Buisiness+Relationship

ビジリレ

母子家庭の子供に奨学金を利用して高校へ進学させる方法

   

母子家庭の子供に奨学金を利用して高校へ進学させる方法

たとえ母子家庭でも、子供をせめて高校へ進学させてあげたいものですよね。

しかし、志望校が公立ではなく私立の場合には厳しいでしょうか。

学費を親が用意できないのであれば、奨学金制度を利用して通わせることは可能なのでしょうか。

また、奨学金以外にも、進学のための助成制度があるのでしょうか。

経済的に高校進学が難しい母子家庭の人に必見の情報を、ご紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

ポジティブでもネガティブでもない中間のニュートラル思考のススメ


世の中には思考がポジティブな人、ネガティブな人が...

告白はメールでしたい人必見!成功する文面のポイント

好きな人へ気持ちを伝えるとき、あなたはどんな手段を使いますか...

電車でのマナー違反……注意してもよい?マナー違反のラインとは


電車はたくさんの人が利用する交通機関であるため、...

ゴールド免許を取得するための更新時の条件と取得した時の利点


自動車運転免許証のなかに「ゴールド免許」と呼ばれ...

正社員なのに給料が低い!嘆く前に確認すべきことと改善できること


正社員として働いていても、今の働き方に見合わない...

30代でニート生活を卒業!就職するために必要なこと


就労や職業訓練などを行っていない「ニート」。ニー...

血液型で友達との相性は診断できる?それぞれの相性と診断の信憑性


日本では血液型による占いや相性診断の本がよく売ら...

カメラを趣味にしたら何を撮る?迷ったときのアドバイス


近年、カメラを趣味とする人が増えてきています。特...

派遣社員の仕事の掛け持ちは問題ない?〜掛け持ちする上での注意点〜


派遣社員は勤務時間やワークライフバランスを調整し...

20代女性で生活が苦しい人が増加中!増えてきた背景と生活の実情


最近、生活が苦しい20代女性が増えてきているそう...

会話が苦手な人は広汎性発達障害の可能性も!その障害の特徴


他者との会話に苦手意識を持っている人はいるもので...

大学を中退した場合に、就職活動で考えられるダメージ


大学に無事合格したにもかかわらず、中退してしまう...

お年玉をもらう子供のためにおすすめしたい専用貯金


お正月といって思い出すのはお年玉ではないでしょう...

仕事での電話応対が怖いのはなぜ?原因と克服法を紹介!


仕事での電話応対を怖いと感じている人は意外と多い...

女性からも見ても魅力的!三十代の男が自分を磨く上でおすすめの趣味


男性も三十代となれば油が乗ってきて、仕事にプライ...

お酒の席でできるだけ酔わないためにやっておきたい方法


新年度での新入社員の歓迎会、年末年始の忘年会や新...

大学生生活を充実させるために!サークルの選び方や入る時期を紹介!


大学に入ったら学生生活を充実させたいもの。そのた...

文系の学部生の金融業界への就職の向き不向き


金融業界の企業は安定していますし、給料も高いので...

夫婦で家計を折半するメリットとデメリット


今では女性の社会進出に伴い共働き夫婦が増えて、家...

可愛い友達に嫉妬心…つらい気持ちと上手に付き合っていく方法

可愛い友達に嫉妬してしまう…なんて経験はありませんか? <...

スポンサーリンク


母子家庭で私立高校に通わせるために必要な費用

私立高校に進学するためには、どのくらいの費用が必要になるのでしょうか。

1年間に私立高校に通うために必要な費用は、合計でおよそ966万円とされています。その内訳は、学校教育費が約72万円、学校外活動費が約24万円となっています。

また、学校教育費の内訳はどうかというと、授業料が約24万円、学校納付金等が約23万円、通学関係費が約11万円、修学旅行などにかかる費用が約5万円、教科書代等が約4万円、などとなっています。

公立高校と比べて授業料が高い私立高校に対して、2010年以降、授業料の軽減措置が取られてきましたが、2014年度から所得制限が設けられ、夫婦と子供2人で世帯年収が910万円未満の世帯のみが対象となりました。

一方で、同じ2014年度から、年収250万円未満の低所得者層を対象とした給付型奨学金が設けられ、年間約13万円が支給されることとなりました。

母子家庭での高校進学!奨学金と授業料免除

高校進学に関して経済的に厳しい母子家庭の世帯のために、奨学金や授業料免除などの措置があります。

しかし、これらの制度の内容は自治体によって大きく異なってくるため、お住いの地域の担当窓口で相談することをおすすめします。

こうした支援制度は所得によっても大きく異なりますが、多くの母子家庭では私立高校に通うには経済的に厳しい場合が多いことが見込めますから、ぜひ高校に問い合わせてみてください。

皆さんは、「就学奨励金の貸付制度」というのをご存知でしょうか。

これは、働きながら定時制高校や通信制の高校へ通っている人に対して、経済的に厳しくて授業料の支払いが難しい人を対象に、奨学金の貸し付けをするという制度です。

この場合には、卒業すれば貸付金の返済が免除されることもありますので、詳しくは高校へ問い合わせてみるといいでしょう。

母子家庭の高校進学で欠かせない奨学金の内容

所得が低い世帯でも子供を希望する高校へ進学させることができるように、2010年度から「高等学校等就学支援金制度」、いわゆる高校無償化が開始されました。

2014年度に所得制限が新たに設けられた国が実施している返済不要の支援金であり、年収910万円未満で子供2人のモデル世帯が対象となります。

この制度を利用すれば、国公私立を問わず、高校の授業料の負担を軽減することができます。

もちろん、高校生活においては、授業料以外にも教科書代や制服代、後援会の費用や修学旅行のための費用など、さまざまな出費が必要となります。

こうした授業料以外の費用に充てるために設けられているのが、奨学金制度であり、給付型、無利子、貸与型などさまざまなものがあります。

奨学金制度を上手く利用すれば、収入の少ない母子家庭でも経済的にさらに助かります。

母子家庭の高校進学のための奨学金以外の支援制度

先にも述べましたが、2010年度から国による「高等学校等就学支援金制度」が導入されました。

この制度は2014年度から所得制限が設けられ、世帯年収が910万円以上の場合は対象外となりました。

この制度によって、母子家庭など低所得者世帯の高校進学にかかる負担は軽減されましたが、それでも私立高校の場合、年間の教育費は92万円前後必要と言われています。

そこで、母子家庭にとってぜひ活用したいのが、各自治体によって異なる支援金制度です。

例えば東京都在住の世帯の場合、公益財団法人東京都私学財団が実施している「私立高等学校等授業料軽減助成金事業」が実施されており、所得に応じた助成金が与えられます。

また、東京都私学財団では、「私立高等学校等奨学給付金事業」を実施しており、授業料以外にかかる教育費を軽減するための助成を行っています。

他にもある支援制度「授業料軽減助成」

就学支援金や高等学校等就学支援金制度を利用しても、私立高校に通うにはなお負担が大きく経済的に難しい場合があります。

このような私立高校の授業料の負担をさらに軽くする目的で、これらとは別の自治体ごとに支援をする制度が設けられています。

授業料を助成する仕組みで「授業料軽減助成」と呼ばれるものですが、自治体によってその名称や助成内容も違いますので、詳しくはお住いの地域で確認してみて下さい。

例えば東京都の場合、「私立高等学校等授業料軽減助成金事業」(授業料軽減助成金)と言われているもので、年収760万円未満の世帯に対して、国の就学支援金と合わせて、最大44万2千円まで助成を受けることができます。

このような助成制度は、私立高校といえども高校教育は公のものである、というとらえ方のもとに導入されているものです。

関連記事はこちら

 - 経済

ページ
上部へ