Buisiness+Relationship

ビジリレ

仕事に関して上司があなたを無視! 理由とその対処法 

   

仕事に関して上司があなたを無視! 理由とその対処法 

「上司が私を無視する…」

これには様々な原因や理由が考えられますが、あなたの側に原因がある場合と上司の側に原因がある場合とで対応の仕方に違いがあります。

あなたが悩んでいる「上司の無視」について、どのような原因や理由が考えられるのか、またその対処法についていろいろ考察してみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

ただより怖いものはない!LINE運営会社の儲けの謎!

皆さんも利用されておられると思いますが、無料の通信アプリ「L...

コンビニの面接で気をつけたい服装や応対のポイント!

現在の生活に不可欠になったコンビニ。その身近なコンビニでバイ...

病院のクラークの「仕事内容」と「給料水準」と「やりがい」

最近、病院で看護師さんではない、制服を着ているが事務員さんで...

大学受験につきものの不安を解消する方法と考え方


大学受験において受験生のほとんどが不安を感じるも...

アラフォー世代が人付き合いに感じる苦手意識を解消する方法


アラフォー世代になると管理職に就く人も多くなるで...

中学の部活で土日も休みがない問題の原因とその対策


今や大卒で入社後1年以内に辞める率がワースト1位...

休日の過ごし方次第でお金は節約できる!


せっかくの休日、有意義に過ごしたいものです。買い...

受験時の面接を乗り切る会話術!上手な「短所」の伝え方



1発勝負の受験の面接。
<...

遠距離恋愛から結婚が決まった時に考える退職のこと

遠距離恋愛とは、遠く離れた地域にいながらもお互いがお互いのこ...

友達の可愛い彼女が羨ましい…理由・好きになった時の対処法


友達に可愛い彼女を紹介されて羨ましいと感じたこと...

遠距離の彼女との結婚事情!プロポーズのタイミングと注意点



彼女との遠距離恋愛が長くなると、訪れ...

派遣社員として登録する際に行われる試験と試験以外の注意点


派遣社員として登録する際には試験が行われます。<...

会社に対して給料の未払い分を請求する方法とその際の注意点


この不景気により、給料が支払えないという会社もな...

20代のカップルが結婚費用として貯金するのに必要な額とコツ


結婚式にはかなりの費用がかかるものです。

子供二人を育てるのに必要な費用とその捻出方法


日本は少子高齢化が進んでいます。

ネットを利用した友達の作り方と注意したいこと


一昔前と違ってスマートフォンが普及した現在では、...

年始における職場での挨拶のマナーについて、知っておきたいこと


職場の内外にとらわれず。人との関わり合いについて...

毎月貯金したい夫婦にオススメしたいお金を貯めるコツ


結婚生活において、様々なイベントが発生するもので...

うつ病での休職に必要な診断書の書き方において症状の伝え方が重要


最近、うつ病になる人が増加しています。仕事量の増...

看護学生の実習内容とは?実情と本音や抱える悩み


看護学生の実習内容ってどんなものかと聞かれたら、...

スポンサーリンク


仕事上で上司があなたを無視!これはパワハラです。

仕事上で上司があなたを「無視」するという行為は、厚生労働省が示した「パワハラ(パワーハラスメント)」の典型例にもはっきりと記載されています。

「無視」するという行為は「人間関係からの切り離し」つまり「その人の存在を否定する行為」なのです。

「無視」する行為の例としては、

  • 挨拶をしても返さない。
  • 仕事上の報告を行なっても相手にしない。
  • 仕事上の質問をしても取り合ってもらえない。
  • 仕事上の打ち合わせやミーティングに呼ばれない。
  • 所属部署の飲み会などに誘わない。

などなど。

このような、上司から仕事上の「無視」を受けている場合、パワハラの被害に遭っていると言えると思います。

昔の「職場いじめ」という行為はパワハラと同じ部類のものですが、上司という地位などの優位性を使っていない場合には、モラハラ(モラルハラスメント)になる場合もあるようです。

上司が仕事上であなたを無視する原因や理由

上司があなたを仕事上で「無視」する原因や理由について考える場合、まず大きく2つに分けられると思います。

まず1つ目は「無視」される原因があなたの側にある場合、もう1つが原因が上司の側にある場合です。

これをはっきりと見分けておくことが大事です。人間というのは「被害者意識」が強いものですので、原因があなたの側にあっても上司が悪いと勘違いしてしまうこともあります。

慎重に「無視」された状況を冷静に観察、把握することが大切になります。

チェックポイントとしては、

  • 「無視」が職場内で、あなたにだけしているのか? 
  • 他の人にもしているのか?(性別、入社してからの年数、無視する状況など)
  • あなたへの無視は常にしているのか? 仕事で失敗などをした場合に強くなるのか?
  • 上司の性格的な特徴は?(ひがみやすい、顕示欲が強い、負けず嫌い、情緒不安定などなど)

これらの情報をある程度集めれば、あなたに原因があるのか、上司の側に原因があるのかがはっきりしてくるかと思います。それがわかってから対策を考えるようにしてください。

仕事で上司から無視される「あなたに原因がある場合」

仕事で上司から無視をされる場合で、あなたに原因がある場合の対処法ですが、まず最近何かその原因になるような事がなかったか考えてみましょう。

例えば、

  • 仕事上で大きな失敗をしてしまった。
  • 上司に恥をかかせてしまった。
  • 上司に対して大きな態度をとってしまった。

人間というのは相手に対して「不快なこと」「気になること」などをしても、それを行なった方は直ぐに忘れてしまっていても、それをされた方は長く深く記憶しているものなのです。

ですので、上司に対して何らかの精神的な不都合や苦痛などのダメージを与えてしまった場合には、そのダメージを軽減するような対応をとることが必要になります。

根気強く少しずつで良いですので、改善するように努力してください。

上司のダメージが少しずつでも改善していけば、あなたに対する「無視」も少しずつ改善してゆくと思います。

もし改善がみられない場合は、あなたが考えているのとは別の原因なのかも知れません。

そのような場合には、改めて原因となったと思われる事柄を再度検証してみてください。

仕事で上司から無視される「上司に原因がある場合」 

仕事で上司から無視される場合で、上司に原因がある場合ですがなかなか厄介です。

まず上司の性格的なものをじっくり観察して、ある程度把握することが重要です。そして対策をいろいろ考えなくてはなりません。

というのは、大人の性格というものはなかなか変えるられるものではないからです。しかも、放っておくとあなたの人生に大きな影響を与えかねない重大事になる可能性があるものです。

問題となりやすい上司の性格としては、

  • ひがみやすい
  • 自己顕示欲が強い
  • 自尊心が強すぎる
  • 負けず嫌い
  • 情緒不安定

などが挙げられます。

ですが、少なくともそこの部署の上司になるような人ですから、仕事はある程度できると考えた方がよいと思います。

具体的な対応策ですが、上司の性格を見極めた上で、上司の心の安定を取り戻せるような対応をするように心がけましょう(この対応は性格に対してケースバイケースになりますので、ここでは詳しく触れません)。

次にあなたの上司にとって怖い存在というものを考えてみますと、その上司の上役の方ということになります。

ですので、その上司の上役の方と親しい間柄になるのがとても効果的になります。例えば廊下や社員食堂などでその上役の方を見かけたら、最初は世間話で良いですので話しかけてみましょう。

その際、その上役の方の趣味や乗っている車などがわかれば世間話の話題が見つけやすくなります。その上役の方とあなたが楽しそうに話しているのを上司が見かけたりすると、その上司はこれまでのようにあなたを「無視」できなくなります。

といいますのは、一般的に中間管理職というのはそれぞれの上司、上役の印象というものをとても気にする人種なのです。この中間管理職の心理をうまく使うのです。

上司からの「無視」、仕事を替えるという選択も! 

何らかの縁があって勤めている今の仕事ですが、上司のパワハラがなかなか改善しそうにない場合、転属や最終的には転職というのも視野に入れておかなくてはなりません。

あなたの大切な人生が、たった一人のダメな上司によって台無しにされてしまうかも知れないのです。

あなたのダメ上司に対しての対策をいろいろ試してみても改善が見られない場合、まず人事部にパワハラの被害に遭っていると相談してみましょう。

人事部の方で転属の可能性などについての話が出ればしめたものです。しかしなかなか社内的な改善の動きが見られないような場合には、転職も具体的に考えてみるべきです。

昔に比べれば転職もやりやすくなっていますので、できるだけ情報を集めてください。社外の人脈や転職エージェント、同級生の繋がり親戚の知り合いなど、利用できるものは総動員しましょう。

しかし、うまく転職できるかどうかは、あなたの職業スキルと人柄、タイミングなどが大きく影響しますので、自分自身を良く知っておくということも大事なことになります。

関連記事はこちら

 - 仕事・ビジネス

ページ
上部へ