Buisiness+Relationship

ビジリレ

大学での飲み会を苦手と感じるときの対処法

   

大学での飲み会を苦手と感じるときの対処法

大学は勉強だけではなく、いろんな付き合いがあるところです。

同じ学部の友達だけではなく、サークルなどでの付き合いもあります。

そんな付き合いのなかで行われるのが飲み会です。

しかし、なかには飲み会自体が嫌いだっだり、お酒が苦手だったりする人も多いものです。

このような人は誘われたとき悩んでしまうものでしょう。

ここでは苦手な飲み会に誘われたときの断り方、参加する場合の対処法などを紹介していきます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

ただより怖いものはない!LINE運営会社の儲けの謎!

皆さんも利用されておられると思いますが、無料の通信アプリ「L...

コンビニの面接で気をつけたい服装や応対のポイント!

現在の生活に不可欠になったコンビニ。その身近なコンビニでバイ...

病院のクラークの「仕事内容」と「給料水準」と「やりがい」

最近、病院で看護師さんではない、制服を着ているが事務員さんで...

大学受験につきものの不安を解消する方法と考え方


大学受験において受験生のほとんどが不安を感じるも...

アラフォー世代が人付き合いに感じる苦手意識を解消する方法


アラフォー世代になると管理職に就く人も多くなるで...

中学の部活で土日も休みがない問題の原因とその対策


今や大卒で入社後1年以内に辞める率がワースト1位...

休日の過ごし方次第でお金は節約できる!


せっかくの休日、有意義に過ごしたいものです。買い...

受験時の面接を乗り切る会話術!上手な「短所」の伝え方



1発勝負の受験の面接。
<...

遠距離恋愛から結婚が決まった時に考える退職のこと

遠距離恋愛とは、遠く離れた地域にいながらもお互いがお互いのこ...

友達の可愛い彼女が羨ましい…理由・好きになった時の対処法


友達に可愛い彼女を紹介されて羨ましいと感じたこと...

遠距離の彼女との結婚事情!プロポーズのタイミングと注意点



彼女との遠距離恋愛が長くなると、訪れ...

派遣社員として登録する際に行われる試験と試験以外の注意点


派遣社員として登録する際には試験が行われます。<...

会社に対して給料の未払い分を請求する方法とその際の注意点


この不景気により、給料が支払えないという会社もな...

20代のカップルが結婚費用として貯金するのに必要な額とコツ


結婚式にはかなりの費用がかかるものです。

子供二人を育てるのに必要な費用とその捻出方法


日本は少子高齢化が進んでいます。

ネットを利用した友達の作り方と注意したいこと


一昔前と違ってスマートフォンが普及した現在では、...

年始における職場での挨拶のマナーについて、知っておきたいこと


職場の内外にとらわれず。人との関わり合いについて...

毎月貯金したい夫婦にオススメしたいお金を貯めるコツ


結婚生活において、様々なイベントが発生するもので...

うつ病での休職に必要な診断書の書き方において症状の伝え方が重要


最近、うつ病になる人が増加しています。仕事量の増...

看護学生の実習内容とは?実情と本音や抱える悩み


看護学生の実習内容ってどんなものかと聞かれたら、...

スポンサーリンク


大学生などの若者が飲み会に対して苦手意識を持つ理由

なぜ、最近の大学生などの若者は飲み会に苦手意識を持っているのでしょうか。

そもそも、昔にも大学のサークルなどでの飲み会は行われていたはずです。しかし、昔に比べて飲み会に苦手意識を持っている若者が増えているような気がします。

それは、昔は苦手だと思っても声高々に言えない雰囲気があったからでしょう。飲み会がコミュニケーションの一環として強く意識されていたこともあり、苦手でも参加しなければいけなかったのかもしれません。

しかし、現代はネットが普及し、若者が飲み会が苦手・嫌いということを言える風潮になってきました。そうしたこともあり、昔と比べて最近の若者のお酒離れや飲み会嫌いが加速したように見えるのでしょう。

ただ、仲良しの友達と飲みに行く若者もたくさん見受けられます。単にお酒が苦手だったり飲みに行くことが嫌いだったりするわけではなく、一緒に飲む仲間も関係しているのかもしれません。

大学生は苦手意識がある飲み会に無理に参加する必要があるのか?

そもそも苦手意識がある飲み会に無理してでも参加するべきなのでしょうか。

たとえば、月1ペースで飲み会が開催されるサークルに所属した場合などです。それには毎回参加すべきなのでしょうか。

それは、無理に参加しなくて良いでしょう。サークルの先輩の引退祝いなどの飲み会には参加するべきですが、それ以外には参加しなくてもよいです。

これで付き合いが悪いと感じるメンバーもいるでしょうが、それは人それぞれです。どう思われようが、その人の感じ方なので放っておけばよいでしょう。無理にそのような人達に合わせる必要はありません。

しばらく参加しないでいると、「この人は飲み会が苦手なんだな」と思われ、誘われなくなります。

先輩などお世話になった人に対する飲み会など、自分が重要と思う飲み会にだけ参加すればよいでしょう。

大学生が誘われた飲み会に参加したくないときの上手な断り方

飲み会に誘われたものの参加したくない場合は断る必要があります。そのとき、上手に断らないと断りきれない可能性もあるものです。

そこでここでは、飲み会に参加したくない場合の上手な断り方を紹介します。

まず、言ってはいけない断り方があります。それは「明日朝から用事があって」という断り方です。これはたとえ実際に用事があったとしても、あまりおすすめできる断り方ではありません。

なぜなら、ノリが軽い先輩などだと「遅くならない程度だったら飲めるよね?」や「じゃ、徹夜で」ということで、飲み会に連れていかれる可能性があるからです。

また、「今月お金がなくて」という断り方も避けたほうがよいでしょう。もし誘った人が先輩であれば、「奢ってあげるから」ということで行くしかなくなります。

おすすめの断り方は、体調が悪いことを理由にするものです。仮病だとしても、相手にはわかりませんから断りやすいでしょう。

また、バイトや先約があることを理由にするのもよいでしょう。ただ、この場合、行ける日を聞かれるかもしれませんので、使う際には注意しましょう。

大学生が苦手な飲み会に参加しなければいけない場合の対処法

苦手意識がある飲み会を断りきれず、どうしても参加しなければいけない場合もあるものです。

そして、飲み会に苦手意識がある人はお酒も苦手という人も多いものです。

このような人は飲み会に参加したときにあることが気になるのではないでしょうか。それは「お酒を飲むとすぐに眠くなる」ことと「全然お酒が飲めない」ことです。

このような人は飲み会でどのように対処すればよいのでしょうか。ここでは、そのような人が飲み会を楽しむための対処方法について紹介します。

お酒を飲むとすぐに眠くなる人

人間にはそれぞれ体質があり、お酒が弱い人も多いものです。一口お酒を飲んだだけで顔が真っ赤になってしまう人もいます。なかには、そのまますぐに眠ってしまう人もいるものです。

このような人は飲み会でどのように対処すればよいのでしょうか。

まず、お酒を口にしないことが大事ですが、飲んでしまい眠くなってしまった場合は寝てしまうことです。

先輩の前で寝てしまうのは失礼かもしれませんが、話をしていてウトウトしているよりはしっかり寝ていた方がよいでしょう。

お酒を全然飲めない人

すぐ眠くなる人同様、お酒を全く飲めず、飲んだ途端に潰れてしまうような人もいます。また、飲まなかったら、周りがそういうことをわかっていたとしても、周りを不愉快にしているようで嫌な感じがします。

そうならないためには、飲み会の幹事のお手伝いをしましょう。飲み会の世話役をかってでるのです。

幹事は人数の把握から集金、店の予約・交渉、進行などいろいろと大変です。ゆっくりと座っている時間がありません。

そんな幹事のお手伝いをするだけでも幹事はうれしいものです。集金、お酒や料理の注文などを積極的に手伝うとよいでしょう。

大学の飲み会で嫌なことに対する対処法

大学のサークルの飲み会でよくあるのが「コール」ではないでしょうか。お酒を飲むピッチをあげるための掛け声です。

飲み会が嫌いな人はこのコールが嫌な人が多いでしょう。しかし、この「コール」が常態化しているサークルでは避けることが難しいものです。自分が巻き込まれてしまっては最悪の事態になるでしょう。

そうならないためにまず大事なことは、自分がお酒を飲めないことをしっかりと伝えるということです。伝えることで「あの子は飲めないから飲ましてはダメだ」と認識してもらえれば大丈夫でしょう。

ただ、それでも無理に飲ませようとするサークルもあります。ノリが悪いと思うメンバーもいるかもしれません。このようなサークルはもう仕方ありません。そのサークルをやめることも考えましょう。

そもそも、飲み会に無理して参加してまで、そのサークルを続ける必要があるのか考えましょう。

また、飲み会が嫌いな原因の理由の一つとして「話が弾まない」ということもあるでしょう。

この場合は、とにかく「聞き役に徹する」ことが大事です。相手の話に相槌を打ちつつ、「そうなんだ」や「すごいね」といった反応や、「もっと聞かせて」など相手がもっと話したくなるような雰囲気を作りましょう。

苦手な飲み会でも女性が好印象を持たれる方法

飲み会に参加したからには、できるだけ周りの雰囲気を壊さず自分も楽しみたいものです。特に女性は好印象を持ってもらいたいとも思うのではないでしょうか。

ここでは大学生の女性が苦手意識がある飲み会に参加したとき、周りの雰囲気を壊さず好印象を持ってもらう方法を紹介します。

お酒は必須ではない

飲み会だからお酒を飲まなくてはいけないと考えがちですが、必ずしもそうではありません。

別に最初からウーロン茶などソフトドリンクを飲んでもいいですし、今はノンアルコール飲料もありますので、ビールなどで乾杯する場合は周りと合わせるためにそのようなドリンクを選んでもいいでしょう。

自分の飲み物がお酒でないからと周りに気を使わず、ソフトドリンクなどで一緒に楽しみましょう。

お酒が飲める女性が可愛いわけではない

お酒が飲める子は明るくて楽しい雰囲気の人が多いものです。話の中心にもなりやすいでしょう。

しかし、男性陣が必ずしもそのような女性に注目するかというとそうでもありません。

逆に酔っ払いすぎて大騒ぎするような女性は敬遠してしまうでしょう。別にお酒を飲める女性が好印象を持たれるわけでもないのです。

幹事役になる

幹事はいろいろとやることがあり大変です。しかし、幹事をやると男性陣とも事前にやりとりすることになります。

飲み会中でもいろいろなことをやらなければいけません。そんな仕事ぶりを見せると好印象を持たれやすくなるでしょう。

関連記事はこちら

 - コミュニケーション

ページ
上部へ