Buisiness+Relationship

ビジリレ

うつ病で退職する場合、退職理由は会社都合がメリットあり!

      2018/02/05

うつ病で退職する場合、退職理由は会社都合がメリットあり!

近年、うつ病にかかるというサラリーマンが急増しています。

過酷な労働や人間関係などでストレスが溜まり、精神的に苦痛を感じるという人が多いようです。

うつ病になると、会社から退職を迫られることになるケースが多いのですが、この場合、自己都合なのか、それとも会社都合なのでしょうか。

ここでは気になるうつ病を巡っての退職についてご紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

ポジティブでもネガティブでもない中間のニュートラル思考のススメ


世の中には思考がポジティブな人、ネガティブな人が...

告白はメールでしたい人必見!成功する文面のポイント

好きな人へ気持ちを伝えるとき、あなたはどんな手段を使いますか...

電車でのマナー違反……注意してもよい?マナー違反のラインとは


電車はたくさんの人が利用する交通機関であるため、...

ゴールド免許を取得するための更新時の条件と取得した時の利点


自動車運転免許証のなかに「ゴールド免許」と呼ばれ...

正社員なのに給料が低い!嘆く前に確認すべきことと改善できること


正社員として働いていても、今の働き方に見合わない...

30代でニート生活を卒業!就職するために必要なこと


就労や職業訓練などを行っていない「ニート」。ニー...

血液型で友達との相性は診断できる?それぞれの相性と診断の信憑性


日本では血液型による占いや相性診断の本がよく売ら...

カメラを趣味にしたら何を撮る?迷ったときのアドバイス


近年、カメラを趣味とする人が増えてきています。特...

派遣社員の仕事の掛け持ちは問題ない?〜掛け持ちする上での注意点〜


派遣社員は勤務時間やワークライフバランスを調整し...

20代女性で生活が苦しい人が増加中!増えてきた背景と生活の実情


最近、生活が苦しい20代女性が増えてきているそう...

会話が苦手な人は広汎性発達障害の可能性も!その障害の特徴


他者との会話に苦手意識を持っている人はいるもので...

大学を中退した場合に、就職活動で考えられるダメージ


大学に無事合格したにもかかわらず、中退してしまう...

お年玉をもらう子供のためにおすすめしたい専用貯金


お正月といって思い出すのはお年玉ではないでしょう...

仕事での電話応対が怖いのはなぜ?原因と克服法を紹介!


仕事での電話応対を怖いと感じている人は意外と多い...

女性からも見ても魅力的!三十代の男が自分を磨く上でおすすめの趣味


男性も三十代となれば油が乗ってきて、仕事にプライ...

お酒の席でできるだけ酔わないためにやっておきたい方法


新年度での新入社員の歓迎会、年末年始の忘年会や新...

大学生生活を充実させるために!サークルの選び方や入る時期を紹介!


大学に入ったら学生生活を充実させたいもの。そのた...

文系の学部生の金融業界への就職の向き不向き


金融業界の企業は安定していますし、給料も高いので...

夫婦で家計を折半するメリットとデメリット


今では女性の社会進出に伴い共働き夫婦が増えて、家...

可愛い友達に嫉妬心…つらい気持ちと上手に付き合っていく方法

可愛い友達に嫉妬してしまう…なんて経験はありませんか? <...

スポンサーリンク


うつ病で退職せざるを得ない場合は会社都合にしましょう

うつ病になると精神的に疲弊していることもあって、判断力も鈍ってきます

そのため、うつ病になった自分が悪い、と考えて、退職理由を「自己都合」としてしまう人が多いものです。

しかし、会社都合による退職とする場合と比較すると、自己都合による退職では退職金が大きく減ってしまうので損をしてしまいます。

自己都合で退職してもらった方が、会社側としてはもちろん都合が良いのですが、うつ病になるのは自分だけが悪いわけでは決してありません。

うつ病で退職する場合には、必ず退職理由は「会社都合」とすべきです。

離職票の退職理由ももちろん、会社都合退職とするようにしましょう。

これは、失業手当を受ける場合に自己都合よりも会社都合による退職の場合の方が、より多く給付を受けることができるからです。

失業手当の給付期間は、自己都合退職の場合は最長150日であるのに対し、会社都合退職では最長330日となっています。

うつ病で会社から退職勧奨を受け入れれば会社都合になる

うつ病になってしばらくの間休職して、その後に職場復帰をしたとしても、以前のような仕事をこなすことができず、また周囲の目を気にして居づらくなるという人も多いようです。

実際、うつ病になるとほんの数カ月の休養で完治するというわけではありませんし、同じ職場に復帰できても再発するというケースも多くあります。

このような場合には、思い切って会社を辞めて治療に専念して、しっかりと治してから再就職をするというのも一つの方法です。

また、うつ病ということで退職金を割り増しするから辞めてほしいという旨の通告があることも考えられます。

これらの場合、会社からの退職勧奨を受け入れて退職することをお勧めします。

退職勧奨を受けて退職すると、会社都合退職となってハローワークで「特定受給資格者」として扱われることになり、3か月間の給付制限が無く、しかも基本手当の所定給付日数も増えるというメリットがあります。

ただし、多くの大企業には「早期退職者優遇制度」がありますが、これを利用すると自己都合退職扱いとなり、ハローワークでのこのような恩恵を受けることができなくなりますから注意が必要です。

うつ病で退職する場合は会社都合退職ではなく自然退職を

退職しようと考えた時に確認したいのが、退職の形式です。この場合、よく知られているのが、自己都合退職と会社都合退職でしょう。

それでは、うつ病で退職する場合には、どちらを選択することになるのでしょうか。

会社にとってみれば、自己都合で退職してもらう方が支払う退職金も少なくて済みますし、イメージもいいでしょう。

しかし、辞める側にとっては会社都合で退職する方が退職金も満額支給されますし、失業手当も早く受け取れるというメリットがあります。

そのため、うつ病での退職に関しては、自己都合か会社都合かで揉めるということも少なくないようです。

そこで新たな選択肢として挙げられるのが、「自然退職」です。

これは所定の休職期限を過ぎても復職できない場合などに、労働規約に記載されていれば適用されるもので、揉め事を起こすことがなく退職金も満額を受け取れるなどのメリットがあります。

うつ病で休職や退職する場合に安心な傷病手当

うつ病になると、長期の休職を要する、あるいは場合によっては退職しなければならなくなります。

そこでたちまち困るのが、仕事を離れるために収入が途絶えるということではないでしょうか。

そうなると先行きの生活に不安を感じて、ますます病状が悪化することも考えられます。

そこで利用したいのが、傷病手当です。

所定の受給要件を満たせば、月々給料のおよそ3分の2に相当する額が、非課税で最長1年6か月間、受給することができます。

しかも、労災などと違って申請して約1か月後に支給が開始されるのも大きなメリットです。

そのため、仕事ができなくなってもすぐに生活費が受けられることになりますから、うつ病で苦しんでいる人には大変ありがたいものです。

傷病手当を利用すれば、安心して治療に専念できますから、うつ病の人はぜひおすすめの制度といえますね。

うつ病で休職しても直ちに解雇されることはありません

うつ病で長期の療養が必要と診断された場合、果たして会社を辞めなければならなくなるのでしょうか。

うつ病に限らず、何らかの疾病で休職した場合、就業規則などで定められた期間内に治癒すれば復職することになりますが、期間を満了しても治癒せず復職できない場合には、労働契約が消滅することになります。

この労働契約の消滅には、大きく退職と解雇の2つが考えられます。

退職になるか解雇になるかは、各企業が定める就業規則に従うことになります。

しかし、解雇にはそれに伴う大きな理由や手続きが必要とされますし、解雇権の濫用の問題も生じてきますから、会社側としては慎重になります。

そのため、うつ病だからという理由で解雇される、ということは、現実にはあまりないようです。

うつ病を理由に退職を働きかけてくる「勧奨解雇」のケースもあるようですが、この場合も事実上は退職扱いになるのではないでしょうか。

関連記事はこちら

 - 退職

ページ
上部へ