Buisiness+Relationship

ビジリレ

最近の大学生は友達を入学前にSNSでつくる?このときに大事なこと

   

最近の大学生は友達を入学前にSNSでつくる?このときに大事なこと

これまでの大学生は授業やサークルを通して友達をつくるのが一般的でした。

しかし、SNSが普及したこともあり、最近は入学前にSNSを活用して友達をつくる人も増えてきているようです。

入学前にSNSを活用して友達をつくることはメリットがあるものです。一方、デメリットやリスクも……。

ここでは、大学生が入学前にSNSを活用して友達をつくる上で大事なことを紹介していきます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

結婚祝いのご祝儀の金額の相場とご祝儀袋の書き方


社会人になると結婚式に招待される機会も増えてくる...

居酒屋の店員にメアドを渡すのはアリ?関係を発展させるポイント


たまたま入った居酒屋で店員さんに一目ぼれしてしま...

バイトで年上が人気の理由とは?好きになった時の対処法と注意点


バイトは働く場というだけでなく、出会いの場でもあ...

大学の飲み会が苦手な人に!誘いの上手な断り方や乗り切り方


大学生はお酒を飲める年齢にもなるため、ゼミやサー...

アラフォー男性の婚活が失敗しやすい理由とうまく相手を見つける方法


結婚年齢が上がっている昨今、アラフォーでも独身と...

大学生の就職におすすめの資格とは?文系の学生編


大学生がある資格を持っていると、就職活動において...

高校入試の合格発表が不安……不安を和らげる方法


高校の入試が終わると、ひとまず安心する人と合格発...

休日に一人ランチを満喫するには?そのための店選びと雰囲気の高め方


日頃のしがらみから解放される休日。こんな休日には...

仕事のミスで自己嫌悪……原因と気持ちの切り替え方


仕事のミスで自己嫌悪に陥ってしまうことはあるもの...

コンビニの深夜バイトは楽?仕事内容とメリット・デメリット


コンビニの深夜バイトというと、接客が少ないので楽...

面接で好印象を持ってもらうには笑顔!その作り方とトレーニング法


学校の受験や就活で必ずと言っていいほど行われるの...

大学の授業の成績で必要とすべきテストの点数と単位の関係


晴れて大学生となると、卒業するには所定の数の単位...

友達との会話が苦手……苦手な原因と克服するための方法


友達と会話をするのは楽しいものです。

モラハラ被害者の特徴と症状…その対策とは



最近、いろいろなハラスメントが話題に...

国民年金の未納は大問題!どうしても払えない場合は免除制度を利用しよう

国民年金の保険料、全ての国民が支払って成り立っている制度です...

スーパーでのバイトで恋が始まるきっかけ・アプローチの方法


最近、若い人に人気のバイトと言えばアパレル関係や...

適応障害での休職から復帰まで〜そのポイントと再発防止に必要なこと〜


ストレスが多い現代社会において、精神疾患で休職を...

就活中に企業から電話がかかってきた際の印象の良い受け方


就活中に、企業から次回面接の連絡などで電話がかか...

女性の給料が低い原因とは?女性の貧困問題と改善するための対策


今、女性のなかには働いているにもかかわらず給料が...

彼氏との結婚で年収が不安……お金と結婚生活の関係


これまで付き合ってきた彼氏とそろそろ結婚したいと...

スポンサーリンク


最近の大学生は入学前にSNSを使って友達をつくっている!

SNSが普及したことにより、最近の大学生は受験で合格してから入学までにSNSを活用して友達を増やしているようです。

たとえば、mixiには大学によっては新入生のコミュニティがあり、入学前にそこに入って友達を増やしている学生がいます。

コミュニティによっては、入学前に交流会などのイベントが開催されていて新入生同士の交流ができている大学もあります。

mixi以外にもFacebookなどのグループがある大学もあり、入学前に交流できる仕組みが整っているのです。

このように、最近はSNSを活用して入学前に交流し友達を増やしている大学生が増えてきています。

入学前に心配や不安になるのは友達のことではないでしょうか。そのような人には、入学前にSNSを活用して友達をつくっておくことは、心配や不安を和らげることができるというメリットがあります。

友達作りにも活用している最近の大学生のSNS利用状況

最近の大学生は友達作りにもSNSを活用していますが、どのようなSNSを使っているのでしょうか。

今流行っているSNSにはFacebook、Twitter、LINE、Instagramがありますが、あるアンケート結果によると、順位は次のようになっています。

第1位:LINE
第2位:Facebook
第3位:Twitter
第4位:Instagram

利用者が多いのはやはりLINEという結果になっています。その次はFacebookとなっており、同じ大学の新入生と交流がしやすい仕組みをもっているSNSの利用者が多いようですね。

ただ、Facebookの利用者は全体の半数ほどしかおらず、アカウントを持っていても使っていない人も多数います。Twitterも同じようにアカウントを持っているだけという人が多いようです。

大学生が入学前にSNSで友達をつくることのメリット・デメリット

最近の大学生は入学前にSNSを活用して友達をつくっているようですが、そのメリット・デメリットはなんでしょうか。

ここでは、そのメリット・デメリットを紹介します。

入学前にSNSを活用して友達をつくるメリット

入学前に安心できる

新たな環境で生活することに対して、人は心配や不安を感じてしまうものです。特に友達など人間関係については不安を感じてしまうでしょう。

しかし、事前にある程度の友達関係ができていれば、その不安も和らぐものです。

このように、入学前に友達を作っておくことで安心することができます。

なにか情報を仕入れることができる可能性がある

SNSで大学のコミュニティに参加しておくと、入学前に学校に関する情報を入手できるかもしれません。

情報通の人とつながっておくことで、大学情報を仕入れることができ、入学前の不安感を和らげられるかもしれません。

入学前にSNSを活用して友達をつくるデメリット

入学前に焦りを感じてしまう

新入生の中にはSNSが苦手という人もいるでしょう。そのような人はなるべくSNSを使いたくないものです。

しかし、同じ大学の新入生がSNS上でどんどんつながっているのを見ると、「自分もやったほうがいいのでは?」と不必要に焦りを感じだすかもしれません。

SNSで友達になった人の扱いに困る

入学前にSNS上で友達になっていたとしても、実際入学してみると全然付き合いがないという人もいるかもしれません。そのような人とはSNS上で友達になっておく必要はないでしょう。

入学前に友達になっても、入学後、このような人の扱いに困るかもしれません。

大学生がSNSで友達をつくる上で大事なプロフィールのポイント

大学生がSNSを活用して友達を上手に友達を作っていくために、ブロフィールに書く内容にもポイントがあります。

ここでは、そのポイントを3つ紹介しましょう。

ポイントその1:自己アピールしすぎない

SNSではあくまで同じ大学・学部でのゆるいつながりなので、あまり自己アピールしすぎないようにしましょう。今までの学歴や好きなアーティストなどにとどめておくようにしましょう。

あまりプロフィールで詳細に書きすぎると、逆にうざいと思われてしまうかもしれません。

詳細については、さらに関係が親密になったときに徐々に伝えていけばよいでしょう。

ポイントその2:SNS初心者であることを強調する

あまりSNSに詳しいことを全面に出すと、逆に敬遠されてしまう可能性があります。

そのため、少し詳しいにしても、できるだけプロフィールではSNSビギナーであることを強調するようにしましょう。

ポイントその3:謙虚な姿勢で書く

SNSでフォローされた人にはできるだけお礼の挨拶をするようにしましょう。

逆にこちらから先にフォローする場合もあります。そのときにできれば挨拶がてらメッセージをしておきたいものですが、たくさんいると全員にはできないかもしれません。

そのため、プロフィールには「無言フォロー失礼します」と一言書いておくとよいでしょう。

大学生が入学前にSNSで無理して友達をつくる必要はない

大学生が友達をつくる上でSNSはとても便利なものです。

一方、SNSでは実際の人物が見えないため、その人がどんな人なのかはプロフィールなどを見て印象をつかむしかありません。

ただ、SNS上では危ない人や他人になりすましている人などがいます。このような人はプロフィールも詐称していることが多いのでだまされてしまう可能性もあります。

だから、SNSを活用して友達を増やす場合には、このようなリスクがあることを認識しておきましょう。

入学前にSNS上で友達を無理につくる必要はありません。友達は入学後にもできます。オリエンテーションなど友達をつくれる場もあります。SNSに対してリスクを感じているようであれば、ちょっと控えたほうがいいかもしれません。

SNS上ではその人物の実際の人物像がつかみにくいものです。実際に出会ったあとにSNS上でつながるという選択肢もあります。

入学前にどうしても友達をつくっておきたい人はSNSを活用してもいいかもしれませんが、そうでなければあまり無理はしないようにしましょう。

関連記事はこちら

 - コミュニケーション

ページ
上部へ