Buisiness+Relationship

ビジリレ

未婚の母が子供の養育費を請求できるのか?認知の問題とは

   

未婚の母が子供の養育費を請求できるのか?認知の問題とは

知り合った頃は仲が良かったカップルでも、何らかの事情で結婚に至らなかったというケースはよくあります。

もし女性が妊娠して子供を出産したという場合、入籍しなかったら、どうなるのでしょうか。

戸籍上の問題や養育費など、不安要素はたくさんあります。

ここでは、未婚の母となった場合に子供の養育費は請求できるか、という問題についてご紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

ポジティブでもネガティブでもない中間のニュートラル思考のススメ


世の中には思考がポジティブな人、ネガティブな人が...

告白はメールでしたい人必見!成功する文面のポイント

好きな人へ気持ちを伝えるとき、あなたはどんな手段を使いますか...

電車でのマナー違反……注意してもよい?マナー違反のラインとは


電車はたくさんの人が利用する交通機関であるため、...

ゴールド免許を取得するための更新時の条件と取得した時の利点


自動車運転免許証のなかに「ゴールド免許」と呼ばれ...

正社員なのに給料が低い!嘆く前に確認すべきことと改善できること


正社員として働いていても、今の働き方に見合わない...

30代でニート生活を卒業!就職するために必要なこと


就労や職業訓練などを行っていない「ニート」。ニー...

血液型で友達との相性は診断できる?それぞれの相性と診断の信憑性


日本では血液型による占いや相性診断の本がよく売ら...

カメラを趣味にしたら何を撮る?迷ったときのアドバイス


近年、カメラを趣味とする人が増えてきています。特...

派遣社員の仕事の掛け持ちは問題ない?〜掛け持ちする上での注意点〜


派遣社員は勤務時間やワークライフバランスを調整し...

20代女性で生活が苦しい人が増加中!増えてきた背景と生活の実情


最近、生活が苦しい20代女性が増えてきているそう...

会話が苦手な人は広汎性発達障害の可能性も!その障害の特徴


他者との会話に苦手意識を持っている人はいるもので...

大学を中退した場合に、就職活動で考えられるダメージ


大学に無事合格したにもかかわらず、中退してしまう...

お年玉をもらう子供のためにおすすめしたい専用貯金


お正月といって思い出すのはお年玉ではないでしょう...

仕事での電話応対が怖いのはなぜ?原因と克服法を紹介!


仕事での電話応対を怖いと感じている人は意外と多い...

女性からも見ても魅力的!三十代の男が自分を磨く上でおすすめの趣味


男性も三十代となれば油が乗ってきて、仕事にプライ...

お酒の席でできるだけ酔わないためにやっておきたい方法


新年度での新入社員の歓迎会、年末年始の忘年会や新...

大学生生活を充実させるために!サークルの選び方や入る時期を紹介!


大学に入ったら学生生活を充実させたいもの。そのた...

文系の学部生の金融業界への就職の向き不向き


金融業界の企業は安定していますし、給料も高いので...

夫婦で家計を折半するメリットとデメリット


今では女性の社会進出に伴い共働き夫婦が増えて、家...

可愛い友達に嫉妬心…つらい気持ちと上手に付き合っていく方法

可愛い友達に嫉妬してしまう…なんて経験はありませんか? <...

スポンサーリンク


未婚での子供の出産と認知

未婚の母親が子供の教育費を得るためには、男性側の認知が欠かせません。

皆さんは、強制認知という言葉をご存じでしょうか。

これは、男性側が自分の子供ではないと認知を拒否する場合に、子または母親が男性に対して父親であることである認知の訴えを起こすことができるというものです。

この場合、まず家庭裁判所に認知調停を申し立てることになりますが、調停で合意ができなければ家庭裁判所に訴えを起こすことになります。

晴れて認知されることになれば、空白だった戸籍上の父親の欄に父親の名前が記載されることになるほか、法律上の親子関係となって扶養義務が発生するため養育費の支払い義務が生じる、また父親が亡くなった場合相続の権利が生じるなど、母子にとって先行きが大きく異なってくるのです。

このように認知によって法的に扱いが大きく変わりますので、母親や子供にとって認知ということはとても重要であり、特に子供の養育費を得るためにも、まずは認知をしてもらうことが大切です。

未婚で出産した子供の養育費は認知が重要

シングルマザーという言葉が今や当たり前の昨今、未婚の母として子供を育てている女性は多くいます。

その場合、生まれた子供は母親の戸籍に入っていて、父親の戸籍欄は空白のままであることが多いようです。

このままでは法律上の父親とは言えませんので、男性側は養育費を支払う義務が発生しません。

そのため、まずは男性側に認知をしてもらって、戸籍上の父親になってもらうことが大切です。

男性がすんなりと認知を認めてもらえば、役所に届け出ることですんなりと戸籍上の親子関係が発生しますが、これを任意認知といいます。

未婚の母の場合、養育費を出生時に遡って請求することも可能ですので、ぜひとも認知してもらいたいものですよね。

また、婚姻する前に妊娠している時点でこれから生まれてくる子供対して認知することも可能で、これを退治認知といいます。

養育費の問題は切実なものですので、できるだけ早めに対策を行うことが重要です。

未婚で子供を産んでも養育費はもらえます

男性が養育費を支払わない、というケースも、よくありますよね。

しかし、だからといって泣き寝入りをする必要はありません。

親は子供に対して、生活保持の義務があるのをご存じでしょうか。

生活保持義務とは、たとえ離れて暮らしていても、お互いに同じレベルの生活を確保する扶養義務のことをいいます。

親権者になるかならないか、また離婚後の面会を認めるかどうかに関係なく、親である以上養育費は支払わなければなりません。

裁判所も、両親は親権の有無にかかわらず、子供の養育費を負担しなければならないと判例で示しています。

男性側が養育費を払わない、と言っても、それは受け付けられないことをはっきりと態度で示すことが大切です。

離婚ではなく未婚で子供を産んだとしても同じことが言えるわけで、養育費はきちんと払ってもらうようにしましょう。

養育費とはどのようなものなのでしょうか

離婚した場合、あるいは未婚で子供を産んだ場合などは、親権の有無に関係なく、親は子供の養育費を支払う義務があります。

この場合、負担の割合は父母それぞれの資産、職業、収入などの事情を考慮して決めることになります。

大切なことは、離婚する際に養育費に関して金額や支払い方法などをしっかりと話し合って決めておくということです。

もし養育費をめぐって協議がまとまらない場合には、家庭裁判所へ調停を申し立てるようにしましょう。

子供が何歳まで養育費を払うかについてはお互いの合意によって決まることになりますが、一般的には高校卒業もしくは18歳まで、成人するまで、大学卒業もしくは22歳まで、の大きく3つのパターンがあります。

なお、2005年4月から、養育費が不払いの場合、家庭裁判所が制裁金を科すという制度が新たに導入されました。

未婚で生まれた子供の戸籍

子供は父と母がいてこそ生まれてくるものです。それには、必ずしも結婚していなければならない、というわけではありません。

特に現代社会においては、結婚する前に恋愛関係の延長で子供を出産するというケースも珍しくありません。

結婚していない状態で子供を産んだ場合、戸籍上は母親の名前は記載されますが、父親の名前は何も記載されず空白のままです。

たとえ母親が、父親はこの人だと主張しても、それだけでは父親の名前は空欄の状態なのです。

戸籍上、親子関係を明らかにするためには、父親である男性が自分の子供であることを認める「認知」をしなければなりません。

そのためには、男性が認知届を提出する必要があります。

認知ができるのは実の親子関係にある人に限られていて、実の親子関係にない人が法的に親子関係になる養子縁組とは異なります。

知っておきたい未婚で生まれた子供の養育費をもらうための手続き

認知の方法には、任意認知裁判認知の2つがあります。

任意認知とは、男性側が自分の子供であると認めて届け出をするものです。

一方裁判認知とは、男性側が調停や審判などを受けてもなお親子関係を認めない、すなわち認知してくれない場合に、裁判所が判決を下すというものであり、具体的にはDNA鑑定を行うことになります。

認知に必要な書類としては、市町村役場でもらえる認知届のほか、戸籍謄本、印鑑、子が成人の場合には子の同意書、子が胎児の場合には子の母親の同意書、また裁判認知の場合には判決の謄本などが必要です。

認知すると、父親の欄にその男性の名前が記載されることになります。

また、法律上子に相続の権利が発生し、父が亡くなった場合、父の遺産を相続することが可能です。

そして、扶養義務が発生することにより、父から養育費を受けることができるようになるのです。

未婚で産んだ子供の養育費を確実に払ってもらう方法

未婚で子供を産んだシングルマザーの場合、相手の男性に養育費を払ってもらうことができます。

しかし、男性も養育費を支払う約束はしたものの、しばらくすると支払わなくなる、というケースも少なくありません。

養育費が受け取れなくなると、収入の少ない母親としてはたちまち生活に困ってしまいますよね。

そのために覚えていてほしいのが、公正証書を作成して役所に提出するという方法です。

公正証書は行政書士に頼めば作ってもらえるもので、公正証書のなかで子供の養育費の支払いを約束させることができます。

ただし、男性が経済的に養育費を十分に支払うことができない場合などは、公正証書があったとしても養育費を受け取れないことがあります。

しかし、単なる口約束などではなくて法的に根拠のあるものですので、やはり作成しておくことをお勧めします。

関連記事はこちら

 - 経済

ページ
上部へ