Buisiness+Relationship

ビジリレ

最近の大学生は友達を入学前にSNSでつくる?このときに大事なこと

   

最近の大学生は友達を入学前にSNSでつくる?このときに大事なこと

これまでの大学生は授業やサークルを通して友達をつくるのが一般的でした。

しかし、SNSが普及したこともあり、最近は入学前にSNSを活用して友達をつくる人も増えてきているようです。

入学前にSNSを活用して友達をつくることはメリットがあるものです。一方、デメリットやリスクも……。

ここでは、大学生が入学前にSNSを活用して友達をつくる上で大事なことを紹介していきます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

正社員で退職するのはもったいない!?退職前の注意点とその理由


正社員として働いている人のなかには、今の会社を退...

大学でぼっちの人は就職に不利?その理由と不利にしない対処法


大学でぼっちの人は、就職活動で不利になりやすいと...

バイトで初めて接客する人へ!不安を解消する上で知っておきたいこと


初めてバイトをする際に、コンビニやレストランなど...

ご近所トラブルに発展させないための騒音に対する苦情の伝え方


一戸建て、集合住宅に関わらず、ご近所のトラブルは...

彼女に友達がいない……友達がいない女性の注意点


女性のなかには友達がいないという人もいます。この...

仕事できない人とバイト先で思われる人の特徴と思われないための方法


バイトをしていると、仕事できない人と思われる人が...

彼女とのデートで何するのか悩んでしまわないためのデートプラン


彼女とのデートプランを立てるのはドキドキわくわく...

将来が不安……お金に対する考え方と将来を見据えた生活


経済は上向きになっていると言われる一方、自分の給...

大人数でバーベキューをする時のお肉の値段・量と選び方


野外で家族や友人たちとバーベキューをするのは楽し...

新学期につきもののクラス替えに対する不安を解消する方法


新学期が近づくと、新しい出会いや新しいことにワク...

友達の結婚式に呼ばれないのはなぜ?考えられる理由とは


仲がいい友達が結婚することになり、結婚式に必ず呼...

女性が思う男性の身長の理想とは?理想の身長とその理由


身長が高い男性は見た目がかっこいいものです。女性...

趣味がゲームの女性はどう思われる?ゲームで男性から印象アップするコツ


最近はテレビだけではなく、スマホなどでもゲームが...

大学生が感じる将来への不安をプラスにするための考え方


将来への不安を感じている大学生は増えているそうで...

後輩の彼女とデート!スマートな誘い方と好感度アップのコツ


同じ職場にいる後輩の女の子が気になることはありま...

大学の試験勉強へのやる気が出ないときに試してほしい方法


大学では定期的に試験が行われます。しかし、試験前...

大学生で友達が少ないのは影響ある?人生を考えた友達のつくり方


最近の大学生は、昔に比べ友達が少ない傾向にあるそ...

彼女が元彼と友達だったら…それぞれの本音・対処法


彼女が元彼と友達として関係が続いていたとしたらど...

学校生活を充実させるために必要な友達の作り方


新しい学年になるとワクワク感と緊張が入り混じった...

仕事と家庭の両立は無理?女性の理想と現状


女性の社会進出が目立つようになり、一日中働く女性...

スポンサーリンク


最近の大学生は入学前にSNSを使って友達をつくっている!

SNSが普及したことにより、最近の大学生は受験で合格してから入学までにSNSを活用して友達を増やしているようです。

たとえば、mixiには大学によっては新入生のコミュニティがあり、入学前にそこに入って友達を増やしている学生がいます。

コミュニティによっては、入学前に交流会などのイベントが開催されていて新入生同士の交流ができている大学もあります。

mixi以外にもFacebookなどのグループがある大学もあり、入学前に交流できる仕組みが整っているのです。

このように、最近はSNSを活用して入学前に交流し友達を増やしている大学生が増えてきています。

入学前に心配や不安になるのは友達のことではないでしょうか。そのような人には、入学前にSNSを活用して友達をつくっておくことは、心配や不安を和らげることができるというメリットがあります。

友達作りにも活用している最近の大学生のSNS利用状況

最近の大学生は友達作りにもSNSを活用していますが、どのようなSNSを使っているのでしょうか。

今流行っているSNSにはFacebook、Twitter、LINE、Instagramがありますが、あるアンケート結果によると、順位は次のようになっています。

第1位:LINE
第2位:Facebook
第3位:Twitter
第4位:Instagram

利用者が多いのはやはりLINEという結果になっています。その次はFacebookとなっており、同じ大学の新入生と交流がしやすい仕組みをもっているSNSの利用者が多いようですね。

ただ、Facebookの利用者は全体の半数ほどしかおらず、アカウントを持っていても使っていない人も多数います。Twitterも同じようにアカウントを持っているだけという人が多いようです。

大学生が入学前にSNSで友達をつくることのメリット・デメリット

最近の大学生は入学前にSNSを活用して友達をつくっているようですが、そのメリット・デメリットはなんでしょうか。

ここでは、そのメリット・デメリットを紹介します。

入学前にSNSを活用して友達をつくるメリット

入学前に安心できる

新たな環境で生活することに対して、人は心配や不安を感じてしまうものです。特に友達など人間関係については不安を感じてしまうでしょう。

しかし、事前にある程度の友達関係ができていれば、その不安も和らぐものです。

このように、入学前に友達を作っておくことで安心することができます。

なにか情報を仕入れることができる可能性がある

SNSで大学のコミュニティに参加しておくと、入学前に学校に関する情報を入手できるかもしれません。

情報通の人とつながっておくことで、大学情報を仕入れることができ、入学前の不安感を和らげられるかもしれません。

入学前にSNSを活用して友達をつくるデメリット

入学前に焦りを感じてしまう

新入生の中にはSNSが苦手という人もいるでしょう。そのような人はなるべくSNSを使いたくないものです。

しかし、同じ大学の新入生がSNS上でどんどんつながっているのを見ると、「自分もやったほうがいいのでは?」と不必要に焦りを感じだすかもしれません。

SNSで友達になった人の扱いに困る

入学前にSNS上で友達になっていたとしても、実際入学してみると全然付き合いがないという人もいるかもしれません。そのような人とはSNS上で友達になっておく必要はないでしょう。

入学前に友達になっても、入学後、このような人の扱いに困るかもしれません。

大学生がSNSで友達をつくる上で大事なプロフィールのポイント

大学生がSNSを活用して友達を上手に友達を作っていくために、ブロフィールに書く内容にもポイントがあります。

ここでは、そのポイントを3つ紹介しましょう。

ポイントその1:自己アピールしすぎない

SNSではあくまで同じ大学・学部でのゆるいつながりなので、あまり自己アピールしすぎないようにしましょう。今までの学歴や好きなアーティストなどにとどめておくようにしましょう。

あまりプロフィールで詳細に書きすぎると、逆にうざいと思われてしまうかもしれません。

詳細については、さらに関係が親密になったときに徐々に伝えていけばよいでしょう。

ポイントその2:SNS初心者であることを強調する

あまりSNSに詳しいことを全面に出すと、逆に敬遠されてしまう可能性があります。

そのため、少し詳しいにしても、できるだけプロフィールではSNSビギナーであることを強調するようにしましょう。

ポイントその3:謙虚な姿勢で書く

SNSでフォローされた人にはできるだけお礼の挨拶をするようにしましょう。

逆にこちらから先にフォローする場合もあります。そのときにできれば挨拶がてらメッセージをしておきたいものですが、たくさんいると全員にはできないかもしれません。

そのため、プロフィールには「無言フォロー失礼します」と一言書いておくとよいでしょう。

大学生が入学前にSNSで無理して友達をつくる必要はない

大学生が友達をつくる上でSNSはとても便利なものです。

一方、SNSでは実際の人物が見えないため、その人がどんな人なのかはプロフィールなどを見て印象をつかむしかありません。

ただ、SNS上では危ない人や他人になりすましている人などがいます。このような人はプロフィールも詐称していることが多いのでだまされてしまう可能性もあります。

だから、SNSを活用して友達を増やす場合には、このようなリスクがあることを認識しておきましょう。

入学前にSNS上で友達を無理につくる必要はありません。友達は入学後にもできます。オリエンテーションなど友達をつくれる場もあります。SNSに対してリスクを感じているようであれば、ちょっと控えたほうがいいかもしれません。

SNS上ではその人物の実際の人物像がつかみにくいものです。実際に出会ったあとにSNS上でつながるという選択肢もあります。

入学前にどうしても友達をつくっておきたい人はSNSを活用してもいいかもしれませんが、そうでなければあまり無理はしないようにしましょう。

関連記事はこちら

 - コミュニケーション

ページ
上部へ