Buisiness+Relationship

ビジリレ

仕事に対する能力がない…と感じたときの考え方とやるべきこと

   

仕事に対する能力がない…と感じたときの考え方とやるべきこと

今の仕事をしていて、自分には能力がないと感じることはないでしょうか。
でも、本当に能力がないのでしょうか。

人にはそれぞれ違った能力があり、たまたまその能力を活かしきれていないだけかもしれません。

ここでは、仕事に対する能力がないと感じたときの考え方や、足りない能力を補うことにやるべきことなどを紹介していきます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

ただより怖いものはない!LINE運営会社の儲けの謎!

皆さんも利用されておられると思いますが、無料の通信アプリ「L...

コンビニの面接で気をつけたい服装や応対のポイント!

現在の生活に不可欠になったコンビニ。その身近なコンビニでバイ...

病院のクラークの「仕事内容」と「給料水準」と「やりがい」

最近、病院で看護師さんではない、制服を着ているが事務員さんで...

大学受験につきものの不安を解消する方法と考え方


大学受験において受験生のほとんどが不安を感じるも...

アラフォー世代が人付き合いに感じる苦手意識を解消する方法


アラフォー世代になると管理職に就く人も多くなるで...

中学の部活で土日も休みがない問題の原因とその対策


今や大卒で入社後1年以内に辞める率がワースト1位...

休日の過ごし方次第でお金は節約できる!


せっかくの休日、有意義に過ごしたいものです。買い...

受験時の面接を乗り切る会話術!上手な「短所」の伝え方



1発勝負の受験の面接。
<...

遠距離恋愛から結婚が決まった時に考える退職のこと

遠距離恋愛とは、遠く離れた地域にいながらもお互いがお互いのこ...

友達の可愛い彼女が羨ましい…理由・好きになった時の対処法


友達に可愛い彼女を紹介されて羨ましいと感じたこと...

遠距離の彼女との結婚事情!プロポーズのタイミングと注意点



彼女との遠距離恋愛が長くなると、訪れ...

派遣社員として登録する際に行われる試験と試験以外の注意点


派遣社員として登録する際には試験が行われます。<...

会社に対して給料の未払い分を請求する方法とその際の注意点


この不景気により、給料が支払えないという会社もな...

20代のカップルが結婚費用として貯金するのに必要な額とコツ


結婚式にはかなりの費用がかかるものです。

子供二人を育てるのに必要な費用とその捻出方法


日本は少子高齢化が進んでいます。

ネットを利用した友達の作り方と注意したいこと


一昔前と違ってスマートフォンが普及した現在では、...

年始における職場での挨拶のマナーについて、知っておきたいこと


職場の内外にとらわれず。人との関わり合いについて...

毎月貯金したい夫婦にオススメしたいお金を貯めるコツ


結婚生活において、様々なイベントが発生するもので...

うつ病での休職に必要な診断書の書き方において症状の伝え方が重要


最近、うつ病になる人が増加しています。仕事量の増...

看護学生の実習内容とは?実情と本音や抱える悩み


看護学生の実習内容ってどんなものかと聞かれたら、...

スポンサーリンク


役職に就く会社員がないとまずいと思う仕事に必要な能力

仕事に必要な能力としてどのようなものがあるのでしょうか。

まずは、30代〜40代の係長以上の役職に就く会社員に聞いたアンケートをもとに、どのような能力が必要とされているのかを見ていきましょう。

このアンケートは「部下に対してこの能力は持っておいてほしい」と思われる能力について聞いたものです。そのアンケートによると上位5位は次のような結果となっています。

  • 自ら進んで仕事に取り組む力
  • 目標を自ら設定して行動する力
  • 現状分析をしそこから課題や目標を明らかにする力
  • 相手の意見をしっかり聞く力
  • 会社のルールや人との約束をしっかり守る力

やはり仕事をする上で受け身にならず、自ら問題点や課題を見つけて進んで仕事をしていく能力が求められているようです。

また、管理職になると部下の意見などもしっかりと聞く必要があります。そのため、これから管理職になるだろう部下にも相手の意見をしっかりと聞く力を求めているのでしょう。

仕事に対する能力がないと思ったときの考え方

仕事に対する能力がないと思ったときに、それは本当なのかと考えることは必要です。もしかすると、自分の能力以外のことが関係している場合があるからです。

会社での仕事はチームプレーです。決して、自分ひとりで完結するものではありません。上司などの他の社員や社外の人との連携が必要となります。

仕事がうまくいっていないのは、もしかしたらその連携がうまくいっていないからかもしれません。仕事相手の誤解や思い込みにより、連携がうまくいっていない可能性もあるのです。

このように、仕事がうまくいっていないからといって、自分の能力だけに原因があると考えるのではなく、他にも原因がないか考えることが大事です。

また、自分の仕事に対してクレームを言ってくるお客さんなどもいるでしょう。

しかし、クレームもときによっては常識から大きく外れている場合もあるものです。そういうクレームに対して、すべてを自分の能力のせいにする必要はありません。

このような人に対しては、「こういう人もいるのだ」という程度に思っておくほうがいいかもしれません。

仕事の能力が足りないと思われる人の特徴

仕事の能力が足りないと思われる人には、仕事をなかなか覚えられない人が多いようです。

そのような人はなぜ仕事を覚えられないのでしょうか。ここでは、そのような人がなぜ仕事を覚えられないのか紹介していきます。

仕事を覚える方法がわかっていない

仕事を覚えられない人の特徴としては、覚える方法を知らないということがあります。

初めてやる仕事は一回ではなかなか覚えられないものです。それを覚えるためには、教えてもらったことをメモしておき繰り返し確認したり、わからないことは分かるまで質問してクリアにしていったりする必要があります。

しかし、覚える方法を知らない人はこのようなことができないのです。

教えてもらっても聞いているだけではなかなか覚えられないものです。それを覚えるために自分なりの方法を持っておく必要があるでしょう。

その仕事を覚えるチャンスを作っていない

上司やチームリーダーがこの仕事を覚えてほしいと思っていても、実際にその仕事をこなす回数が少なければなかなか覚えられないです。一回やっただけで仕事を覚えられることはほとんどありません。

仕事を覚えられない人の特徴としては、その仕事をこなす回数が少ないということがあります。

仕事は覚えられるまで繰り返し行うことが大事です。その仕事を覚えるまでは、積極的にその仕事に取り組んでみることが必要でしょう。

仕事に対する能力が足りないと感じたときにやるべきこと

自分には仕事の能力が足りないと感じるようであれば、能力を高める努力をしたり、その能力を補うために別の方法を考えたりする必要があります。

ここでは、そのような人がすべきことについて紹介します。

仕事に必要な能力を身に付けるため勉強する

仕事に必要なある能力が足りないと感じているのであれば、まずはその能力を高めるために勉強することが大事でしょう。

勉強していれば、現時点では能力不足だとしても、今後必ず追いつくことができるでしょう。

仕事のやり方を工夫する

自分の仕事の能力が足りないと思っても、使う道具や手順を工夫することで足りない分を補える場合があります。

今は道具も便利なものが増えてきているので、それらを使うことで能力不足を補えるものです。

自分の能力が足りないと諦めてしまうのではなく、なんとか仕事を終わらせる方法を考えてみることが大事です。

周りの人を頼る

自分の仕事の能力が足りないのであれば、能力が高い人の手を借りるというのも一つの手です。

上司や同僚などと普段からこまめにコミュニケーションをとって関係を築いておけば、いざというときに相談に乗ってくれ、協力もしてもらえるものです。

「人を頼る」というと自分が仕事で楽をしているような感じにも見えますが、仕事は会社全体でパフォーマンスを上げていくものです。

もし、自分ではどうしても仕事がこなしきれないのであれば、能力が高い人の手を借りてパフォーマンスを上げることも重要なことです。その代わりに自分が得意なことは引き受ければ、組織としてはなんの問題もないでしょう。

仕事のできるできないに能力がすべて関係しているわけではない

そもそも仕事ができるできないということにすべて能力が関係しているのでしょうか。

仕事で大事なのはコミュニケーションです。もしかしたら能力はあるのに、コミュニケーションがうまくいっていないばかりに仕事ができていない可能性もあります。

「何度も教えても覚えてくれない」ことを仕事の能力がないと考える人もいますが、もしかしたら教える側の教え方が下手なだけかもしれません。教えている内容がうまく伝わっていない可能性もあるのです。

一方、仕事のできるできないに能力が関係するのは時間でしょう。段取り力がなく、やり方はわかっているものの、仕事を完了するのに時間がかかってしまう人です。このような人は能力が仕事の出来・不出来に関係していると言えるかもしれません。

このように、仕事ができるできないは一概に能力が関係していない場合もあります。仕事ができないと思ったときに、どこに原因があるのかしっかりと見極める必要があるでしょう。

関連記事はこちら

 - 仕事・ビジネス

ページ
上部へ