Buisiness+Relationship

ビジリレ

面接後の企業からの採用合否の返事は合否結果によって変わってくる

   

面接後の企業からの採用合否の返事は合否結果によって変わってくる

面接が無事に終わっても、合否の返事をもらうまでは落ち着かないものです。

できれば早く返事をもらいたいものですが、企業によって採用・不採用の返事の方法やタイミングが異なるようです。

そこで、ここでは企業からの返事はどのタイミングで行われるのか、それは採用、不採用によって変わってくるのか紹介していきます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

正社員なのに給料が低い!嘆く前に確認すべきことと改善できること


正社員として働いていても、今の働き方に見合わない...

30代でニート生活を卒業!就職するために必要なこと


就労や職業訓練などを行っていない「ニート」。ニー...

血液型で友達との相性は診断できる?それぞれの相性と診断の信憑性


日本では血液型による占いや相性診断の本がよく売ら...

カメラを趣味にしたい人へ!何を撮るか迷ったときのアドバイス


近年、カメラを趣味とする人が増えてきています。特...

派遣社員の仕事の掛け持ちは問題ない?〜掛け持ちする上での注意点〜


派遣社員は勤務時間やワークライフバランスを調整し...

20代女性で生活が苦しい人が増加中!増えてきた背景と生活の実情


最近、生活が苦しい20代女性が増えてきているそう...

会話が苦手な人は広汎性発達障害の可能性も!その障害の特徴


他者との会話に苦手意識を持っている人はいるもので...

大学を中退した場合に、就職活動で考えられるダメージ


大学に無事合格したにもかかわらず、中退してしまう...

お年玉をもらう子供のためにおすすめしたい専用貯金


お正月といって思い出すのはお年玉ではないでしょう...

仕事での電話応対が怖いのはなぜ?原因と克服法を紹介!


仕事での電話応対を怖いと感じている人は意外と多い...

女性からも見ても魅力的!三十代の男が自分を磨く上でおすすめの趣味


男性も三十代となれば油が乗ってきて、仕事にプライ...

お酒の席でできるだけ酔わないためにやっておきたい方法


新年度での新入社員の歓迎会、年末年始の忘年会や新...

大学生生活を充実させるために!サークルの選び方や入る時期を紹介!


大学に入ったら学生生活を充実させたいもの。そのた...

文系の学部生の金融業界への就職の向き不向き


金融業界の企業は安定していますし、給料も高いので...

夫婦で家計を折半するメリットとデメリット


今では女性の社会進出に伴い共働き夫婦が増えて、家...

可愛い友達に嫉妬心…つらい気持ちと上手に付き合っていく方法

可愛い友達に嫉妬してしまう…なんて経験はありませんか? <...

就職面接当日にキャンセル!体調不良が理由の場合の連絡方法


就職の面接当日、体調不良になり、どうしても面接が...

国民健康保険への退職後の切り替え時に必要な手続きと注意点


会社を退職した場合、それまでの社会保険から脱退す...

同棲する上で大事な生活費!いくらかかるか事前に把握しておこう!


カップルにとって同棲は期待感あふれることでしょう...

車を購入する際に意識してほしい!年収に対する価格とローンの目安


車の購入を考えたときに、どうしても年収を意識して...

スポンサーリンク


面接後の採用合否の返事が届く日数は?

面接も緊張するものですが、そのあとも企業から合否の連絡が届くまでは落ち着かないものでしょう。

連絡が届く日がわかっていれば少しは落ち着くのかもしれませんが、その日がわからないことも多いようです。

では、実際には面接後の合否の連絡は大体どのくらいの日数で届くのでしょうか。

まずは、平均的な日数について見てみましょう。

一般的に面接官から合否連絡の日程指定がない場合は、決まった日数があるわけではありませんが、平均して面接後2〜3日後に届くと言われています。

遅くても面接後1週間以内には届くようです。

また、採用通知の電話連絡は早いと言われており、面接後翌日には企業から電話がきたという人もいるようです。

企業側が求めている人材の場合は、面接の時点でほぼ決まっており、そういう場合は採用通知も早いようです。

面接後の合否の返事が電話だった時はほぼ採用だと考えてよい

面接後、企業からの合否の返事が電話の場合は、ほとんど合格と考えていいようです。

今はネットで就職活動ができる時代なので、不合格の場合、企業はメールもしくは就活サイトを通じて連絡することができるからです。

面接した企業から電話がきた時には、心の準備を整えて、すぐに電話を取りましょう。

また、企業の採用担当の方は連絡のために貴重な仕事時間を使って電話していますので、そのことに配慮し丁寧に対応しましょう。特に電話では表情は伝わりませんから、声のトーンや話し方には十分に注意することです。

そして、合格通知をもらった後は、きちんとお礼の言葉を伝えること。緊張して言えないこともあるので、事前に伝えることをメモしておくのもいいでしょう。

さらに次の面接のスケジュールの話になった時には、メモを取るために少し待ってもらうようにお伝えし、メモできる状態を整えましょう。

電話に出る前に、メモ帳やスケジュール帳を事前に準備しておくといいです。

面接後の合否の返事が郵送・メールの場合は不採用の可能性が高い

逆に面接後の企業からの合否の返事が郵送やメールだった場合は、不採用のことが多いようです。

不採用の場合は企業は早く伝える必要もありません。必ずその時に伝わるわけではない電話で伝えるよりも、メールで伝える方が企業としても手間がかからなくていいのです。

だから、面接の結果が不採用の場合は、メールで連絡するというのが一般的になってきています。

ただ、メールでの連絡が必ずしも不採用ではない可能性もありますので、全く諦める必要はないでしょう。

しかし、郵送で結果が届いた場合は、ほぼ不採用であると考えていいでしょう。

先ほども書いたように、合格の結果であれば企業は早く確実に伝える必要があります。

一方、不採用の場合は早く伝える必要がなく、もっとも届くのが遅いのが郵送になります。

だから、郵送の場合は、早く伝えるつもりがないということで不採用を意味していると言ってもいいでしょう。

面接の返事で採用がもらえた時に確認しておきたいこと

面接後、企業から採用の連絡が届いたら、とても嬉しいものです。

しかし、この時点ではまだスタート地点。実際に入社する時までいろいろと確認、準備しておきたいことがあります。

そこで、入社時に失敗しないために、採用の連絡時に確認しておきたいポイントを紹介します。

1.入社日当日の入り口、出社する時間

何時までに会社に行けばいいのか、入り口はどこなのかを確認しておきましょう。

2.入社日当日の持ち物と服装

ほとんどのものは会社で用意されていますが、文具や靴、スリッパ、印鑑など個人で持っていかなければいけないものも意外とあります。初日に忘れないようにチェックしておきましょう。

また、服装についても、普段は私服が許されている会社でも、入社日初日は正装でなければいけないところもあります。当日の服装についてもきちんと確認しておきましょう。

3.住所、交通費などの情報

入社日当日はどこの会社もなんらかの書類を書くことになります。特に多いのは、交通費の申請書や住所・氏名などを登録する用紙です。

実家の人は間違えることはないでしょうが、引っ越してきたばかりの人はまだ新しい住所を覚えていないものです。

手帳などに控えておいて、記入できないということがないようにしましょう。

面接後に合否連絡の返事がない場合はどうすべきか

基本的には面接後の合否連絡は企業から届くはずですが、企業によっては連絡がない場合もあります。

その時は、どのように対応したらいいのでしょうか。

その時はその企業に連絡してみましょう。まだ採用が決まっているわけではないので、会社側と応募者の間に契約上の上下関係はありません。だから、遠慮する必要はありません。

しかも、自分から連絡するのを躊躇していると、結果がわからない状態で待ち続けることになり、今後の就職活動にも影響が出てくるでしょう。

だから、あるタイミングでちゃんと連絡を取るべきです。

では、どのタイミングで連絡すべきなのでしょうか。

それは、面接時に連絡を受ける時期を伝えられているのであれば、それを目安にするといいでしょう。

たとえば、面接官から「結果は1週間以内にお伝えします」と伝えられているのであれば、この1週間という期間を目安にするのです。

ただ、きっちり1週間後に連絡するとせっかちな印象を与えてしまうこともあるため、約束期日の3日後以降に連絡することをおすすめします。1週間後と言われていた場合は、10日後前後ということになります。

もし、連絡を受ける時期を伝えられていない場合でも、だいたいこのくらいの日にちを目安にするといいでしょう。

関連記事はこちら

 - 就活・面接

ページ
上部へ