Buisiness+Relationship

ビジリレ

退職後に必要な国保への切り替え手続き方法と注意点

   

退職後に必要な国保への切り替え手続き方法と注意点

会社を退職すると、そのあとに健康保険を切り替える必要があります。

切り替え方にはいくつかのパターンがありますが、そのなかの一つが国保への切り替えです。

では、実際に社会保険から国保へ切り替えるためにはどのような手続きが必要なのでしょうか。

ここでは、会社を退職後に必要な健康保険の切り替えパターンを紹介するとともに、国保への切り替え手続きを中心に紹介していきます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

結婚祝いのご祝儀の金額の相場とご祝儀袋の書き方


社会人になると結婚式に招待される機会も増えてくる...

居酒屋の店員にメアドを渡すのはアリ?関係を発展させるポイント


たまたま入った居酒屋で店員さんに一目ぼれしてしま...

バイトで年上が人気の理由とは?好きになった時の対処法と注意点


バイトは働く場というだけでなく、出会いの場でもあ...

大学の飲み会が苦手な人に!誘いの上手な断り方や乗り切り方


大学生はお酒を飲める年齢にもなるため、ゼミやサー...

アラフォー男性の婚活が失敗しやすい理由とうまく相手を見つける方法


結婚年齢が上がっている昨今、アラフォーでも独身と...

大学生の就職におすすめの資格とは?文系の学生編


大学生がある資格を持っていると、就職活動において...

高校入試の合格発表が不安……不安を和らげる方法


高校の入試が終わると、ひとまず安心する人と合格発...

休日に一人ランチを満喫するには?そのための店選びと雰囲気の高め方


日頃のしがらみから解放される休日。こんな休日には...

仕事のミスで自己嫌悪……原因と気持ちの切り替え方


仕事のミスで自己嫌悪に陥ってしまうことはあるもの...

コンビニの深夜バイトは楽?仕事内容とメリット・デメリット


コンビニの深夜バイトというと、接客が少ないので楽...

面接で好印象を持ってもらうには笑顔!その作り方とトレーニング法


学校の受験や就活で必ずと言っていいほど行われるの...

大学の授業の成績で必要とすべきテストの点数と単位の関係


晴れて大学生となると、卒業するには所定の数の単位...

友達との会話が苦手……苦手な原因と克服するための方法


友達と会話をするのは楽しいものです。

モラハラ被害者の特徴と症状…その対策とは



最近、いろいろなハラスメントが話題に...

国民年金の未納は大問題!どうしても払えない場合は免除制度を利用しよう

国民年金の保険料、全ての国民が支払って成り立っている制度です...

スーパーでのバイトで恋が始まるきっかけ・アプローチの方法


最近、若い人に人気のバイトと言えばアパレル関係や...

適応障害での休職から復帰まで〜そのポイントと再発防止に必要なこと〜


ストレスが多い現代社会において、精神疾患で休職を...

就活中に企業から電話がかかってきた際の印象の良い受け方


就活中に、企業から次回面接の連絡などで電話がかか...

女性の給料が低い原因とは?女性の貧困問題と改善するための対策


今、女性のなかには働いているにもかかわらず給料が...

彼氏との結婚で年収が不安……お金と結婚生活の関係


これまで付き合ってきた彼氏とそろそろ結婚したいと...

スポンサーリンク


会社を退職した際に必要な健康保険の切り替えパターン

会社を退社した後、健康保険を切り替える必要があります。パターンとしては次の3つがあります。

  1. 会社の健康保険を任意継続にする
  2. 家族が加入する健康保険の被扶養者になる
  3. 国民健康保険に切り替える

1のパターンは、退職後に新たな転職先を探している場合や家族が加入している健康保険の被扶養者になれなかった場合などが考えられます。

この場合、国民健康保険に切り替えることも考えられますが、会社の健康保険を任意継続にしたほうが保険料が安くなることが多く、この方法を選んでいる人も多いようです。

任意継続にする場合は、勤務先の会社が手続きを代行してくれるところもありますので、退職前に確認しておくとよいでしょう。

2のパターンでは、決められた条件があるため、自分がそれに該当するのかきちんと確認しておきましょう。

3のパターンについてはこれから紹介していきます。

退職後、国保に切り替えの際に知っておきたいこと

会社を退職後に健康保険を切り替える対象の一つに国民健康保険(のち国保)があります。

もし、会社の健康保険を任意継続にしたくない、家族の健康保険の被扶養者になれない場合は、この国保に切り替える必要があります。

国保に切り替えるためには、社会保険の喪失日(退職日の翌日)以降に住んでいる市区町村の役場で手続きをします。手続きには「身分証明書」と「印鑑」、「退職日が確認できる書類」が必要となります。

退職日が確認できる書類には、「社会保険の資格喪失証明書」もしくは「雇用保険の離職票」などがあります。

ただ、これらの書類を必要としない市区町村もあるため、手続き前に役場に確認しておきましょう。

もし、手続きを忘れていたとしても、国民健康保険の資格取得日は事由発生日(この場合、退職日の翌日)となるため、国民健康保険に切り替わっていることになります。

この場合、手続きをした時点で事由発生日まで遡って保険料が請求されることになります。

退職後の国保への切り替え時に必要な手続きについて

先ほど紹介した国民健康保険への切り替え手続きについて、もう少し詳しく紹介します。

会社を退社した際に退社した翌日には社会保険の健康保険の資格を失います。そのため、健康保険を他のものに切り替える必要が出てきます。

そのなかの一つとして国民健康保険がありますが、もし退社した翌日に別の会社に就職し、社会保険資格を取得するのであれば国民健康保険に切り替える必要はありません。

次の就職先が決まっていないなどで社会保険に1日でも加入していない日があれば、国民健康保険に切り替える必要があります。

国民健康保険は市区町村が運営しているため、住んでいる市区町村の役場で手続きすることになります。

手続きは退職した日の翌日から14日以内に行う必要があります。手続きには、離職票などの退職したことがわかる書類が必要です。

また、国民健康保険加入後、新しい会社に就職して社会保険の資格を取得した場合には、国民健康保険脱退の手続きを行う必要があります。

この際には、国民健康保険証に加え、新たに加入した社会保険の健康保険証もしくは社会保険の資格取得証明書が必要となります。

退職後、国保へ切り替えの際における注意点

会社退職後に国民健康保険に切り替える際に手続きが必要なことは紹介してきましたが、注意点がいくつかあります。ここでは、その注意点を紹介します。

退職日によっては保険料が多く徴収される

退職した場合、その退職日の翌日が社会保険の資格喪失となります。したがって、月末に退社した場合は翌月の1日が資格喪失日となります。

ここで注意してもらいたいのは社会保険料の徴収対象となる期間です。社会保険料は被保険者の資格喪失日の前月までが徴収の対象となります。

そのため、3月31日に退職した場合は喪失日が4月1日ということになり、社会保険料は前月の3月分まで徴収されてしまいます。

もし、3月30日に退職した場合は喪失日が3月31日となり、社会保険料は前月の2月までしか徴収されないことになります。

このように、退職日によって保険料を徴収される期間が異なるため注意しましょう。

保険証を返却しなければいけない

退職の際には、会社で加入していた健康保険の保険証を返却する必要があります。

また、被扶養家族の保険証についても返却しなければいけませんので、この点に注意しましょう。

国保か任意継続にするかで保険料が変わってくる理由

ここまで、退職後に国民健康保険に切り替える際の手続きや注意点を紹介してきました。

しかし、なかには国民健康保険ではなく、退職した会社の健康保険を任意継続する人もいます。それは保険料が安く済むからとも言われています。

その違いが生まれるのは、任意継続と国民健康保険の保険料の算出方法が異なるからです。

任意継続の算出方法

任意継続の場合、大まかにいうと、退職時に給与天引きされていた健康保険料の2倍くらいが任意継続の保険料となると考えてもらえばいいでしょう。

それは会社員のときには保険料の半分を会社が負担していたからです。退職後はその分も自分で負担することになるため、2倍の保険料となるのです。

ただ、任意継続の保険料には上限があります。上限は具体的には28万円×保険料率となっています。

保険料率は都道府県によって変わってきますが、だいたい10%前後のため、2万8000円くらいが上限と考えていいでしょう。

40歳を過ぎると介護保険料が加算されるため、この2万9000円〜3万2500円くらいが毎月の保険料になります。

国民健康保険の算出方法

国民健康保険料は次の保険料から算出されます。ほとんどの自治体では所得割と均等割のみ採用しています。

  • 所得割-前年の所得をベースに算出する方法
  • 均等割-世帯ごとの加入数をベースに算出する方法
  • 平等割-1世帯ごとに算出する方法
  • 資産割-保有する資産をベースに算出する方法

算出方法は自治体によって異なるため、実際の金額については自治体に問い合わせましょう。

関連記事はこちら

 - 退職

ページ
上部へ