人が飲み会の苦痛を避けられない時の応急方法

ここまで書いた方法をやっても飲み会に苦痛を感じる人はいるでしょう。でも、仕事の関係でどうしても飲み会には参加しなければいけない……。

そんな時にはどのように対処したらいいのでしょうか。

ここでは、どうしても飲み会に苦痛を感じてしまう人が飲み会を乗り切るための応急的な方法を紹介していきます。

とにかく飲んで食べる

いくら飲み会の席が苦痛だからと言って、ボーッとしているだけではつまらないものです。周りの人からも変な目で見られるでしょう。

そうしないためには、とにかく飲んで食べるを繰り返すことも一つの方法です。飲んで食べることに夢中になっている感じを装うのです。

しかし、あまりペースを上げると食べられなくなったり、胃腸を壊してしまうことにもなるので、飲んで食べるペースはしっかりと計算しておきましょう。

また、飲みすぎて酔っ払ってしまってはいけないので、お酒も一気に飲むのではなくチビチビと飲むようにしましょう。

スマホを触っているふりをする

飲み会の席でスマホを触ることは基本的にマナー違反ですが、飲み食いだけでは間が持たなくなった時の最終手段として使う方法です。

メールやLINEメッセージがきていなくても、きているふりを装うのです。ただ、ずっと画面を見ていると怪しまれるので、それをきっかけにトイレに行くなどするといいでしょう。

人付き合いが苦手な人が飲み会を上手に断る方法

人付き合いが苦手で飲み会に苦痛を感じる人は、あまり頻繁にやることはおすすめできませんが、飲み会を断ることも一つの手です。

そこでここでは、飲み会を上手に断る方法を3つ紹介していきます。

上手に断る方法その1 〜 体調不良を理由にする

まずは体調不良を理由にする方法です。多くの人が飲み会を断る理由として使っているものではないでしょうか。明らかに具合が悪そうな場合もありますが、体調は一見してわからないものです。

だから、理由としても使いやすいのです。この理由を効果的にするためには、周りに今日の体調を伝えておくのもいいでしょう。

上手に断る方法その2 〜 家の用事を理由にする

次に多く使われている理由としては家の用事があるでしょう。急遽、家族の世話をしなければいけなくなった、家で対応しなければいけないことができたなどを理由とするのです。

家族や家の用事だと職場の人も納得してもらえるでしょう。

上手に断る方法その3 〜 ドクターストップをかけられていることを理由にする

これはお酒を飲むことを止められていることを理由にするものです。

ただ、この方法だと「お酒を飲まなければいい」と言われてしまう可能性もあるため、使い方に注意したほうがいいでしょう。

関連記事はこちら

 - コミュニケーション

ページ
上部へ