Buisiness+Relationship

ビジリレ

友達の結婚報告に嫉妬してしまう私!心でどう受け止めるべきか

   

友達の結婚報告に嫉妬してしまう私!心でどう受け止めるべきか

結婚が決まったと友達から報告を受けたい時、素直に心から「おめでとう」と言ってあげられますか?

自分は未だ独身で結婚も予定すらない…そんな状況だと、心から祝福できないと感じている方もいらっしゃます。

あなたも悪くないし友人も悪くない、嫉妬するだけ心が疲れますし、幸せをさらに遠のかせてしまいますよ。

友人からの結婚報告に心から祝福の言葉をかけてあげられる自分になるために、受け止め方を考えていきましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

遠距離の彼女との結婚事情!プロポーズのタイミングと注意点



彼女との遠距離恋愛が長くなると、訪れ...

派遣社員として登録する際に行われる試験と試験以外の注意点


派遣社員として登録する際には試験が行われます。<...

会社に対して給料の未払い分を請求する方法とその際の注意点


この不景気により、給料が支払えないという会社もな...

20代のカップルが結婚費用として貯金するのに必要な額とコツ


結婚式にはかなりの費用がかかるものです。

子供二人を育てるのに必要な費用とその捻出方法


日本は少子高齢化が進んでいます。

ネットを利用した友達の作り方と注意したいこと


一昔前と違ってスマートフォンが普及した現在では、...

年始における職場での挨拶のマナーについて、知っておきたいこと


職場の内外にとらわれず。人との関わり合いについて...

毎月貯金したい夫婦にオススメしたいお金を貯めるコツ


結婚生活において、様々なイベントが発生するもので...

うつ病での休職に必要な診断書の書き方において症状の伝え方が重要


最近、うつ病になる人が増加しています。仕事量の増...

看護学生の実習内容とは?実情と本音や抱える悩み


看護学生の実習内容ってどんなものかと聞かれたら、...

看護学生の実習は挨拶が超重要!挨拶の仕方や実習のマナー

看護学生の実習が始まると、挨拶の回数が格段に増えると思います...

子供がいると仕事はできない?正社員までの険しい道のり

女性が働きやすい環境を…と、様々な改革が行われていますが、実...

育児と仕事の両立は可能?辞めるか迷ったに考えたいアレコレ



育児のために仕事を辞める女性は非常に...

女性の憧れの職業!華やかな世界のイメージと裏側


女性なら誰でも一度は憧れる職業と言えばどんなもの...

保育士になりたいけれどピアノができない…苦手を克服する方法


子供が好きで保育士になりたいと思う人は多いでしょ...

女性の仕事探しのポイント!オススメの資格と職業


女性は、結婚や出産などで仕事を辞めざるを得ない場...

女性が仕事を一生続けることは可能?問題点と対処法


近年、女性の社会進出がめざましくなり、結婚し出産...

派遣の仕事を辞める時のマナー……契約期間内に退社したい!


派遣社員は契約期間が決まっています。そして、原則...

どうしても気になるアパレル店員の接客態度


楽しくショッピングをしようとお店に入ったものの、...

育休中の育児休業給付金の申請期限とは


育休期間中は給料が支払われないことがほとんどです...

スポンサーリンク


友達の結婚報告が羨ましすぎて暴走する心

感情がコントロールできないケース

幸せそうな友達についつい嫉妬や羨望という感情が溢れ出て、自分ではコントロールできなかったというケースもあります。

  • 失恋したばかりの友人は、親友の結婚報告で祝福の言葉をかける前に号泣してた
  • 職場の同僚が、お弁当配達のお兄さんに片思い。お兄さんとちょっと話しをしただけで激しい嫉妬。仕事にも支障が出た。
  • 友人の旦那さんがめちゃくちゃ嫉妬深い。友人が出かけると自動でメールが送られるように設定されてるらしくてドン引き

嫉妬によるトラブル発生

激しい嫉妬から、ありもしないことを言いふらしてライバルを激しく攻撃するケースも。

  • お局的存在の女性が女性写真に激しく嫉妬。不正を捏造して社長に密告&激しいバッシング
  • 意中の男性の結婚を破談させようと、女性の悪口を拡散。結果、結婚は破談となりました
  • 好きな男性に女性を寄せ付けないために、周囲の女性を激しく攻撃。うつ病になった被害者もいる

結婚報告を祝福できない女

  • 結婚報告をした保育士の友達は、職場でシカトされるようになった。
  • 結婚報告を機に連絡を無視されるようになった。

友達なのに結婚報告に嫉妬…なぜ嫉妬してしまうのか

大事な友人ならなおさら、嫉妬なんて醜い感情は向けたくありませんよね。

けれども嫉妬という感情をまずは知って受け止めることも大切です。

自分自身の中に生まれる劣等感からくる負の感情、思い込んだり錯覚することから生まれる不安や恐怖が、嫉妬の素となる感情です。

そして嫉妬と一言で言っても、大きく2種類に分けられます。

他人と自分を比べて感じる劣等感からくる嫉妬

例えば自分の彼氏が他の女性と親しくしていたら、嫉妬してしまいませんか?

隣にいる友達が褒められていたら、劣等感や嫉妬を感じませんか?

そんな時、あなたは心の中で相手と自分を比較して、相手が優位だと感じたということになります。

上記のようなケースではあなたの価値はなんら変化していないのに、あなたが内心で相手と自分の価値を比較し、自分の価値が下なのではないか?と不安や恐怖を感じていることになります。

強い依存心や否定される恐怖からくる嫉妬

強い依存心がある場合も、嫉妬が生まれやすくなります。

相手から価値があると思われることで自分の存在意義を感じるという方は要注意!

相手から否定されてしまうと存在意義が失われると感じるため、生きていく理由を見失ってしまうこともあるんです。

相手から認められていない、受け入れられていない、評価されていないと感じることで不安や恐怖が生まれ、嫉妬へと成長します。

友人の結婚報告に感じる羨ましさ…そんな自分も素直に受け止めよう

嫉妬する気持ちをごまかさず受け止める

友人の結婚報告を喜べない。それもまたありのままの自分です。否定しないであげてください。

嫉妬心は誰の心にも生まれます。幸せそうな友人を羨ましいと思うのも素直な感情です。

そんな自分をごまかして押し殺して祝福するとなると、負の感情は悪化していくばかり。

そんな嫉妬や羨望や妬みも受け止めてあげましょう。ただ、そんな負の感情を相手にぶつけるのはNG!人間関係が崩れかねません。

やんわりとした言葉も心がけましょう。

  • 羨ましすぎて腹たつわ 笑
  • めっちゃいいな〜私惨めになる〜 笑

といったように、冗談で済ませられる範囲で本音をポロリ、嫌味がないように本音をこぼしちゃいましょう。

ただし相手から盛大なノロケが返ってきて返り討ちに合う可能性もありますので、覚悟の上でどうぞ。

嫉妬をうまく発散させるにはこんな方法もオススメです。

  • 羨ましいわーー!!など本音を声にして発散
  • 口に出せない時には紙に書き出して発散
  • いっそ物に当たってスッキリ。紙に書き出したら思いっきり破る!

本音を解放していくことも嫉妬を上手に発散する方法の一つです。

友達の結婚報告を聞いた時こそ、独身のメリットに注目しよう!

ある20代から30代のうち、何度か同級生たちの結婚ラッシュに遭遇します。

友人の幸せそうな晴れ姿を目にするたびに、結婚こそが最も幸せなことだと勘違いしてしまいがち。

けれども友人への嫉妬心を持ち続けて行くのは精神的に良くありません。

気持ちをうまく切り替えて、そんな時こそ独身の良さを再確認しましょう。

確かに結婚には憧れる・・・でも独身だって悪くない!

独身時代にしか楽しめないこともあります。結婚して出産すると、自分の美容や服に自由にお金をかけられなくなります。

趣味や遊びもセーブして、子育てに専念することになります。結婚してママになれば、独身時代の自由さを懐かしむようになります。

それでも今すぐ結婚したいなら婚活を頑張るべきでしょうが、今しか楽しめない、独身だからこそ楽しめる何かに目を向けましょう。

結婚ラッシュに遭遇するたびに焦りも不安も出てきますが、独身も前向きに楽しまないと勿体無いですよ。

独身だからこそ男性との恋愛を自由に謳歌できるんです。

友人の結婚に嫉妬・・・でも自分の幸せを第一に考えよう

あなたの一番の幸せは何だろう?何に夢中になりますか?

「情熱がなければ、世界は妬みに支配される」

これは哲学者・キルケゴールという人物の名言です。

あなたが情熱を注げるもの、夢中になれるものを持っていれば、友人の結婚報告に嫉妬する気持ちも大きくなりません。

自分にとって一番幸せなことを知っていれば、それに夢中になって情熱を注ぎますので、他人への醜い嫉妬も生まれる余地がありません。

逆に情熱を注げるものがなく虚しさがあれば、嫉妬心は膨らんで行きます。
周囲のことばかり気にしていれば、結婚する友人を見て焦ったり、自分のこれからに不安を感じてしまいます。

自分の幸せを見極められないままだと、自分の芯がブレて迷走してしまい、周囲と自分を比べて妬んでしまいます。

幸せが何なのかイマイチ分からない、焦りや不安があるという方は、自分の人生をもう一度見つめ直しましょう。
情熱を持てるものがあるか、情熱を書けられるものに出会っているか、考えてみましょう。

自分がそそぐべき情熱にこそ目を向けて、人の人生を気にしすぎずにいきましょう!

関連記事はこちら

 - 性格・心理

ページ
上部へ