Buisiness+Relationship

ビジリレ

将来への不安を解消するための仕事での行動ポイント

   

将来への不安を解消するための仕事での行動ポイント

時代の変化が早いこともあり、仕事に対して将来の不安を感じる人が増えているようです。その理由は様々あります。

しかし、いずれにせよ不安を感じているだけでは、不安を増加させるだけでなにも解消しません。

では、不安を少しでも解消するにはどうしたらよいのでしょうか。

ここでは、仕事に対する将来の不安を解消するための行動のポイントを紹介していきます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

ただより怖いものはない!LINE運営会社の儲けの謎!

皆さんも利用されておられると思いますが、無料の通信アプリ「L...

コンビニの面接で気をつけたい服装や応対のポイント!

現在の生活に不可欠になったコンビニ。その身近なコンビニでバイ...

病院のクラークの「仕事内容」と「給料水準」と「やりがい」

最近、病院で看護師さんではない、制服を着ているが事務員さんで...

大学受験につきものの不安を解消する方法と考え方


大学受験において受験生のほとんどが不安を感じるも...

アラフォー世代が人付き合いに感じる苦手意識を解消する方法


アラフォー世代になると管理職に就く人も多くなるで...

中学の部活で土日も休みがない問題の原因とその対策


今や大卒で入社後1年以内に辞める率がワースト1位...

休日の過ごし方次第でお金は節約できる!


せっかくの休日、有意義に過ごしたいものです。買い...

受験時の面接を乗り切る会話術!上手な「短所」の伝え方



1発勝負の受験の面接。
<...

遠距離恋愛から結婚が決まった時に考える退職のこと

遠距離恋愛とは、遠く離れた地域にいながらもお互いがお互いのこ...

友達の可愛い彼女が羨ましい…理由・好きになった時の対処法


友達に可愛い彼女を紹介されて羨ましいと感じたこと...

遠距離の彼女との結婚事情!プロポーズのタイミングと注意点



彼女との遠距離恋愛が長くなると、訪れ...

派遣社員として登録する際に行われる試験と試験以外の注意点


派遣社員として登録する際には試験が行われます。<...

会社に対して給料の未払い分を請求する方法とその際の注意点


この不景気により、給料が支払えないという会社もな...

20代のカップルが結婚費用として貯金するのに必要な額とコツ


結婚式にはかなりの費用がかかるものです。

子供二人を育てるのに必要な費用とその捻出方法


日本は少子高齢化が進んでいます。

ネットを利用した友達の作り方と注意したいこと


一昔前と違ってスマートフォンが普及した現在では、...

年始における職場での挨拶のマナーについて、知っておきたいこと


職場の内外にとらわれず。人との関わり合いについて...

毎月貯金したい夫婦にオススメしたいお金を貯めるコツ


結婚生活において、様々なイベントが発生するもので...

うつ病での休職に必要な診断書の書き方において症状の伝え方が重要


最近、うつ病になる人が増加しています。仕事量の増...

看護学生の実習内容とは?実情と本音や抱える悩み


看護学生の実習内容ってどんなものかと聞かれたら、...

スポンサーリンク


仕事に対して将来の不安を感じる理由

仕事に対して将来の不安を感じている人はどのようなことに対して感じているのでしょうか。

まずはどのようなことに不安を感じているのかを紹介します。

仕事に対して不安には次のようなものがあります。

  • 今の仕事をずっと続けていけるのか心配
  • 給料が安くてこのままやっていけるのか不安
  • 契約期間が決まっているため、その後のことが不安

など。

仕事内容、給料のことで今後しっかりと生活できるのか不安に感じている人が多いようです。

若い頃にはやりたいことや夢があった人も、年齢を重ねるごとに現実が見えてきて、心身的にも衰えていくことから漠然とした不安を感じてくるのでしょう。

しかし、これは誰もが経験することで自分だけが感じているのではありません。そのことは理解しておきましょう。

社会の進歩が早く、これからどうなるのか、どうしていけばいいのか不安になるのも仕方ないかもしれません。

不安を感じることは問題ありませんが、不安を感じたままなにも行動しないことはなんの解決にもなりません。

仕事に対する将来の不安を解消するためにとるべき行動

仕事に対して将来の不安を感じていても、なにも行動しないのであれば、結局不安は膨らむばかりです。

では、不安を感じたときにどのような行動をとればいいのでしょうか。

ここでは、そのときとるべき行動について紹介します。

すぐには不安は解消しないことを認識しておく

将来に対する不安はすぐには消えないものです。1、2日、なにかしたからといって、解消するものではないでしょう。まずはこのことを認識しておきましょう。

数日で解決できそうにないことだからとあきらめるのではなく、解決するには年月がかかることを肝に銘じておきましょう。

とにかく行動する

不安を解消するには行動することです。頭で考えているだけではなにも変わりません。行動してもすぐには解消できないでしょう。

でも、行動を繰り返していくうちに、少しずつ状況は変わっていくものです。

時間がたてばたつほど、行動しにくくなってきますから、不安を感じて行動すべきことがあったらすぐに行動に移しましょう。

優先順位をつける

不安に感じている原因がたくさんある場合には、優先順位づけをしましょう。
何を優先的に解消させたいか、時間がかかりそうなものはどれかなどを判断して優先順位をつけましょう。

すべてを一度にやろうとすると混乱して、結局すべてが中途半端になりかねません。そうならないように一つずつやっていきましょう。

あきらめることも必要

ときにはあきらめることも必要です。すべてができることではないかもしれません。その場合は、なにかをあきらめましょう。

仕事に対する将来の不安を解消するため自分を理解する方法

仕事に対して将来の不安を感じているのは、自分の望む明るい未来が見えていないことでもあります。

このような状態では、いざなにか行動しようとしてもなにから始めていいのかわからないでしょう。

では、実際に行動に移すためにはどうしたらいいのでしょうか。それは、自分はどういうことに幸せを感じるのかを理解することです。

そのために次の4ステップをやってみましょう。

  1. あなたがこれまでに最も楽しかったこと、充実感を味わったこと、心のなかから満たされた気持ちになったことを書き出す
  2. あなたが現状で不満に感じていることを書き出す
  3. 1と2で書き出したことを見比べて違いを見つけ書き出す
  4. 書き出した違いから、その違いを解消する方法を考える

自分の明るい未来が見えていないということは、自分がどうなりたいか理解できていないからです。

理解するためには、自分が幸せだと感じることを見つけることです。

上の4ステップを違いを解消する方法を見つけ、それを実行していくことで自分がなりたい姿に近づいていくでしょう。

仕事に対する将来の不安解消には時代に合ったスキル習得も必要

仕事に対して不安を感じている人のなかには、今の会社を解雇されることに対して感じている人もいるでしょう。

それは手に職を持っていないために、今の会社以外では雇ってもらえないという漠然とした不安から感じるものです。

確かに専門的な技術を持っている人は、たとえ今の会社を解雇となっても、次の仕事を見つけやすいでしょう。

しかし、これまでの実務経験で十分実績を出している人であれば、あまり不安に感じる必要はないものです。

ただ、時代の変化は早いので、今必要としている仕事もいつなくなるかわかりません。

だから、時代の変化に合わせて、自分のスキルも柔軟に対応していくことが重要です。今持っているスキルだけにしがみついていては、いつか淘汰されてしまうかもしれません。

そうならないためには、新しいスキルを身につけたり、持っているスキルを組み合わせたりして、新しいことにチャレンジしていくことです。

これからの時代は柔軟に対応していくことも必要となってきます。

仕事に対する将来の不安の理由別解消法

これまでの内容も含めて、最後に仕事に対する将来の不安を解消する方法を不安別にまとめてみます。

自分の強みがないため、今の仕事を失うことが不安

まずは今やっている仕事のなかで自分の強みを見つけましょう。そのためには、今の仕事で自分に求められていることを考えてみるといいでしょう。

仕事をしている限り、あなたの存在価値はあります。逆にいえば存在価値があるから仕事をまかされているのです。

仕事をしているなかで、自分に求められていることはなにかということを意識してやってみましょう。そうすると、少しずつ自分の強みが見えてくるでしょう。

雇用が不安定で今の会社で働き続けられるのか不安

どんな状況になっても「求められる人材」となるように、自分だけの「売り」を作りましょう。市場価値を高める意識を持つのです。

そのためには、今の職場で身に付けられることは身に付けたり、今できることを組み合わせたりしていきましょう。

忙しすぎてストレスがたまり、自分の健康に対して不安

体を崩してしまっては仕事をしようにもできなくなります。だから、そうなる前に自分で自分を守ることが大切です。

そのためには、なにもかも自分で抱え込むのではなく、できない仕事はできないときちんと断りましょう。他の人に任せられる仕事は任せましょう。

自分のことをわかっているのは自分だけです。心身が心配なようであれば、自分でしっかり守るようにしましょう。

関連記事はこちら

 - 仕事・ビジネス

ページ
上部へ